<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「加害者」なき「殺人」という悲劇

またしてもやりきれない悲劇が繰り返されました。
「中2女子生徒、いじめを苦に自殺。学校側はいじめが原因と認めず」
ご本人、ご遺族の無念を思うと、本当にやりきれなくなります。

学校側の極めて事務的お役所的で不誠実な対応については、またか、という感じで、この人たちは、生徒たちとその家族の人生・命を預かっているという自覚も責任感も皆無のようです。
このような「学校屋」さんたちには怒りを通り越してあきれてしまいます。
こんな人たちに我が子を預ける親御さんたちのご心配はいかばかりでしょうか。
が、彼らは自殺の「加害者」でもなければ「いじめ」の当事者でもありません。

何故、年端も行かない少年少女たちが、自ら命を絶つところまで追い詰められなければならないのでしょうか?

いじめの怖いところは
1.潜在性
だいたいいじめの対象となるのは、おとなしくて人にものを言えない人が多いものです。
また、誰かに言いたくても、それによる報復を恐れて言えない、というケースが多いようです。
2.罪の意識が希薄
いじめる側からすると、相手に被害を与えているという罪の意識が極めて希薄であるケースが多いようです。
さらに怖いのは、誰しもが、自分では気づかないうちにいじめに加担していることがある、ということです。僕も、あなたも、無自覚のうちにいじめに加担していたかもしれない。
「ドラえもん」でこんな場面があります。しずちゃんの家に遊びに行ったのび太としずちゃんのやり取り。
しず「のび太さん、明日のテストの勉強しなくてもいいの?」
のび「大丈夫、これから全部覚えるから」
しず「え?クラスで一番忘れんぼうのアンタが?」
と、あの優しくて優等生のしずちゃんがのび太をアンタ呼ばわりで指さしてケラケラ笑う、というエピソード(たしか暗記パン)。
他にもジャイアンやスネ夫に便乗してしずちゃんがのび太をからかうエピソードが実は結構あります。ある意味、これも無自覚ないじめの部類に入るでしょう。
いじめの加害者は、遺書に名指しされる人だけではないのです。

被害者は人に言えない。そして加害者には「悪いことをしている」という意識がない。つまり、顕在化しにくい。こういったいじめの特性が「いじめという実態があったとは気づかなかった」「いじめが原因とは認識していない」などというトボケた発言につながるわけです。

昨今のいじめによる自殺等でクローズアップされることによって、いじめは現代的社会問題であるかのように思われる節もありますが、いじめはなにも今に始まったことではなく、古今東西を問わずずっと存在しています。
身分制度や人種差別も、本質においてはいじめと同じと言えるでしょう。
自分よりも下層の存在を作ることによって、自らの優位性を保とうとする心理は、突き詰めていけば種の保存という生命の本能に起因すると言えます。

であるならば、いじめの根絶は不可能なのか、ということになってしまいますが、本能のみで行動する獣とは違って、人間には理性と社会性があります。
相手に対する思いやりの気持ちとか相手の立場になって考えてみるとか、少なくとも、自分の行為が「人の死」につながるかもしれない、と思えば、いじめなどという行為には及ばない、はず、なんですが。。。

今回の中2女子の遺書に名指しされた4名の生徒は予想外の事態に大きなショックを受けることでしょう(と思いたい)。自分たちの行為が同級生を死に追いやった、という事実を真正面から受け止めるにはいささか幼すぎるかもしれません。
が、少なくとも、自分たちの無自覚で心ない行為が、取り返しのつかない悲劇につながってしまった、ということは真摯に受け止めてほしい、と思います。
そしてなによりも、親たちはそれを我が子にきちんと教えてあげなければいけない。
いじめの問題というと、とかく学校側の責任がクローズアップされますが、問題は学校だけではなく、やはりひとつひとつの家庭にあるんじゃないか、と思います。

・・・なんて、子供どころかカミさんもいないのにエラそうなことを言ってますが(爆)
少なくとも将来生まれるであろう(?)我が子には、勉強や運動が苦手でも、思いやりの心を持てる人間に育ってほしい、と切に思います。そうした小さなことの積み重ねでしか、いじめという悲劇はなくならないのかな、と思います。
と、その前にまず、自分がそういう人間にならなければ!
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-29 23:19 | 所感雑感

佳孝バンド ライヴ前々リハ

1ヶ月ぶりの南佳孝バンドのリハ。
先日お知らせしたように、12月17日にライヴをやることになりましたが、リハは今日を含めてあと2回。
・・・エーッ!あと2回?
しかも今日のリハからさらに2曲追加!
エーッ!今から?!あと2回しかないのに!

