<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

地元にリハスタが!

我が町、南浦和にリハーサルスタジオができた。
いや、「できていた」。実は去年の10月にオープンしていたらしい。

南浦和にはレコーディング専門のスタジオはあったのだけど、リハスタはなかった。
この「ちょっとピントがずれたぜいたく感」がいかにも南浦和らしいとは思っていた。
それなのに、最近は駅周辺でギグケースを背負ったりスネアケースらしきものを手にした若者たちを目にするようになったので、「?」とは思っていた。
なるほどね、リハスタができてたわけね。お兄さん全然気がつかなかったよ。

c0057845_2139448.jpg「サウンドスタジオ PACKS」というスタジオで、いまのところ他にチェーン展開はしていないらしい。
スタジオ料金は都内より安いのかと思いきや、代々木や新宿あたりの相場と変わらないようだ。
なんでも元ZIGGYのドラマーさんがレッスンをやってるというのがウリらしい。元ZIGGYのドラマーさんといえばもしかして「グロリア」で「ホーミタイ!」ってそこだけ歌ってた、あの方でしょうか。

まあ、地元密着バンドでも組まないかぎり、このリハスタをバンドのリハで使うっていうことはまずないだろうけど。
でもやっぱり、地元にリハスタがある、ってなんかウレシイ。
しかもできたてホヤホヤだし。
もしメンバーに出張ってもらえるなら今度レコにでも使ってみようかな。実験台みたいだな(笑)
とりあえず近いうちに個人練習でも入ってみようかな。
ヘヘ、ちょっと楽しみ♪
[PR]
by masafuji1970 | 2007-02-25 21:47 | 日記

ちゃんと音楽やってますよ~

年明けから続いた繁忙期もヤマを越え、ようやく一息つきました。これでやっと普通の生活に戻れそうです。
ブログの更新やミクシィもすっかりご無沙汰になってしまい、特にミクシィではもはや浦島太郎状態ですが、これから徐々に社会復帰していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。全然更新してない間もロムって下さったみなさん、ありがとうございました。

さて、そんな中でも寸暇を惜しんで音楽活動はちゃんとやっておりました。
11日、18日は二週連続でレクプロ。ヴォーカル、しょうこの歌録りです。
11日は「海図も持たずに大海へと漕ぎ出そう」「三羽の鳥」の2曲。「海図も~」は、前回気になっていた点をクリアして、より力強さを増したヴォーカルになりました。
が、これで力を使ってしまったのかどうか、「三羽~」の方は少々お疲れ気味の歌唱になってしまいました。悪いけどこれは再チャレンジしてもらいたいな。

そして18日は「Everyday」「FLY」の2曲。
ところがしょうこ嬢は顔を真っ赤にしてゴホゴホ咳込みながらのスタジオ入り。
見るからに風邪ひきさんで、とてもベストなコンディションとは思えませんでしたが、とりあえずやってみることに。
でもやっぱり歌ってみると体調不良の影響は明らかで、ベストな歌唱は望むべくもありません。
通常のリハやライヴだったら多少無理すればできなくもないでしょうけど、これはあくまでもレコーディング。ベストとは程遠いコンディションで歌ってもしょうがない。
というわけで、本日のレコーディングは早々に断念。スタジオは4時間とってあったのでもったいないけど、この際仕方ありません。
「今日のスタジオ代はワタシが払います」としきりに恐縮するしょうこですが、そういうわけにもいきません。

で、スタジオの受付で
「すみません、4時間の予定だったんですけど、これで終わります。このとおり相方が体調悪くなっちゃって、できる状態じゃないんで・・・」
「ああ、それでしたら1時間分ということで結構ですよ」
「ヘッ?マ、マジっすか??」
なんとスタジオ代は1時間分で済んでしまいました。ていうか実際には1時間を15分くらい過ぎてました。それなのに1時間分。

嗚呼、ありがたやありがたや・・・
スタジオの料金システムがそうなっているのか、担当の方の独断の配慮なのか、はわかりません。いずれにしてもこの場であらためて感謝の気持ちを述べさせていただきたいところですが、かえってご迷惑になってはいけないので、残念ですがスタジオの名前は伏せさせていただきます。

