我が家も地デジ!

バンドの録音では自前のマルチトラックデジタルハードディスクレコーダーを使いこなす根っからのデジタル人間のボクですが、自宅のAV機器はと言えばブラウン管テレビと故障寸前のVHSビデオデッキ・・・古き良きものに価値を見出すことのできるオトナな僕です。
ていうかテレビあんまし見ないから気にしてないんですが。

ところが聞くところによるとこのテレビではそのうち見られなくなってしまうらしいですね。
なんですか、地デジっていうんですか。これに全面的に切り替わっちゃうから、テレビを買い換えるか専用のチューナーを設置しなきゃいけないんだとか。
いくらあんまり見ないとはいっても、全く見られなくなるのは困る。
ハイビジョンだの双方向だのいらないから別に今のままでいいよ、っていう多数のユーザーにしてみればまったくもって迷惑以外のなにものでもない話ですが、お国が決めたことだからしょうがないですね。

ま、でもまだまだ先の話だよね?そのころにはちょうどうちのテレビも寿命になるからそのとき考えればいいや。
なんて程度に考えて、っていうかまったく気にしてませんでした。

ところがなんと、うちのマンションのオーナー様がこのほどJ:COMのケーブルテレビを導入し、全戸に専用デジタルチューナーを設置してくれました!
これで地デジはもちろんBSデジタル、CSも見られるようになっちゃいました!よっ、太っ腹!

しかもなんと、そのチューナーは250GBのHDレコーダー内臓タイプ!
ワォ!デラックス!

僕は阪神タイガースの試合と大学ラグビー見たさにスカパーを入れているんですが、立地の関係で最近電波が悪くて映らないこともしばしば。でも、現状見てるチャンネルは今回のJ:COM導入ですべてカバーできちゃうし、ビデオデッキも買い替えなくて済んじゃったし、いや~、こんなオイシイ話があっていいのかしら?
ただし、DVDの再生・録画はできないので、それはそれで別途考えなければなりませんが・・・

そうはいってもオイシイ話には違いない。でしょ?

いまだにアナログ放送で満足している呑気な諸君!
ワタシのように将来を見通して先取りしていかなければ乗り遅れてしまうよ!わかるかね?

さあ、これで僕はBSデジタルもCS(全部じゃないけどね)も見放題・録画し放題!


見る時間があれば、の話だけどね。。
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-12-01 23:18 | 日記

[S]milestone project ライヴでした!

[S]milestone projectのライヴが、無事終了しました。

今回のセットリストです。

c0057845_2250381.jpg1.Chameleon
2.女の港
3.三羽の鳥
4.夢で逢いましょう
5.FLY
6.海図も持たずに大海へと漕ぎ出そう
7.Everyday


これだけのメンバーが集まって。
7曲入りフルアルバムを制作して。
そしてついに念願のライヴも実現できて。
考えてみたら、大それたことをやってしまったなあ、と感じます。

10年来の腐れ縁パートナー、ドラムのヒロ君と「オリジナル曲でCDを録音しよう!」と数年前に企画がスタート、ようやくメンバーが揃ってリハーサルを始めたのがちょうど4年前。

ライヴを終えた今、「[S]」の文字のごとく紆余曲折だった今までのことを振り返ると、本当に言葉には言い尽くせない思いが胸を去来します。
ここで文字にして書くとウソになってしまうような気がするので、あえて書かないでおきますが。

c0057845_2251686.jpgとにかく本当にいろいろありましたが、それもこれもこの日のステージで報われた気がします。
大勢のお客様の拍手、喝采、声援。
ノリノリで「エブリデイ!」と歌ってくれていたお客様の姿。
そしてなにより、この4年間を過ごしてきたメンバーたちの笑顔に。

また、今回のライヴをmusica de Hevoという最高のライヴァル(と勝手に思っている)バンドとともに「Sweet Triangle」という僕らにとっては特別なイヴェントとして実現させてもらったことは、自分の今までの音楽活動で得たもの、そしてこれから目指していきたいことを象徴しているように思います。


今回のライヴをもって、本プロジェクトはひとまず一段落となります。
いままで関わってくれたすべての方々に、心から感謝します。

ありがとう!!
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-11-17 23:11 | ライヴ

【ライヴ告知】[S]milestone project ライヴ

c0057845_9453273.jpgまたまたライヴ告知(詳細)です。
いよいよ、「[S]milestone Project」の登場です!