でも、やると決まったら四の五の言わずにやるのが日本男児。
バンマスのHさんは僕らメンバーのことを信頼してくれているようだし、これで頑張らなければ男がすたるというものだ!

メンバー全員集合して2回目になりますが、音の厚みが格段に増してきたように感じます。
一方で、やはりバンドの肝はリズム体だな、とあらためて感じます。ベースがもっともっとドラムと一体となってしっかりとした道を作って、ウワモノはそれに乗っかれば自然といい感じのグルーヴが生まれる、という感じにしていきたいですね。
リハでみんなの音を聴いていると、いやーこのバンドはホント俺次第だな~(汗)なんてプレッシャーを感じる今日この頃。練習します・・・

結局レパートリィは全8曲。バラエティに富んだ構成で、やっていても退屈しません・・・ていうか気が抜けません(汗)
ライヴまで残すところあとリハ1回のみ。
8曲の中には、少し不安を覚える曲もいくつかあります。が、リハはあと1回しかないとはいえ、時間はまだたっぷりあります。
となると、次のリハ、そしてライヴ当日までどのように過ごすか。メンバー各自の自覚が問われます・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
・・・練習しよっと

リハ後は一部メンバーにてこじんまりと「打ち合わせ」。やっぱりこれがなくっちゃね(笑)
話をすればするほどバンマスHさんが他人とは思えなくなってくるのですが^^
単に苦労話やバンド運営上の悩みとかに共感するだけではなく、彼のバンドに取り組む姿勢、熱意には見習うべき点が多々あります。
なにより、不可能と思われた(?)「南佳孝コピーバンド」結成を実現させた、という事実。
俺も頑張らなくちゃね・・・俺だってできる!と思わせてくれる仲間がまた増えたことに感謝の気持ちでいっぱいでございます。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-22 23:24 | 音楽・音楽活動

「きもちE電」の名が泣くぞ!ね、亜星サン

僕が通勤に利用するJR高崎線と京浜東北線は、本当によく止まる。
年がら年中止まる。
先週の土曜日も止まり、昨日の朝も遅れ、帰りも止まった。
かつて利用していた東武東上線はこんなことはなかったのに。

朝止まってしまう分には、遅刻の大義名分が立つのでかえって助かることもあるが、夜遅く帰るとき、疲れてもう一刻も早く家にたどり着きたい、というときに待ちぼうけをくらってしまうと本当に腹が立つ。
これが都内であれば、他に私鉄・地下鉄・バス・タクシーといくらでも選択肢はあるが、この高崎線、特に大宮以北で止まってしまうと他に選択肢がないからなおさら困る。
こんなときには地方勤務(?)の悲哀を感じてしまう。

JRには運賃を返せ、と言いたい。
もうおまえのところは使わないからな!と言いたい。
でも言えないからまた腹が立つ。気が弱いボク。
ていうかイヤでも使わざるを得ないから腹が立つ。

いくら公共性が高いインフラであるとはいえ、もっと競争原理を持ち込めないものだろうか。

例えば鉄道の各路線には何社もの鉄道会社の駅が軒を連ねていて、それぞれ
「安さ爆発!」
「速さなら負けません!」
「カッコいい車両を揃えてます!」
「全車両に警備員配備!痴漢もスリも見逃しません!」
「カワイ子ちゃん乗車率、業界ナンバー1!」
とか、いろいろ特色を出してくれたり。
んで、年中遅れたり止まったり対応が悪かったりする会社は淘汰されていく。
これなら、かつての「上尾事件」のようなことは起こり得ないはずなのだが。
(※上尾事件・・・昭和48年、連日の超満員状態、ダイヤ遅延、さらには国鉄職員の横柄な態度に怒りが爆発した通勤客たちが上尾駅で暴徒化して駅や駅員らを襲った事件)

しかし現実には、鉄道のような市民生活に多大な影響を及ぼすインフラにいま以上の市場原理を持ち込むのはやはりムリなんだろうなあ。
「ウチはこんな赤字路線を動かしてオマエラを乗せてやってるんだ」
と言われたら
「いつも乗せていただき、ありがとうございます。」と感謝の言葉を述べるしかない。