スタジオ○○○S宿△△店さん、ありがとうございます~!!
その後、近くのエクセルシオールで軽く今後の打ち合わせをすることに。
で、しょうこがここはどうしてもご馳走させてください、というので、オトナな僕は彼女の気持ちを尊重して、仕方なくコーヒーをおごらせてあげることに。
しょうこにご馳走になることなんてハレー彗星に遭遇するよりも稀少でしょうから、ここはありがたく厚意を受け取っておいて、次回ちゃんと歌でリヴェンジしてくれたら生ビールでお返しするつもりです^^

ポンポンと一足飛びにいかないのはもとより承知の上。
少しづつでも、着実に進んでいくことがゴールへの近道、ということは今までの過程でイヤというほどわかってますので。

さあ、次回はちゃんとおいしい生ビールを飲めるように頑張りましょう!(?)
[PR]
by masafuji1970 | 2007-02-19 23:13 | 音楽・音楽活動

人生初!飛び入りセッション

久々更新でございます。
今日はマイミクさんのお誘いでライヴを観に、あの立川クレイジージャムへ。

今日はYukkyさんという女性ヴォーカリストのワンマンライヴ。
第一部はキーボードとのデュオで「水色の雨」とか「シルエットロマンス」とかいった懐かしい昭和のヒット曲を披露。なんとキーボードは佳孝バンドでご一緒しているタカギさん。いるかな~、とは思ってたけどまさか御自身が出演してるとは。ちょっと考えられないくらいの精力的な活動ぶりには脱帽です、ハイ。

そして第二部では総勢8名のバンドを従えて、チャカカーンやアレサフランクリン等のソウルフルなナンバー。
いや~、カッコいい!
パンチがあってなおかつ伸びやかな高音域を生かして歌うソウルナンバーはホントに聴き惚れてしまいました。
アキバ系メイドコスプレのステージ衣装も、キャラに合っててカワイかったです(キャッ)。
バンドのみなさんはそれぞれに活動している方々が集まっているようですが、ちゃんと実力者が集まれば、リハの多寡は関係ないんだな、と感心しきり。
特に今日は佳孝バンドのライヴで対バンしたあの女性ギタリスト小野アイカちゃんを拝むことができました。前回と違い大編成のバンドだったせいか奔放なプレイは控えめでしたが、それでもあのオヤジ顔負け(笑)のソウルフルでジャジーなギターを堪能しました。

いや~、今日はいい演奏が聴けてよかったよかった、と思いつつライヴ終了後の即席セッションを眺めていると、突然
「あの~、ほかにベースさんいませんか~?誰かベースできる人いません?」
ちょっとドキッとしつつ、他人事のように聞き流そうとしていると
「そこのあなた!なにかできません?」
ゲッ!なにかってオイ!
「あっ、実はカレはベーシストなんだよ」
うわ~、タカギさ~ん!
「マジですか??じゃ、やりましょう!!こっちこっち!」
うひゃー!

・・・セッションなんてやったことないし、どうしようかと途方に暮れましたが、せっかくの機会だし、やってやろう!
と意を決してステージへ。
曲は、奇しくもかつて916で散々プレイした「What's goin'on」のダニーハザウェイ版。
もっともずいぶんしばらくやってないので、すっかり忘れちゃってますが(爆)
お店にコード進行を書いた譜面があったのでそれを借りて、なんとか最後まで弾き通しましたが、デキは散々で穴があったら入りたいくらい(笑)
でも中盤からは、客席やメンバーの方を見たり、周りの音を聴いたりする余裕も少しは出てきて、ああ、こういうのって楽しいなあ、と思えてきました。
と同時に、「この曲だったら、ホントだったらもっとできたはずなのに~」と、悔しい思いもかなりありありで。ま、これが実力なんでしょうがないですけどね(^^;

冷や汗かきつつ演奏を終えたあとはほかのメンバーと笑顔で握手。こういうのがなんとも言えず楽しいですよね^^
帰る間際にも「また一緒にやりましょう!」とまた握手。う~ん、音楽っていいですね^^

これからはもっと持ちネタを増やして、日頃の鍛錬も怠らず(!)、こういう機会をもっともっと積極的に楽しめるようになりたいなあ、と、新たな音楽活動の楽しみ方に目覚めかけた夜でした。
[PR]
by masafuji1970 | 2007-02-04 23:58 | 音楽・音楽活動