<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

続けていく、ということ

昨日30日でようやく仕事納め。さて大晦日の今日、2005年の締めくくりに今年一年の活動を振り返ってみる。

916では2月に新ドラマーやっさんを迎え、3本のライヴ。バンドの力もついてきて、お客様からお褒めの言葉をいただくようにもなったが、残念ながら活動停止。
レクプロでは、年明け早々に3曲のレコーディング。春には次の4曲のリハに取り掛かり、8月にはレコーディング開始。年内には完成するかと思われたが途中頓挫。続きは年明けに再開予定。たぶん。
で、自分の作曲の方は、916、レクプロと仕事の忙しさにかまけて思うようにはかどらず。

こうしてあらためて書き出してみると、レクプロはいまだにいつ終わるのかわからない、作曲も思うようにできてない、挙句の果てに916は活動停止。
・・・全然ダメじゃん!
「いや~、今年は大満足の音楽活動ができた!」とはとても言い難いこの状況。

でもね。
じゃあ不本意な一年だったか、というとそんなことは全然なくて、むしろけっこう充実した一年だった。
確かに自分が思い描いた青写真どおりにはならなかったけど、だからってもうダメだ、なんて思わないし、ヨーシやってやろう!とむしろ来年にむけてモティヴェーションがもりもり湧いている。

365日24時間、寝てる時間と酒飲んでる時以外は音楽に打ち込めたらサイコーだけど、実際には仕事はあるし炊事洗濯だってしなきゃいけない。限られた時間の中でやりくりしてやってるのはみんな同じだけど、正直言って仕事が夕方で終わっちゃう人や土日盆暮れキッチリ休める人が羨ましいと思うし、もっと時間があればなァ、なんて思ったりもする。

でも、仕事が忙しいとか時間がない、とかいうことが、歩みの遅いことの理由にはなっても、歩みを止めてしまう言い訳にはしたくない。
実際、僕なんかよりもずっと多忙なのにずっと素晴らしい活動をしている人なんていくらでもいるわけだし。
とにかく、1歩でも2歩でも、いや半歩でも4分の1歩でも、前に進んでさえいられれば、と思う。
それさえ忘れなければ、どんなに悪い状況に陥ろうとも、続けていける、と思う。

そして今年は一年を通してそれができたかな、と自分では思う。
だから、満足できる結果にはならなかったけど、充実した一年だった、と言える。

そうは言っても、自分自身もっともっとできたはずだと思うし、これ以上できないっていうくらい努力したかというとそこまではできていないので、その点は非常に不満だけど、一年の締めくくりの今だけは、とりあえず自分にご苦労サン、と言ってあげたいと思う。
そして来年はもっともっと頑張ろう!

今年一年、多くの方にお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

それではみなさん、良いお年をお迎えください!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-31 01:14 | 所感雑感

Suicaの落とし穴

Suicaをお使いのみなさん、まめにチャージしてますか?
悪いことは言いません、常に満タンにしておいたほうが身のためですよ・・・


僕がいつもの特急に乗るために家を出る時間は7:20。
ところが今朝目が覚めたのはなんと7:30!

あれ・・・今日は休みだっけ?それともこれは夢・・・??

にわかには現実を受け入れられず、一瞬ホケー・・・

ハッ!事の重大さに気がつくと、すぐに奥歯の「加速装置!」のスイッチをいれて行動開始!
最低限の身支度もそこそこに5分で家を出て駅までダッシュ!
最終兵器「上越新幹線MAXたにがわ」に乗るための7:37南浦和発京浜東北線にはとうてい間に合わないが、とにかく奇跡を信じて走るしかない。

南浦和駅に着くと7:42。次の電車は7:45。
南浦和~大宮は11分なので大宮着は7:56。新幹線の発車時刻は7:58。
その間2分。理論上は乗り換え可能だが、大宮駅では京浜東北線は1番線、新幹線は18番線と、大宮駅の端から端まで移動しなければならない。
しかもJR東日本エリア第8位を誇る乗降客の群れが行く手を阻む。2分間での乗り換えは実際にはかなり厳しい。
もうダメか・・・
しかも南浦和での激走ですでに息がかなりあがっていた。
・・・もういいじゃないか。ここまでよく頑張ったよ。誰も咎める者はいないさ。

いや!あきらめるわけにはいかない。今の俺は走るしかないのだ。
待っていてくれセリヌンティウス!俺は走る!
早く着くように京浜東北線の中でも走る!