11月16日(日)
「Sweet Triangle Vol.5スペシャル企画~ランチのあとはライヴでしょ!」
@渋谷KABUTO http://livehouse-kabuto.com/  
 12:30開場
 13:00スタート


 出演バンド
 13:00~ [S]milestone project
 14:00~ misica de Hevo

c0057845_9455942.jpg 発表から数カ月たってますが、一応「レコ発」ライヴです^^
当日はオリジナルアルバム「to sunnyside of the sky」の物販コーナーを設けますので、まだお聴きいただいていない方は、是非この機会にお求め下さいマセ!

我ら「Rec-project」もいよいよ最終章を迎えます。
どうぞよろしくお願いします~!
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-11-08 09:50 | ライヴ

ロックンロールのライヴだったぜ!

先日のことですが、去る11月2日、アツい音楽仲間ハッシー君がヴォーカルを務めるアツいオリジナル・ロックバンド「The Street Fighting MEN's」のライヴ@浅草KURAWOODにヘルプ出演してきました。
彼とは知り合ってかれこれ7~8年くらい。ジョイントは何度かやりましたが、一緒にやるのはこれが始めて。

ドラム、ベース、ギター、ヴォーカル&ギターというシンプルな4人編成。
いや~、新鮮でしたね。
普段は鍵盤ありホーンありパーカスあり、という大人数の編成でやっているので。
少人数だと、やりやすい面もあり、また難しい面もあり。
面白かったですね。いずれ自分でも追求していきたいです。

また、全員男のバンドならではの「面白い会話」とか、二人のギタリスト同士のオタクな機材談義があったりとか、いつもと違う雰囲気を楽しめましたね。

ライヴ本番は、例によってちょこちょこ間違えたりしましたが、今回はなにしろロックですので、とにかく「細かいことより思いっきり」を心がけて、動きもいつもより大きめにして(なにしろ4人しかいないのでステージがスカスカ^^)、いや~ホント楽しくできました。
少しはロックっぽくできたかな?

たまにはいつもと違うジャンルの音楽をやってみるのもいいですね!
技術的なフィードバックというのもあるけども、やっぱり気分転換といいますか、いつもの音楽もまた新鮮な気持ちで取り組めるような気がします。
今回の経験は、これからの曲作りにも影響を与えていきそうな気もします。楽しみ楽しみ^^

今回の「MEN’s」参加を通じて、また新たな音楽仲間との絆もできたし、他のメンバーのお客さんとも交流できたし、やっぱりこういう「人とのつながり」が一番の収穫だな、とあらためて思う今日この頃。
すべての「つながり」に感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。。
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-11-06 01:22 | ライヴ

916ライヴでした!(10/26)

7ヶ月ぶりの916ライヴ、やってきました~。
いや~、久々のライヴは暑かった(笑)やめとけばいいのに珍しく首に巻き物なんかしたもんだから余計に。もう顔から汗がポタポタ滴り落ちましたよ。

c0057845_1294544.jpg今回は1年ぶりの渋谷KABUTO。
青いF-Bassデビューのパートナーは僕が好きなハートキーのベースアンプということになり、楽しみにしていったんですが、本番前リハで早くも暗雲が。
弦を張り替えたばかりのF-Bassをアンプにつないでブブン!と弾いたときには、ん~気持ちイイ!感じだったんですが、サウンドチェックで僕の番になってハイハ~イと弾いてみたら
アレッ?音が出ない!なんで??さっきはイイ感じで音が出てたのに。
結局、唯一つないでいたエフェクター(コンプレッサー)をはずしてベースとアンプを直につないだら無事に音が出てOK。
とりあえず一安心ですが、これは今後のために原因を特定しておかなければ。宿題ができてしまいました。
この一件で気分が少し落ちてしまい、相変わらずこういった予想外のトラブルに弱いボク。本番までに気持ちを盛り上げなければ!

