<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

916ライヴ報告、そして年末のご挨拶

昨日、12月30日は916ライヴでした。
今回は主催者Umeさんが毎年12月30日に開催するイヴェント「Friends」への出演。
Umeさんといえば今年一年、916のサポートメンバーとしてギターを弾いてくれましたが、それも今回で最後。
というわけでいろんな意味で今年の締めくくりとなるライヴでした。

今回はなんと!ムーンブランケット、浜田伊織バンドという強力な共演バンドを差し置いてのトリ!
本当ならトップバッターでさっさと出番を終えて、すぐにカンパ~イ!となるはずだったのに~!なんてことはもちろんこれっぽっちも考えず、トリとなったからには意気に感じて張り切っていこう!と気合を入れていきました。

c0057845_2056044.jpg今回のセットリストは
1.Good time here
2.No matter why,no matter what
3.BOMBER
4.This Masquerade
5.If I ever lose this heaven
6.Who put a hole in my head
7.Day break
8.Listen to the music
encore:Work to do

916初の日本語詞のヤマタツが目を引きますね。
演奏の方は、いろいろミスはありつつも、やってきたことはある程度出せたかな、と思います。
ただ、ステージングの面ではまだまだ改善の余地があるなあ、とあらためて実感。
演奏さえちゃんとやってりゃいいじゃん、というスタンスでいくなら意識しなくてもいいことですが、お客さんを楽しませるバンド、お客さんと一緒に楽しむライヴを標榜するならば、今後はステージングの面についても演奏と同じように、とまではいかなくてもある程度は研究して練習していく必要があるのかな、と個人的に思いました。

とまあいろいろ課題宿題はありますが、916のライヴァル、musica de Hevoのリーダーやまけんがフリューゲルホンでゲスト参加してくれたり、ご来場のお客様の温かい拍手ご声援のおかげもあり、年末のライヴを心から楽しむことができました。

ご来場のお客様、渋谷KABUTOさん、共演バンドのみなさん、そして916のみんな、本当にありがとうございました!


というわけで最高のカタチで締めくくることができた2008年。
今年は僕にとって、本当に充実した一年でした。

916では新メンバーを迎えて、新しい916の方向性を作っていく活動ができました。来年はきっと飛躍の年にできるんじゃないか、という期待感がかなり高まってます^^
また、916以外にもいろんなバンドで活動して(一時期は4バンド並行してました)、いろいろ得るものがありました。

そしてなんといっても、念願のオリジナルアルバムの完成。
そしてそのお披露目ライヴ。
このブログでも書いてきたとおり、アルバムの完成に至るまでには本当にいろんなことがありました。
自身初のリーダーバンドでのライヴにむけての過程では、自分の力のなさを思い知らされたりして、正直なところ苦しい思いの方が圧倒的に多かったように思います。
それでも、アツい思いで一緒に頑張ってくれたり、さりげなくフォローしてくれたり、素晴らしいメンバーのサポートのおかげでなんとか最後まで走り切ることができました。
4年にわたって一緒に頑張ってくれたメンバーの存在は僕にとっての大きな財産です。

また、いろんな方々の助けをいただきながらも、ひとつのことをやりきった、というのは自信になりましたし、腰が重い僕もこれからは自分に自信を持って積極的にいろんなことにチャレンジしていこう、と思えるようになりました。

今年は、自分にとって節目となる年になったと思います。
ま、音楽活動に限っての話ですが。
来年は、音楽以外でもイイことがあるといいなあ~。いろいろと、ね。


というわけで2008年も間もなく終わろうとしてますが、今年も音楽活動を通じていろんな方と知り合うことができました。
もう、本当に感謝・感謝です。

また、今年は、いろんな方に支えられ、見守られて自分があるのだ、ということをあらためてしみじみと感じました。
もう、本当に感謝・感謝です。

みなさん、今年一年本当にありがとうございました。
わたくしmasa-fujiは、来年さらなる飛躍の年となるべく頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

それではよいお年をお迎えください!
[PR]
by masafuji1970 | 2008-12-31 21:01 | ライヴ

年忘れだよ!916ライヴ!!