そして電車が大宮駅のホームに滑り込む。電車が徐々に減速していき、ゆっくりと停車。ドアが開くまでのじれったさったら乾杯前の長~い挨拶以上に長く感じられた。

しかしラッキーなことに、ホームの階段のちょうど目の前で停車。いいぞ!
そしてゲート開門!飛び出すようにダッシュ!階段を駆け上がり駅構内を疾走!
今日から休みの会社も多いせいか、普段よりも通勤・通学客は少ない。
おぉ、風はアゲンストからフォローに変わった!よし!いける!
やがて新幹線の改札が視界に入る。
中継所手前でタスキをはずす箱根駅伝のランナーのように、ポケットからスイカ定期を取り出して高々と掲げる。
そしてスイカを自動改札機に叩きつけるようにタッチ!

「ピンポ~ン!チャージ金額が不足しています。」
な、なにィ~~!!そんなバカな!ビックリビックリビックリビックリ!

しかし驚いているヒマはない。急いでとりあえず1000円チャージ。しかしなかなか財布から札が出てこない。ヤバイヤバイヤバイヤバイ!

ようやくチャージして今度は改札を通過、超ダッシュで18番線のエスカレーターを駆け上がる!他の乗客を跳ね飛ばして駆け上がる!
「キンコンカンコンキンコン・・・18番線MAXたにがわ、間もなく発車しま~す」
うわ~、後生だからちょっと待ってくれ~~!!!

ようやくホームにたどり着いた僕の目の前で。
あともうすこし手を伸ばせば届くというところで。

無常にも新幹線のドアは閉まった。
中継所にたどりついた駅伝のランナーのように、僕はその場に崩れ落ちた・・・
すまぬ、セリヌンティウス・・・

新幹線の初乗り特急料金は800円。
チャージ残額は700円。不足金額100円。
たった100円のために、僕はタスキをつなぐことができなかったのだ。
この無念、あなたにはわかりますか・・・?

悪いことは言いません。スイカは常に満タンに!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-29 23:12 | 日記

クリスマスはペアのエプロンで。。。

西洋文化圏においては、12月25日はクリスマスというそうですが、日本人である僕には関係ありません。

それはそうと。
本日は916の忘年会。
「あれ?916って解散したんじゃないの?」と思われる方がいるかもしれませんが、飲み会部門は今後も精力的に活動を行います。応援ヨロシク!(笑)

c0057845_23323898.jpg場所は毎度おなじみのマツバラ邸。本場鹿児島の「薩摩揚げ」、北海道直送の新巻鮭を贅沢に使った「ちゃんちゃん焼き」、深谷ネギをふんだんに使った深谷名物「煮ぼうとう」等々に舌鼓を打ちながら、昼間っからビールがどんどん空いていきます。
ちなみにこれはちゃんちゃん焼きを調理するエプロン姿のまっちゃん。レアなショットです。もっとも、マツバラ家でのエプロン着用率はダンナ様の方が高いそうですが(笑)

ひとしきり飲み食いしたところで先日のライヴの録画DVDを鑑賞。
「あっ、このソロだめだったから飛ばして~」「えーなんで?カッコよかったよー!」
なんて傷の舐め合いをしたかと思えば
「あっ、Fujiさん今の音なに?コード違うよ~」「なにィ?!そっちこそこの不自然な踊りはどーなの?」
などと批評しあったり。
そのうち過去のDVDも引っ張り出して「六本木のときはなんだかんだ言って結構いい演奏してたね」なんて懐かしんだり。
そのうち「あー、この曲今回もやればよかったねー」「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」なんて話も出たりして。

c0057845_23384320.jpgそして本日はちょっとしたサプライズをご用意。kami夫妻に916一同から結婚祝いのプレゼント!
プレゼントはペアのエプロン。・・・まあ着こなし方はどうぞお好きなように!

さっそくペアのエプロンをつけてもらって記念撮影!おめでとー!