この日のトップバッターの「Brother&Sisters」はウメさんつながりで2回ほど見たことがあるゴージャス濃い~系ファンクバンドだったんですが、フロントをはじめメンバーがガラッと代わってしまい、すっかりオサレな感じのソウルフルなバンドにイメチェンしてました。
選曲のセンスもよく、っていうかなんと僕らの曲と2曲も被ってしまい(笑)ビックリ。ヴォーカル&コーラスの3人のコーラスもキレイで演奏も堅実。MCもウンチクあり関西弁ありでおもろいし(笑)、以前のような派手さはないものの、とてもいい感じのバンドでした。機会があればまたご一緒したいですね^^

そしてそして僕らの出番!
ちなみに今回のセットリストです。
1.What's goin' on
2.What a wonderful world
3.Dindi
4.You've got a friend
5.Who put a hole on my head
6.You can do it
7.Work to do

今までの916ではおなじみのナンバーですね。久しぶりの曲もありで。
ちなみにBrother&Sistersさんと被ったのは「What's goin' on」と「Work to do」。916でも昔からやってる曲です。やっぱりみんなやりたいんだね^^
どちらの曲もお互い違うヴァージョンでカヴァーしてたのが幸い(?)でした。

今回は新ドラマー、たみちゃんのデビューとなりました。
ドラムを始めてまだ数年と歴浅なたみちゃんですが、つい先へ先へ走ろうとする僕をグッと引き止めてくれるとてもありがたいタイプのドラマーです^^
その一方で、サックスのカミィ君が諸般の事情により今回はお休み。
916サウンドの重要な要素であるホーンがいなくなってしまい、なかなか試練の今回のライヴ。
でも逆に、ドラマーが替わったことだし、バンドの骨格を鍛えるという意味では良い機会かも。

演奏は今回もいろいろ至らないところがありましたが、それを差し引いても気持ち良かった~!
ホントに楽しかったです。
みんなの演奏や歌がしっかり伝わってきたし、顔もよく見えたし。
特にドラムのたみちゃんとは立ち位置がお隣ということもあり、視線のレーザービームを飛ばしあうニコニコ笑顔のリズム体(^▽^)
楽しくなると、自然と体も動いてきてもうノリノリです^^

ま、意識してやっている部分は多分にありますけどね。
やっぱりライヴなんだから、演奏するだけでなく、楽しさを僕らとお客さんとみんなで共有できたらサイコーだなあ、と思ってやってます。
まだまだですけどね。

おかげで最近は「笑顔がよかったよ」「楽しそうにやってたね」と言われるようになってきました。
・・・っていうかよかったの「笑顔」だけ?(笑)ホメるのそこかよ!
まあ、演奏はまだまだ精進が必要ということですね。。
あ、あとMCも(汗)


この日のトリはもちろん主催バンド「Moon Blanket」。
いつもはピアノ&ベースのデュオですが今回はメンバーをそろえてバンドで登場。なんとMusica de Hevoのヤマケンがキーボードで参加。
いやぁ、ヤマケンってすげぇなあ~。
なにがスゴイって、あんなスゴイ人たちと一緒にやってるのがスゴイ(笑)
ほとんど全員プロみたいなバンドですから。
やさしく、穏やかに包み込むようで、それでいて時に情熱的なステキなオリジナル楽曲が、バンド演奏によってさらにダイナミックに表現されて伝わってきます。

んで、僕的にはやっぱりベースの内村キンヤさん。
はぁ~、なんであんなにカッコいいんだろ、キンさん。
サウンドも、フレーズも、無駄のない左手の運指も身のこなしもすべてスマートで品があって。
それでいて来るべきところでガッと来たり。もちろんアンサンブルを崩さずに。
まさに自由自在。
基本的に音数は多くないんですよね、キンさんのベースは。ソロでも決してテクをひけらかすようなプレイはしないし、そもそも短かいし。
それでもね、聴き手には伝わっちゃうんですよねぇ~、「あのベースはスゴイ」っていうのが。

僕なんか、あと何十年かかったらあの境地に達することができるのやら。
でも、そんな憧れというかお手本というか目標になるような人とお近づきになれて、しかも「ほらFujiさん、今日はケンスミスなんですよ。ちょっと弾いてみます?」なんて気さくに接してくださったりして、ホントに感謝感謝です。
今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