国鉄が分割・民営化されて、サービスがよくなったという人もいれば、なにも変わっていない、という人もいる。
僕が通学に山手線を利用するようになったのは民営化後で、国鉄時代の印象はあまり残っていないので、これについてはなんとも言えないが・・・
まあとにかく、遅れたとか止まったとか駅員の態度が悪いとかいうレヴェルで済むならまだいい。不幸な事故を二度と起こさないよう、安全には最大限の注意を払ってもらいたいものだ。


そういえば、「E電」という呼称はどうなってしまったんだろうか。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-19 23:40 | 所感雑感

重ね録りマイセルフ

葛西ラウンド第2戦。
本日はティンバレス等を使ったフィルインや、「FLY」という曲にでてくるドラムとパーカッションのアンサンブル等の録音。
P氏のソナーのティンバレスがようやく日の目をみることになった。

この日のP氏は、午前中に地元のパーカッション教室でのレッスンをこなしており準備万端。
お昼に待ち合わせて入った近くの中華では、P氏はひとりでフルヴォリュームのチャーハン、麻婆豆腐、バンバンジーを喰らい、腹ごしらえから気合充分だ。

「夢で逢いましょう」という曲のサビ前に、ティンバレスによるフィルを入れたが、イメージどおりでなかなか気持ちよくはまった。
「FLY」の中盤のパーカッションアンサンブルは、後半の盛り上がりの布石としてなかなか重要な部分。どうせなら楽しげな雰囲気を出したいと思い、アゴゴ、シェイカー、クラベス、ティンバレス、とありったけの音を重ねてみた。
最後の1小節はまさに怒涛の如し。圧巻というか、ある意味で彼らしさが出ているんではないかと。
他に、前回でちょっと気になった部分を録り直して終了。

今回のレコについてP氏は「自分のドラムの上に自分の音を重ねる」という行為が新鮮で面白い体験だった、と語った。
その話を聞いて僕は、昔ダブルデッキのラジカセを使って初めて自分で重ね録りしたときのことを思い出した。
もらい物のリズムマシンに打ち込みしたドラムをまず録音し、それをダビングしながらベースを録音、さらにそれをダビングしながらギター、そして歌・・・とダビングを繰り返していくので音質は最悪だったが、それでも自分で作った曲が自分の音を重ねてカタチになったときの喜びと感動は今も忘れられない。
また、そうした過程で、ベースがこうだと歌うときに歌いづらいから少しベースラインを変えよう、といった具合にアレンジの工夫の必要性をはじめて感じたり、ダビングによる高音の劣化を補うために、あらかじめ録音時にイコライザーをかませて高音を強調して録る等、状況に応じて工夫することも学んだ。
きっとP氏も、今回の経験が今後に生きることだろう。

これで彼自身の出番は終了となるわけだが、今後もスケジュールの許す限り、レコの現場に立ち会ってもらう予定だ。
彼自身のドラムとパーカッションの上に、どのように重ね録りされていくか、自分の目と耳で確かめてもらうことは、レクプロにとっても、また彼自身にとっても有益なことだと思うからだ。

終了後は茶しながら曲順や曲の解釈等についてプチ熱い議論をしたあと、彼はサルサのイヴェントのため六本木へ(^^;)
いやはや、タフですなあ。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-15 23:11 | 音楽・音楽活動

前略 音楽つづけてますか?

探し物をしていて、古いカセットテープを発見した。
それは、僕が大学時代にヘルプ、というかレギュラーサポートみたいな感じで参加していたロックバンドのライヴ音源だった。
  ・・・懐かしい~!まだ残ってたんだ。
このバンドはドラム、ベース、ギター、ヴォーカルの4人編成。ドラムの人が大学の1コ上の先輩で、当時からプロを目指していて強力にウマかった。
ヴォーカルは圧倒的な声量と伸びのある声、そして濃い~顔とキャラ(笑)がウリで、やはりプロを目指していた。
楽曲はギタリストのオリジナルで、基本的にはシンプルなロックだが、16ビートや9thコードを多用した曲もあったりして、シンプルだけどちょっと洒落っ気のあるカッコいい曲をやっていた、という記憶があった。
自分としても、この頃のライヴでは結構いいプレイをしていた、という記憶があった。

で、ちょっとワクワクしながら聴いてみると・・・

荒い!
リズムは結構揺れてるしギターはおかまいなしでリフやソロを弾いている。ヴォーカルはピッチ外しまくりで声は力み過ぎだ。
曲もやたらシンプルというか・・・牧歌的な感すらある。