今年も残すところあと2週間余り。
早いですね~。

今年は世間でもいろいろありました。
また、個人的にいろいろあった方もいらっしゃるかと思います。

そんな激動の2008年を締めくくるのはやっぱりライヴに限るね~!
というわけで、念願の年末ライヴのお知らせです!


c0057845_9543274.jpg12月30日(火)「Friends Vol.5」
会場:渋谷KABUTO
   http://livehouse-kabuto.com/
住所:東京都渋谷区道玄坂1-22-12長嶋ビルB1
電話:03-3463-6699

OPEN18:00 START 18:30
入場料2,500円(1ドリンク込)

出演バンド
18:30 ~『浜田伊織 with B.O.S』
19:30 ~『Moon Blanket』
20:20 ~『916』


・・・な、なんと、浜田伊織やムーンブランケットを差し置いて、916がトリですよ。
年末ライヴのトリ!
北島サブちゃんですよ。
この身に余る栄誉に、916は気合入りまくってますよ~!

今回は年末ライヴにふさわしく、楽しい曲盛り上がれる曲等々バラエティゆたかな選曲でお届けします。
916ライヴ恒例のスペシャル(?)ゲストもより一層ステージを盛り上げてくれること間違いナシ!

年末でなにかとお忙しいかもしれませんが、いやいや、なにかと暗い話題の多かった2008年の年末だからこそ、楽しく盛りあがって年忘れといきましょう!

え?レコード大将?
 録画しとけばいいでしょ!
え?帰省?
 次の日に帰ればいいじゃない!
え?大掃除?
 30日までに終わらせる!もしくは、あきらめなさい!
え?年末年始は海外旅行?
 そんなの許しません!!


というわけで、12月30日の夜は渋谷カブトに全員集合!
ヨロシク!
[PR]
by masafuji1970 | 2008-12-13 09:58 | ライヴ

「月9」の主題歌になるかも?!

先日、ちょっと面白い企画に携わりました。
例によって腐れ縁ドラマーP君の依頼なんですが、学生時代の親友の結婚披露宴用に音源制作するので1曲ベースを弾いてほしい、という話。
まあ1曲ベース弾くくらいならいいよと軽い気持ちで引き受けました。

ところがよくよく話を聞いてみると、録音はFujiさんの機材をお借りしたい、で誰もそのへんの知識がないので録音から仕上げまでFujiさんのお力をお借りしたい、と。

・・・あの~、ベース弾くだけってのとだいぶ話が違うんだけど。
ホントに、頼みごとというか人を巻き込む天才だね、ヤツは。

今回の主役となるのはP君が大学時代に一緒にバンドを組んでいたM君。
お台場にある某TV局にお勤めの、ドラマ制作のプロデューサーさんでいらっしゃいます。

テレビ業界の人の結婚披露宴では、「本人がお相手への思いを伝えるために、一生懸命何かに取り組んでいる様子」を収めたVTRを制作して、それを上映するというのがお約束だそうです。
今回のM君の場合は、学生時代にバンドをやっていた、ということから、「学生時代以来12年ぶりのギターを手に、彼女への愛を込めて自作曲を歌う」というコンセプトになったそうです。

Vの制作担当はM君の同期入社の方で、こちらは主にバラエティを手がけるディレクターさん。
ディレクターさんによると、今回のVはM君に密着取材という形式で、バンドの練習スタートから当日を迎えるまでの間を、某ドキュメンタリー番組のパロディ風に仕上げるとのこと。

で、初のスタジオ練習でさっそくカメラが回るわけですが、ここでディレクターさんの演出が入ります。
ストーリーとしては
・M君の「オレの音楽で世界を変えるんだ」くらいのエラそうなインタビュー
・ところがいざ練習を始めるとM君だけボロボロ。
・メンバーの冷たい視線と非難の嵐。
・彼女に内緒の企画のため、家で練習することもできず、帰り道の道端に座り込み、寒空の下ひとりでギターの練習。
・そして最後のスタジオ練習、なかなかいい演奏。
・メンバーから「いいじゃん!」「やればできるじゃん!」と賞賛される。
・メンバーに感謝するM君。「みんなのおかげで、彼女にオレの気持ちを伝えられるよ!ありがとう!」

で、このVのあとにM君が歌う、という構成。

・・・やっぱり「ドキュメンタリー」といっても、演出があるんですね!
僕らメンバーはディレクターさんに演技を求められましたから(笑)
なんかちょっと、番組制作の現場に立ち会ってるみたいで楽しくなってきたよ~。
っていうか出演者だし(笑)

自分でいうのもなんですが、ディレクターさんにかなり演技をホメていただきまして(笑)
特にM君を非難する場面は真に迫っていると(笑)
なんかちょっと、[S]プロでの自分自身を見ているようでつい気持ちが入ってしまいました(^^;)