キンさんだけでなく、僕にはお手本・目標にしたい「お兄さん」たちが何人もいます。
地道にバンドやってきてよかったなあ、とあらためて思います。


今回、演奏以外で個人的な反省として感じたのは、自分が使う機材にもっともっと気を遣うべきだなあ、と。
今回のようなライヴ当日の「トラブル」は今回が初めてではありません。
メンテナンスも含め、せめて手持ちの機材くらいには精通しなきゃダメだな、と当たり前すぎることを今更思い知らされました。

12月にはまたMoon Blanketさんとご一緒させていただくことになってます。
それまでには今回の反省も生かし、少しでも進歩した916のパフォーマンスをお見せできるよう、精進致します!


最後になりましたが、今回お世話になりました渋谷KABUTOさん、主催MoonBlanketとBrother&Sisters、そして暖かい拍手と声援で盛り上げてくださったご来場のお客様、本当にありがとうございました!

916のみんな、次はもっと楽しめるように頑張ろうぜぃ!
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-10-27 23:55 | ライヴ

916ライヴ(詳細)

c0057845_003681.jpgえ~、半年振りの916ライヴの詳細が決定しましたのでお知らせします!

10月26日(日) 「Moon Blanket PRESENTS LIVE」
会場:渋谷KABUTO
   http://livehouse-kabuto.com/ 住所:東京都渋谷区道玄坂1-22-12長嶋ビルB1
電話:03-3463-6699

OPEN18:00 START 18:30

出演バンド
18:30 ~『Brother&Sisters』
19:30 ~『916』
20:30 ~『Moon Blanket』

ワタクシが非常に尊敬しているベーシスト、内村キンヤさんの「Moon Blanket」主催イヴェントに出演です!とっても光栄です!

今回のライヴは、僕の新しい相棒がダブルでデビューします。
まずは期待の新ドラマー、加入後初ライヴ!
そしてそして、もうひとりの相棒F-Bassが待望のデビューです!
「F-Bass使っててこのプレイかよ」なんて言われないようにせいぜい頑張ります!

さらに今回もあらたにゲストを迎えて、いつもと一味違う916のステージをどうぞご期待下さい!
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-10-16 00:02 | ライヴ

ライヴ告知(916、[S]Proなど)

このところ日記というよりマイ告知板と化している当ブログですが、今回も告知です。

この秋冬は、僕にしては結構忙しくなりそうです。
今後のライヴ予定、いきま~す!

10月26日(日)夜 「916」
渋谷KABUTO
 
出番はたぶん19時頃の予定。僕が尊敬するベーシスト内村キンヤさんのイヴェントに参加です。
今回は新ドラマーのお披露目です。乞うご期待!

11月2日(日)  「The Street Fighting Mens」
浅草KURAWOOD

僕の音楽仲間、アツいロックンロール野郎ハッシー君のバンドにヘルプ出演します!
オリジナルのシンプルなロックを演奏するバンドです。爆音系じゃないのでご安心を(笑)
ロックやるのは10ウン年ぶりなのでなかなか楽しみです~

11月16日(日)午後 「[S]milestone Project」
渋谷KABUTO

お待たせしました(?)![S]Proがオリジナルアルバム「to sunnyside of the sky」を引っ提げて、いよいよ登場!
苦節4年、我が「Rec-project」もいよいよ完結です。
CDをお聴きいただいた方も、まだ聴いてない方も、どうぞお楽しみに!

12月30日(火)夜 「916」
渋谷KABUTO

今年の締めくくりはやっぱり916で!
念願の年末ライヴです~!
「もう帰省してるよ」「年末の忙しさでライヴどころじゃないよ!」なんてツレないこと言わないで、ゆく年くる年をみんなで盛り上がって楽しみましょう!