う~ん、こんなだったかなあ・・・
もうちょっとできてたような気がするんだが。

まあ、そう感じるのも当然といえば当然だろう。10年以上もたってるんだし、僕もその分トシとってるし(爆)感じ方が違って当然だ。
でも、青くて若い勢いは感じるし、ドラムとベースのギミックもなかなか頑張ってはいた。
そして僕はルート8分音符を連打している(笑)ある意味、なかなか貴重な音源かも。
・・・ていうか、オレこのときまだ22歳だったんだなァ・・・(遠い目)

しかし、部活の延長みたいな感覚でなにもわからずバンドをやっていた当時の僕にとって、このバンドでの活動は自分の中でかなりエポックメイキングなできごとだった。
プロ志向の先輩たちにいろいろ教わったことも多い。大げさではなく、このバンドへの参加がなければ今の自分はなかったかもしれない。

その後、僕は大学卒業とともにバンドも「卒業」し、ギター君は製薬会社に就職して岐阜の山奥の研究所へ入っていった。
他の二人はプロを目指して活動を続け、ドラムの方は後年ある歌手のサポートの仕事をつかんでテレビに映ったりもしたが、その後彼らの噂は聞かない。連絡もすっかり途絶えてしまった。

僕は卒業を前にした最後のライヴの後、メンバーだけの打ち上げ2次会で人目もはばからず泣いてしまった。
・・・卒業して就職してしまったら、もうこんなバンドをやることもできなくなってしまうんだ・・・
そう思い込んでいた僕は、感謝の気持ちやら達成感やら喪失感やらがごちゃ混ぜになって、感極まってしまったのだ。


あれから、10数年。
音楽活動の停止を余儀なくされる事態にも何度か遭遇し、長い浪人時代も経験し、またイヤになってもう音楽辞めたい、と思うこともあったが、僕は今もこうして音楽を続けている。
お世辞にも音楽に造詣が深いとは言えず、知識も技術もセンスも全然まだまだ、の僕が曲がりなりにも音楽を続けていられるのは、ひとえに音楽を通じて知り合った仲間の存在と、そして「音楽をやりたい」という気持ちを持ちつづけたおかげだ、と思っている。

この、少しフニャけたカセットテープには、そんな僕の原点のひとつが詰まっている。


あのときのみんなは、今も音楽を続けているだろうか。
きっと、どんなかたちであれ、音楽を続けているはずだ。
僕がそうであるように。
そして、音楽を続けていれば、いつかどこかで出くわすことがあるんじゃないか。
そんな気がしてならないのだ。

みんな、今も音楽つづけてますか?
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-12 23:55 | 日記

打楽器on打楽器

スタート以来、まる2年。まるで黄河さながらに紆余曲折してきたレクプロだが、私はついに最後のレコーディングに入ることを決断した。
メンバーそれぞれ多忙な人ばかりで、予定を決めるのもひと苦労なのだが、なんとか11月末までには録音を終えられそうなスケジュールを組めそうな感じだ。

今日は、先行してパーカッション類の録音。スルドという奏法を用いてフロアタム、そしてシェイカー、アゴゴ。今日は主にベーシックな部分を担うパートを録音することにする。これさえ録音すれば、ベース、ギター、キーボード・・・と進んでいけるからだ。
今日は久しぶりにドラマーP氏の地元、葛西のスタジオへ。数年前、P氏とともにリズム練や、当時やっていたバンドのレコーディング等、たまに使っていたスタジオだ。
懐かしい気持ちとほろ苦い思ひ出を思い出しつつ、デジタルMTRを積んだ愛車CF6アコードワゴンを走らせる。葛西橋で江戸川を渡ると、どうしてこの先が千葉県ではないのか、と素朴な疑問が湧いてくるのを禁じえない(江戸川区民の皆様、スミマセン!埼玉県民のヒガミと思って許してやってくださいまし)。

12時からの約束なのに、昨夜本人から
ボクは9時からスタジオに入ります。ウォーミングアップをかねて」とメールが。
・・・おいおい、またウォーミングアップに3時間かよ!これで今まで何回失敗したのか忘れたのかよ!と言いたかったが、私はどうもこのようにわかり易いアツさに弱いところがある。
「・・・まあ、ほどほどにな」と言うに留めつつ、また本番でバテやしないか心配だったのだが、それは杞憂に終わった。
なぜなら、当の本人が部屋の鍵紛失騒ぎで朝からてんやわんやで、スタジオ入りしたのは結局約束どおり12時だったからだ。

で、レコーディングのほうは、必要にして最低限の録音は完了。
やはり、ドラムの上にまた打楽器をオーヴァーダブするのはなかなか難しいようだ。
次回には装飾的なパートを録音し、これでP氏の出番は終了!・・・のはずだが(爆)
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-09 23:30 | 音楽・音楽活動