で、今回僕らが制作する音源は、M君が披露宴で歌うとき用のカラオケ。
曲はM君オリジナルですが、構成やアレンジは固まっておらず。
演奏はドラム、ベース、キーボード、ギターの編成ですが、M君はギターをまともに弾くのは学生時代以来12年ぶり、キーボードさんはクラシックピアノあがりでバンド経験なし。
この状況で、音源CDを10日足らずで完成させなければならない、というなかなか難しいミッションでしたが、2回の練習を経てレコーディングを敢行。
[S]プロで使用した僕のマルチトラックデジタルハードディスクレコーダー久々の登場です。
23時から開始したレコーディングは延長また延長で終わったのは結局朝8時。いや~、スタジオで夜を明かしたのは何年ぶりだろ?
朝の日差しが目に沁みましたわ。

さあ、みんなが頑張って演奏した音源を、カッコよく仕上げなくては!
責任重大です。

マルチトラックに録音した音源の編集とエフェクト処理をしてミックスダウンを行い、マスタリングを施して完成!
本番で使用するカラオケと、記念になるから、と録音したM君自身のヴォーカルが入った「歌入りヴァージョン」の2ヴァージョンをCDに焼きました。

限られた時間の中、なかなか難しい今回のミッションでしたが、[S]プロでの経験を生かすことができ、なかなかの仕上がりになりました^^
これがM君夫妻の一生の記念になるかもしれない、と思うとうれしいですね。
ひょっとすると、来年あたり「月9」の主題歌になってたりして(笑)


ちなみにM君は[S]プロのCDもライヴも気に入ってくれていて、テレビ関係者やレコード会社の人に紹介しますよ!とのこと。ホントかよ!

もしかしたら来年あたり、僕の曲が「月9」の主題歌になっちゃったりして!
[PR]
by masafuji1970 | 2008-12-09 02:53 | 音楽・音楽活動

我が家も地デジ!

バンドの録音では自前のマルチトラックデジタルハードディスクレコーダーを使いこなす根っからのデジタル人間のボクですが、自宅のAV機器はと言えばブラウン管テレビと故障寸前のVHSビデオデッキ・・・古き良きものに価値を見出すことのできるオトナな僕です。
ていうかテレビあんまし見ないから気にしてないんですが。

ところが聞くところによるとこのテレビではそのうち見られなくなってしまうらしいですね。
なんですか、地デジっていうんですか。これに全面的に切り替わっちゃうから、テレビを買い換えるか専用のチューナーを設置しなきゃいけないんだとか。
いくらあんまり見ないとはいっても、全く見られなくなるのは困る。
ハイビジョンだの双方向だのいらないから別に今のままでいいよ、っていう多数のユーザーにしてみればまったくもって迷惑以外のなにものでもない話ですが、お国が決めたことだからしょうがないですね。

ま、でもまだまだ先の話だよね?そのころにはちょうどうちのテレビも寿命になるからそのとき考えればいいや。
なんて程度に考えて、っていうかまったく気にしてませんでした。

ところがなんと、うちのマンションのオーナー様がこのほどJ:COMのケーブルテレビを導入し、全戸に専用デジタルチューナーを設置してくれました!
これで地デジはもちろんBSデジタル、CSも見られるようになっちゃいました!よっ、太っ腹!

しかもなんと、そのチューナーは250GBのHDレコーダー内臓タイプ!
ワォ!デラックス!

僕は阪神タイガースの試合と大学ラグビー見たさにスカパーを入れているんですが、立地の関係で最近電波が悪くて映らないこともしばしば。でも、現状見てるチャンネルは今回のJ:COM導入ですべてカバーできちゃうし、ビデオデッキも買い替えなくて済んじゃったし、いや~、こんなオイシイ話があっていいのかしら?
ただし、DVDの再生・録画はできないので、それはそれで別途考えなければなりませんが・・・

そうはいってもオイシイ話には違いない。でしょ?

いまだにアナログ放送で満足している呑気な諸君!
ワタシのように将来を見通して先取りしていかなければ乗り遅れてしまうよ!わかるかね?

さあ、これで僕はBSデジタルもCS(全部じゃないけどね)も見放題・録画し放題!


見る時間があれば、の話だけどね。。
[PR]
by masafuji1970 | 2008-12-01 23:18 | 日記