1月18日(日) 「South of the border」
六本木EDGE

年明け最初のライヴは南佳孝コピーバンドのライヴです。
今回も難しい曲ばかりですが(笑)頑張りま~す


詳細は決まり次第またお知らせします。
全部観にきてください!
と言いたいところですが、興味のあるライヴがあればスケジュールの許す限りご来場いただければ幸いです。

さあ、今すぐスケジュール帳に書き込んで下さい!
よろしくお願いしま~す!
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-10-05 10:14 | ライヴ

[S]milestone projectお披露目ライヴに向けてスタート!

事後になりますが。去る8月31日、我が[S]milestone projectのCDお披露目ライヴに向けてのリハがいよいよスタートしました!
このメンバーでのリハはほぼ3年振り。
久しぶりすぎて、自分のCDの演奏をコピーしていきましたよ(笑)

場所はこれまた久しぶりの代々木サウンドタワー・プレミアム。
ベースアンプは以前と変わらずトレースエリオット。
そういえばトレースエリオット使うのって久しぶりだな。かつてはどこのスタジオにいってもこのメーカーのアンプでしたが、最近は少なくなったね。

この日はとにかく全曲さらってアレンジや構成の確認をメインに。
デキはまあ置いといて(笑)

初回ということもあり、なかなかぎこちない演奏でしたが(^^;)これからライヴに向けて頑張っていきますよ~!

ちなみにライヴは11月16日(日)午後、渋谷KABUTOです!
さあ、今すぐスケジュールに書き込んでください!


ついでにこの日は僕の38回目の誕生日!わーい、おめでと~、俺!!
リハの後はもちろんお約束の「打ち合わせ」で盛大にお祝いして(?)もらいましたよ^^
誕生日だっていうのにバンドの連中と飲み会かよ、っていう突っ込みは勘弁して下さい(笑)
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-09-02 23:48 | 音楽・音楽活動

紅茶は無糖に限ります!「午後の紅茶アジアンストレート」

毎日暑いですねェ~。
暑い夏はビールがウマイ!
と言いますが、僕は賛成できません。
だって、一年中ウマイじゃん(笑)

というわけで僕がもっとも好きな飲み物と言えばビールなわけですが、市販の清涼飲料水の中でもっとも好きなのはなにかというと「無糖紅茶」。
甘味料の入っていない、甘くない紅茶ですね。
ハッキリいって、最強の清涼飲料水だと思います。

例えば食事のお供として飲む際に、ご飯系の食事にコーヒーとか甘い紅茶、ましてやジュースやコーラなんてもってのほか!やっぱり緑茶や烏龍茶と断然相性がいいわけですが、逆にパン系の食事にはお茶だとサッパリしすぎてちょっと物足りない。
ところがこの無糖紅茶ならご飯にもパンにも和洋中エスニックでもなんでも相性バツグン。
むかしモックンが言ってたように「どんな食事にも合う合う」んです。

そういえば最近、砂糖以外の甘味料を使用して「カロリーゼロ」を謳っているジュース飲料が増えてますが、この「甘いけどノンカロリー」な飲み物を摂取すると体が「勘違い」してかえって脂肪を蓄積してしまう、という研究結果もあるそうですよ。
その点、無糖紅茶ならメタボ気味なお父さんやダイエット中の女子も安心してガボガボ飲めます。
しかも、イギリスでは子供に紅茶でうがいさせる習慣があるというくらいだから、歯にもいい!

と、まさに非の打ちどころのないパーフェクトな清涼飲料水なんですが、市場での評判はどうかというとこれがイマイチなんですねぇ、残念ながら。
無糖紅茶で代表的な、というか現在市場に流通しているほとんど唯一の商品「シンビーノ ジャワティストレート」ですら売ってる店や自販機は稀少で、めったにお目にかかれません。
その他、今までに各社から発売された幾多の無糖紅茶飲料はすべて早々と店頭から姿を消しています。
あのKing of ペット紅茶、「午後の紅茶」もかつて緑色のラベルの無糖紅茶を出したことがありましたが、午後ティーブランドをもってしても市場に定着することはできませんでした。

嗚呼、このまま「無糖紅茶」の火は消えてしまふのか・・・
と嘆いていたところに突如彗星の如く現れたのが「午後の紅茶アジアンストレート<無糖>」!