車内にて高校生の会話に世代を超えた普遍性を思う朝

今朝、電車の中での高校生の会話。

「とんねるずって吉本じゃねェよな?」
「そうだっけ?」
「とんねるずって吉本っぽくなくね?」

・・・この子たちは無論「お笑いスター誕生」とか「夕やけニャンニャン」なんて知らないでしょうねえ・・・

最近はあまりテレビを見てないのでわからないんですけど、とんねるずって今も結構出てるんですかね?
僕が大学生のころは毎週「みなさんのおかげです」とか「ねるとん」とか観るのがもう楽しみで楽しみで、木梨猛とノリオが特にお気に入りでしたね(笑)。翌日の話題ももちろん「おかげです」「ねるとん」ネタで、ウケたギャグとかみんなで披露しあってましたね。
「今夜ついに、マリナさんとセ、セ、セッ・・・カチな猛!エヘ」とか「ひらけ!ポッキンキン!」とか。懐かしいな~
今は当時のようなカリスマ的人気ではないでしょうけど、それでも息の長い人気は今も健在のようですね。


このあと話題はガンダム・ネタに変わり、若いわりにはまあまあ知ってましたね。
サイド6~テキサスコロニーあたりのネタでした。
マ・クベの最後のセリフまで知ってて、おっ、若いのになかなかやるねェ、と感心感心。
ただ、ところどころ間違い勘違いがあって、「いや、それは○○だよ」と口をはさみたくなるのを堪えるのに必死でしたよ、ええ。
だって本人だけじゃなく、車内に乗り合わせた人たちまで
「サイド7ってあれだよ、アムロがララァと会ったところだよ」
「ジオンのモビルスーツってザクとグフと・・・ゲルググの次はサザビィだよな」
だなんて誤解をしてしまったら大変じゃないですか!!

でも、自分が子供のころに親しんだガンダムが、時を越えて今時の高校生にもウケているとわかって、なんだかうれしくなりました。

世代を超えた普遍性。それは大衆に迎合しているわけではけっしてなく、唯一無二の魅力を持っているから。


と、そんなことをグルグル考えるうちに駅に着き、
「お若いの、それはサイド6じゃよ」
と心の中で呼びかけながら電車を降りたのでした。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-06 23:53 | 日記

衣更え

今日から久々のネクタイ。

ネクタイめんどくせ~!
ネクタイうぜ~!

でも、やけに新鮮な気持ちになりますね。
見た目も、気持ちも、ピッと引き締まって。顔もお利口さんに見えるから不思議です。
私服姿しか見たことがない人がネクタイ姿のボクを見たら、クラッときちゃうかもね(笑)

本格的な秋の訪れとともに、ちょうどいい気分転換。

気分一新!心機一転!
この秋はキリッと、ピシッといきます。


今日は終業のチャイムと同時にソッコーで緩めましたが(^^;)
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-02 23:58 | 日記

2管→3管、そしてMTR整理

昨日はレクプロのサキソフォン・プレイヤーにしてホーンアレンジャーであるkami君を招いてホーンアレンジの打ち合わせ。
かねてより検討していた「Everyday」のホーンセクション2管→3管への変更。もともとこの曲はトランペット、アルトサックス、テナーサックスの3管で録音する予定であり、すでにトランペット、テナーサックスで録音済み。ところがその後延び延びになっており、そうこうするうちにトロンボーンプレイヤーのかなえ嬢が加入したこともあり、トランペット、テナーサックス、トロンボーンの3管でアレンジし直したわけです。
先日購入したキーボードをさっそく使用して、僕が横からあーだこーだと注文をつけながらアレンジを決めていきます。
既存テイクと聞き比べつつ「クドウさんのトランペットはキレがいいなあ~」などといまさらながら感心したり。

この曲はCDの冒頭を飾る予定であり、特にイントロには華やかさがほしかったのですが、3管になることによって、グッと厚みも増し、華やかになりそうです。楽しみ楽しみ。

んで今日は、これから再開するレコーディングに備え、デジタルMTRのトラックを整理。
んで録音済みのデータのバックアップをとろうと、パソコンにつないでコピーし始めたらこれが20GBもあり時間がかかるかかる(^^;)
夕方から始めて今もコピー中・・・先にメシにしますか
[PR]
by masafuji1970 | 2006-10-01 19:32 | 音楽・音楽活動