そんなわけで、916飲み会部門は、最終メンバー・元メンバー・お友達のみなさん共々活動してまいりますので、どうぞヨロシクお願い致します^^
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-25 23:31 | 日記

イヴは演歌とネギとともに・・・

西洋文化圏においては、12月24日はクリスマスイヴというそうですが、日本人である僕には関係ありません

それはそうと。
本日はBusiness。ていうか年末商戦期の恒例、現場のお手伝い。
今回は深谷農協さんにて、野菜直売&ペ○カン便発送のお手伝い。農家のオッチャンたちに混じってネギのケースを仕分けしたり積み上げたり・・・。
そしてBGMはド演歌

終わった後に「ご苦労さん」とお土産に焼き芋みかん一袋いただきました・・・

みなさん、素敵なクリスマスをお過ごし下さい・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-24 23:56 | お仕事

イヴ・イヴはジャズと合唱とビールで・・・

西洋文化圏においては12月23日はイヴ・イヴというらしいが、日本人の僕には関係ありません。

それはそうと。
今日は昼からジャズ・ライヴへ。レクプロにトロンボーン、フルートで参加してもらっているかなえちゃんが所属するビッグ・バンド「安全グラフィックジャズソサエティ」のライヴ@赤坂B-FLAT。
c0057845_012558.jpgビッグバンド見るのは初めてなんですが、やはりステージ狭しとズラッと並んだラッパ隊のみなさんにとりあえず圧倒されます。
楽曲的にはラテンテイストありフュージョンありで僕にも親しみやすく楽しめる構成でした^^
われらがかなえちゃんも1曲ソロをとってました。よかったよー!
テクニカルな「Havona」はアツかったですねー。アルトサックスのソリストが女性プレイヤーなんですが、すばらしかったですね。同行したkami君・ウメさんも絶賛しとりました。
そしてベース。最初はアップライトをシブく弾いていたかと思ったらスティングレイに持ち替えて速いフレーズを弾きまくる弾きまくる(笑)。アツいソロを決めてました。ウマイですねえ・・・

で、こちらでキリン生ハーフ&ハーフ×2杯消費。プハー

お次は恵比寿ガーデンプレイスへ移動。Musica de Hevoの歌姫、ゆきぞう嬢が合唱のコンサートに参加するというので観に行くことに。
c0057845_0153685.jpg到着するとHevoのベーシストsokken君発見。着いたときにはもう最後の曲。しかしこのあと1時間後に原宿ラフォーレ前で2回目がある、ということなのでそちらに観に行くことに。
しかし時間が少しあるので、せっかく恵比寿に来たのだからビアを味わわないわけにはいかないだろう、ということでガーデンプレイス内のビアステーションにて生ハムとともにYEBISUハーフ&ハーフを賞味。
時間があまりないので、1杯でガマン。プハー

恵比寿でkamiと別れ、お次は原宿へ。ウメさん、sokken君、僕と野郎3人で歩く表参道・・・。
ラフォーレ前でゆきぞう(&合唱団)と再会。
小さな子供からお年寄りまで、老若男女40人くらいの合唱団。時節柄クリスマスがらみの曲が中心のようです。まわりにいたガイジンさんも一緒になって歌ってました。しかも英語で!ってあたりまえか。
寒い外で、ホンワカあったかいムードを醸し出してました。ゆきぞうはピンで歌うときと違って責任が分散されるせいでしょうか、リラックスして楽しんでいる様子。終わったあと、妙に照れまくってるのが印象的でした^^

ひとくちに音楽といっても、楽しみ方はいろいろなんですね。

そのあとは、ウメさんが中古のエフェクターを物色したいとのことで、新大久保の中古楽器店へ。
ウメさんが物色している間にベースコーナーへ。ガラスケースの中にオールドのFender JazzBassが陳列されています。
「’68年ジャズベ 68万円」「’64年ジャズベ 89万円」・・・
20万円のスティングレイがとってもお手頃に見えてしまいます。今度また来てスティングレイでも弾いてみようかな・・・

c0057845_0333451.jpgさて帰ろうかというところ、ウメさんがどうしても気になるというこの看板。
世界の山ちゃん」。
世界のって・・・。そして「山ちゃん」・・・さっそくヘヴォでネタになりそうだな(笑)
ということでさっそく探索してみることに。
名古屋が本部の手羽先を食わせてくれる居酒屋でした。
手羽先唐揚げを銀河高原ヴァイツェンとともに賞味。独特のフルーティな味わいが、スパイシーな手羽先唐揚げによくあいます。
昼間っから飲み続けているのでほどよくアルコールもまわっていたようで。
ウメさんとアツく音楽活動の話など。