今度は黒いラベル。わかりやすい!
少々苦味がキツめのジャワティに比べてマイルドで爽やかな苦味。誰でも飲みやすい!
一口飲んだあとにほのかに広がるジャスミンのかほり。エレガント!
CFタレントは蒼井優ちゃん。カワイイ!

「午後ティー」ブランドから登場した久々の無糖紅茶新商品。
今度こそは定着してくれ~、と期待をこめて毎日買って飲んでます。
で、今日も出社前に午後ティー黒ラベルを買おうと会社近くのコンビニに入ってみると、

な、ない・・・黒い午後ティーがない!

陳列棚の「」が並んでいた列は全て「」!埼玉スタジアムじゃねーんだよ!

そ、そんな・・・いくらなんでも早すぎる!
ヒドい、ヒドいよぉ~ぃ・・・
ガックシ。。。。


う~ん、無糖紅茶ってやっぱり売れないんですかねぇ・・・。
なんでだろう、中途半端ってことなんでしょうか。
それとも「紅茶は砂糖を入れて飲むもの」っていうのが日本における社会通念上の常識なんでしょうか。。。

みなさん、どんな食事にも合う合う「無糖紅茶」を飲んだことがない方は是非一度お試しあれ!
売ってればね(笑)
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-07-31 23:58 | 所感雑感

大躍進期待してます!~Unexpected Quantum Leapsライヴ~

いつも週末は飲んでばかりのFujiです。
てなワケでこの週末の出来事も今頃になってのご報告で御座います。

26日土曜日は、わが盟友ヤマケン君が参加しているJazzyなユニット「Unexpected Quantum Leaps」のライヴ@渋谷PLUGを観に行ってきました。
ヤマケンに「頼むよ~、他にいくらも来てくれないんだよ~」と泣きつかれて仕方なく行ったわけではもちろんありません。
3月に観に行った前回ライヴのクオリティの高さにすっかりファンになってしまったので、今回も素晴らしいライヴが拝見できることを期待して行きました。

アコースティックギター、パーカッション(カホン&スプラッシュ)、フリューゲルホンのトリオが奏でる、豊かでスリリングなグルーヴとハーモニィは相変わらずのカッコよさ。
それぞれに表現力豊かなパートがさらに掛け算になって、3人しかいないとは思えない広がりのあるサウンドは、それぞれに卓越した技量の成せるワザでしょう(ヤマケン、なんかくれ)。
ジャズ、ラテン等のテイストをミックスした楽曲はとてつもなくセンスがよくてカッコよく、なんであんな曲が書けるんだろうなあ~、俺にはムリ~、と羨望のまなざし。

前回ライヴも登場したゲストヴォーカルのサラちゃんが登場するとステージがパッと華やかになります^^
彼女自身のライヴも今度見てみたいですね。

続いて登場したゲストのベースさんはジャズベタイプのフレットレスをプレイ。
僕もフレットレスは一応持っていて、今回のCDでも3曲で使ってますが、「あんまりフレットレス使ってる意味ないね」とか言われちゃうほど(泣)全然弾きこなせてません。
今回、こんなに素晴らしいフレットレスベースのプレイを目の当たりにすると、もう恥ずかしくて人前では弾けません(笑)。
今一度、本腰入れて練習してみよう!

終了後の打ち上げでは、ベースさんと「ベーシスト地位向上委員会」を結成したり(笑)、ドラムさんがなんと学生時代に元オリジナルラヴのベーシスト小松秀行さんと一緒にやっていて「コマツは当時からもう別格で強力にウマかったよ」とか他にも貴重な(?)ウラ話をいろいろ聞けちゃいました^^
小松さんといえば、僕が南佳孝コピバンでご一緒しているS川さんも昔からの知り合いで、オリジナルラヴも小松さんもかなりフェイヴァリットな僕にとってはウラヤマシスぎるんですが、これもまた不思議なつながりだなあ、と。


ちょっと脱線しましたが(笑)とにかくホントにUQLはお勧めです。
いろいろ盛りだくさんのUQLライヴ(&打ち上げ)でしたが、最大の目玉はなんといってもヤマケンのMCでしょう!
次回も頑張れ!(笑)
[PR]
# by masafuji1970 | 2008-07-28 23:53 | ライヴ