<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風が心地よい夜には一駅ウォーク

今日は久々にすっきり気持ちいい五月晴れでしたねー!

今夜はとても爽やかな夜なので、帰り道は浦和駅から一駅分歩いて帰宅することに。

このところ運動不足を感じていました。今の職場に転勤になる前は往復で1時間歩いていたのに、今は20分弱。半年前にジムに行き始めたものの、忙しくて行ったり行かなかったりで、ほとんど効果ナシ。そして2年間あまりの運動不足の「効果」は腹のあたりにテキメンに(笑)
で、今日は思い切って浦和駅からスタート!

普段クルマで通っていても、歩いてみると今まで気づかなかったものが意外とあることに驚かされます。
あれっ、こんなところにスポーツパブ発見!店の内外ははやくもサッカーW杯モード。「みんなで日本代表を応援しよう!」と書かれたボードが。さすがサッカーの町、浦和。W杯はここに観にこようかな。

などと道々観察を楽しみながら、心地よい風に吹かれつつ歩いていると、あっという間に自宅の近くに。あ、こんなもんだったんだ!
クルマで走ってみた限りでは結構距離があるように感じていたのですが、歩いてみたら30分ちょっと。全然問題なく歩ける範囲でした。

涼しい夜風の中をテクテク歩いていると、とてもリフレッシュした気分になれるし、歩きながらの考え事もポジティブになれるような気がします。
新しい発見もあったし、いいこと尽くめの一駅ウォーク。

そ・し・て!
歩いたあとにはやっぱコレでしょ!プシュッ!
ん~~!ビールがうまい!ゴクゴク!

みなさんも一駅ウォーク、いかがですか?
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-25 23:47 | 日記

やっぱり「飲みニケーション」

本日は気のおけない音楽仲間である916時代からのRec-proメンバー有志と久々に「打ち合わせ」。

このところしばらくの間、一人で考え込んだりしてたんですが、こうして酒を飲みつつ(これ重要w)話ができて、だいぶ気分も楽になり、またヤル気が湧いてきました。

メールやBBSは使いようによっては確かに便利ですが、やっぱり顔をあわせて飲んで話すのが一番。もはや死語かもしれませんが「飲みニケーション」とはよく言ったもので。

というわけでこれからもドンドン飲みたいと思います(笑)
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-21 23:47 | 日記

巻誠一郎選手おめでとう

先日発表されたサッカーW杯日本代表メンバー。
大方の予想を覆して大逆転でメンバーに選ばれ、一躍時の人となったのが巻誠一郎選手。

選ばれる可能性は限りなくゼロに近いと言われながらも最後まで諦めずに泥臭く懸命なプレーを続け、ついに「サプライズ」を起こした巻選手。
今回の選考に、勇気を与えられた人、励まされた人も少なくないのではないでしょうか。

僕も巻選手を少しでも見習いたいと思います。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-18 00:35 | スポーツ

草の根の日中外交

今日は職場の送別会。終了後、大宮の南銀に移動してY先輩なじみの中国パブへ。


僕は知る人ぞ知る中国史好き。小学生の時に吉川英治「三国志」にハマッて以来、古代中国史を扱った書籍をいろいろ読んできたのだが、周囲に中国史について語れる人がいなくて寂しい思いをしてきた。

で、Y先輩が中国パブ好きということでからかい半分で「そんなに好きなら中国史で好きな人物とかいるんですか?」と聞いてみたところ、なんと
「霍去病」というなかなかマニアックなお答え。
おお!けっこう好きなのね!

で、試みにこのお店のお兄さんお姉さんに、
「韓信」「張良」「項羽」「劉邦」「司馬遷」「曹操」「周瑜」「諸葛亮」「李世民」「岳飛」といった中国史上の人物の名をあげて語ると、みんな大喜びでそれぞれのヒーローへの思いを語るではないか!
僕は思わず終電の時間も忘れて語り合ってしまった(笑)。

僕は単純に、好きな中国史について本場の人たちと話ができたのがとても楽しかったのだが、帰り道にあらためて思ったのは、中国の若者は自国の歴史上の人物のことをちゃんと知っているんだなあ、ということ。
もし、日本人の同じ年頃の若者に「日本史上で好きな人物は?」と聞いて、ちゃんと答えられる人はどれだけいるのだろうか?
少なくとも今日語り合った中国出身の若者たちは、僕があげた春秋戦国時代から明代に至るまでの主要な人物のことをほとんど知っていたし、また、それらの人物が現代の中国においてどのように認識されているのか、ということも教えてくれた。
もし、日本人の若者が、外国人から同じことを聞かれて、まともに答えられる人はどれだけいるだろうか?

僕はつい調子に乗って、現在の日中関係について中国の一般的な若者はどのように考えているのか?ということを聞いてみた。
すると、みんな口をそろえて「過去に悲しい事実はあったかもしれないし、実際そのような教育も受けてきたが、それはあくまでも歴史上のことであって、今の私たちは日本に対して否定的な考えは持っていない。確かに一部に先鋭的な人たちもいるし、外交上もうまくいっていないが、少なくともわたしたちは日本人がとても親切でいい人たちであることを知っているし、きっといずれは分かり合えると思っている」と答えてくれた。
もちろん、この人たちのリップサーヴィスはかなり差し引いて聞かなければならないし、単なるセールストークなのかもしれないが、それでも僕はとても嬉しかった。

もし同じことを日本人の若者が聞かれたら、きちんと自らの見解を述べることができるのだろうか?

中国の兵法家、孫子の兵法書に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という有名な一節があるが、自分も含めてわれら日本人は、自国の歴史、文化というものについてあまりにも無知なのではないか?と思えてくる。
「敵」どころか「己」のことも理解しない国の国民が、近隣諸国との円滑な関係を築けるか否かは、孫子の格言に照らしても明らかだ。
そして、これは一部の権力者や指導者だけではない、僕ら草の根の若者たちにこそ言えることなのだ、と思う。


ちなみに、お店の女の子やバーテンのお兄さんたちに、三国志で好きな英雄を聞いたところ、「関羽」「張飛」「諸葛孔明」という「わかりやすい」英雄の名をあげるなかで(中国では関羽・張飛は絶大な人気だそうだ)、少なからず「曹操」の名もあがった。
ちょっと嬉しかった。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-11 23:59 | 日記

いや~、お騒がせしました(^^;)

飲酒運転チャリコケ顔面流血事件(笑)から10日。ようやく今日で深谷→西大井の遠距離通院も終わりました。
おかげさまで順調に回復し、傷もキレイにくっつきました。
あとは傷口の部分の眉毛が生え揃えば完全復旧です^^

ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。
通院のために早退させてくれた職場のみなさんありがとうございました。
そして通院にかこつけてたびたびメシをたからせてもらったK夫妻、どうもありがとうございました。

これからは、酔っ払ってチャリに乗ってもコケないように、自転車の練習をします!
いずれはXゲームに出られるくらい頑張ります!賞金ゲットしたらみんなで飲みいこうぜ!
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-01 23:39 | 日記