銀河高原ビール ヴァイツェン×3杯消費。プハー

てなわけで本日は赤坂・恵比寿・原宿・新大久保とダイナミックに移動しつつジャズライヴ、合唱コンサート、楽器店物色、そして音楽話と音楽づくし&ビール飲み歩きの一日でござりました。
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-23 23:39 | 日記

風花

みなさん、「風花」ってご存知ですか?

晴れているけど風が強くて寒い今日の午後、女子社員のみなさんが突然
「あー、カザハナだー!」
「ホントだ!カザハナ今年初めてじゃない?」
「わー、すごい舞ってる。キレーイ!」

いったいなにを騒いでいるのかと、窓の外を見てみる。
冬の西日に照らされた無数のチリのようなものがキラキラ光って風に舞っている。
雪?晴れてるのに?でも雪にしては「降る」という感じではなく、キラキラした光がフワフワと舞っている感じ。

どうやらこのキラキラ舞うものがカザハナというらしい。
「風花」と書いて「カザハナ」。なんとも風流な呼び名のこのキラキラの正体は、実は山に降り積もる雪。

風花・・・晴天にちらつく小雪片。降雪地から風に吹かれて飛来してくる小雪。[季]冬。 (大辞林より)

山に近い地域では、冬の風の強い日に見られるというこの風花。赤城山地のすぐ近くのここ深谷でも、赤城颪に乗って舞い降りる風花がたまに見られるという。

「風花って知ってましたか?」もちろん知らなかった。
「エ~ッ、知らないんだって!やっぱり都会の人は知らないんだよ!

・・・冬の季語でもある「風花」で一句。

風花や 思えば遠くへ来たもんだ (masa-fuji)
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-22 23:29 | 日記

親が子を産み、子が親を生む?

先日、友人のO君と久々に飲んだときのこと。
のっけからいきなりケータイの待ち受け画面を見せられて
「ほら、ナナちゃん!オレにそっくりでしょ~?」
去年結婚して、2ヵ月前に初の娘が生まれたO君。
似てるかと訊かれても、生まれたばかりの赤ちゃんと30代半ばの男の顔とでは比べようもないのだが、
「そうだな、目のあたりが・・・」と如才なく調子を合わせてあげるオトナな僕。

「子供ができると親のありがたみがわかるよ」としみじみ言うO君に
「子供ができないとわからないのか?」と意地悪なツッコミ。
「いや~、赤ちゃんを抱いたりあやしたりしてると、ああ俺も自分の親にこうしてもらってたんだな、って実感するんだ」と。なるほど。

あたりまえだけど、子供ができると「親」になるんだなあ、と。
大きな声じゃ言えないけど、O君てばもう・・・いやいや本人の名誉のために控えますが(笑)、そんなO君もちゃんと「親」になってるんだから、子は偉大なり。

子供がいるから「親になる」のかな。
さすがにこのトシになると、周囲にも子供がいる知人が増えてくるけど、みんなカワイイ~んだよねー!他人の子供でこれなんだから、自分の子供だったりしたらメチャメチャかわいいんだろうなあ。

みんなもきっとこうなるんだろうな。
僕もなるのかな。
・・・っと、わざわざイジられるネタをみずから振ってしまった(爆)
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-20 23:10 | 所感雑感

Sugarbeat Live  真冬のアツい夜!

シュガービートのライヴに行ってきました!
って書くのも今年5回目。精力的にライヴをこなしてきたシュガビの今年総決算のライヴです。
場所はいまや僕らの間ですっかりおなじみとなった渋谷KABUTO。今回はシュガビ主催のイヴェントで、シュガビはもちろんトリで登場。

毎回オープニングに趣向を凝らすシュガビ、今回も笑わしてもらいました^^
衣装もキンキラ度が格段にアップ!でも一番「光ってる」のはもちろん石やんですが(笑)

c0057845_23234314.jpgそのオープニングからメチャメチャGroovyでカッコいい!
ていうか今回は全体的にいつにもましてアップテンポな曲でグルーヴィーにグイグイ押す構成に終始圧倒されまくり。
基本的にはおなじみの曲がメインなんですが、すごく考えられたアレンジだったり、曲間のつなぎが凝ってたり、いや~こなれてるよなあ~、と感心するばかり。
それにこのバンドは「プリン体」(シュガビではホーン隊のことをこう呼んでます)の存在感がスゴイ。ホーンについて詳しいことはわからないのだけど、アレンジは凝ってるしセクション部分のド迫力もすごいしソロもすばらしい。もうこのプリン体なくしてシュガビのサウンドはありえないでしょう。プリン体リーダー、アキモさん中心にチームワークもよく、仲良さそうなのもイイ感じです。

そしてヴォーカルのしょうこ。すごいオーラ放ってました…
精力的なライヴや、いろんなところにゲスト出演して歌っている経験のおかげでしょうか、かなり余裕のあるステージング。そういや「I feel good」はこないだの新宿でも歌ってたね^^
とにかく、この歌、オーラ、ステージ映えするルックス、そしてMCで見せるいつもの天然ボケ庶民的キャラ(笑)。いまや一人で客席を圧倒するくらいの存在感を見せつけてくれてます。
ちょっとホメ過ぎかな?ま、今度ビール1杯ってことで(笑)

今回も本当に演奏も歌もすばらしかったし、さまざまな趣向も面白いし、今年1年のシュガビの集大成を見せてもらえました。

で、今回のライヴを観て、なにかゾクゾクッと震えがくるのを感じました。
今まではシュガビやMusica de Hevoのことを「916のライヴァル」と勝手に思い込んでいましたが、その916というひとつの枠組みがなくなり、これからあらたな挑戦に挑む自分。
「これほどの高みにたどり着くことができるのだろうか・・・?」
畏怖なのか恐怖なのか、それとも武者震いなのか。
それくらい、今の僕にとっては刺激的すぎるライヴでした。シュガビのみなさん、ありがとう。
おかげでまたモティヴェーションが高まりましたよ。

ちなみに今回のライヴはTpのミッチーのお誕生日記念ライヴでもあったそうな。ミッチーとてもうれしそうでした。そりゃそうだよねー。こないだのスイトラのときのカミとか、いつぞやのウメさんのお誕生日記念ライヴとか、みんな感激してたもんなあ。うらやましいなあ。いつか僕もやってもらいたいなあ・・・
ちなみにバースデーケーキのろうそくは1本(笑)でもこれでひとつ大人の階段をのぼったね・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-17 23:59 | ライヴ

JRさんに物申す!(高崎線物語番外編)

僕がいつも通勤に利用する「新特急 草津・水上1号」は、全14両のうち8両が自由席車両。
ところが今週から、8両のうち半分の4両が指定席車両に!

いつも夏休み・冬休みシーズンになると恒例の「指定席増強」。
普段は余裕で座れる自由席も、とたんにデッキまで乗客があふれるほどの混雑に。
一方、指定席のほうはガラガラ。

いくら「掻き入れ時」とはいえ、ちょっとえげつないんじゃないでしょうかねえ。
JRさんの関係者の方は、この自由席と指定席とのコントラストをご覧になって、いったいどのようにお考えなんでしょうか。

JRさんの考える「サーヴィス」と利用者のニーズの乖離。甚だしいにもほどがある、と思うのは僕だけでしょうか?

JRさん!客商売やってるんだったら、もっと利用者の立場になって考えてもらえませんかねえ?
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-16 23:59 | 所感雑感

200回目にリニューアル

当ブログはこの記事で200回目。

多忙な仕事中にもかかわらずロムったりコメント書いたりしてくださるみなさん、本当にありがとうございます。
もっとも、そのせいでみなさんが職場にて不利益を蒙ることになっても、一切ワタクシの関知するところではありませんが。

なーんてこと言っちゃあいけませんよね。仕事サボッてネット三昧もいいけど、まあ常識の範囲内でホドホドに、ってことで。良いコはマネしちゃダメよん!

で、200回目記念というわけでもありませんが、これを機にスキン等をリニューアルしました。
ご安心下さい、ちゃんと白基調ですから!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-15 23:29 | ブログ