<   2005年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

阪神タイガース優勝!!

いよいよ待ちに待った歓喜の瞬間が訪れました。

阪神タイガース優勝!!
みなさん、おめでとうございます!!

c0057845_1253532.jpg

シーズン序盤はけっして順調ではなく、前年覇者の中日にリードを許しましたが、今年から始まったセパ交流戦で失速する中日を尻目に好成績を収めて一気に逆転、以後快調に首位を走りました。その後、先発投手陣の不調等もあって中日の猛追を受け、一時はあわやという時期もありましたが、シーズン大詰めの直接対決をシビレるゲームで制してからはみるみるうちに差を広げ、マジック1で迎えた今日。
本拠地甲子園で、しかも宿敵読売の目の前で、見事優勝を決めました!
僕は優勝の瞬間を会社のテレビで見届けました。つなぎの打線で先制して、最後はJFKで締める、という今シーズンを象徴するゲーム。
印象的だったのが優勝の瞬間。普通監督はすぐにベンチを出て小走りで歓喜の輪に向かいますが、岡田監督はなかなかマウンドに向かいません。
岡田監督はまず誰よりも、裏方さんたちひとりひとりと握手をして喜びを分かち合っていたのです。
選手・コーチ・裏方・メディアからも慕われる岡田監督らしい光景に、今季の阪神の強さの秘密を垣間見た思いがしました。
あらためましてみなさんおめでとうございます~!

打線爆発で優勝した1985年、投手力と勢いで優勝した2003年と比べると、今回は投打にわたって力をつけ、しかもベテラン・中堅・若手と選手層も厚く地に足のついた本物のチーム力で勝ち取った優勝、という印象があります。
かつて野村元監督が見出した若手選手、星野前監督が補強したFA・移籍選手たちが現在の主力となり、今、岡田監督のもとで花開いて掴んだ栄冠。
やはり本当にチームが強くなるには、長い間の積み重ねが必要なんだなあ、とあらためて思います。

しかーし!これで阪神はこれから常勝チームや!黄金時代や!と思うほど阪神ファンは楽観的ではありません。
「いや、そんなはずはない」「阪神が勝ちつづけるなんて、ありえない」
負けつづけた時代のイメージがあまりにも強すぎて、こんなに強い阪神を、本当に信じていいのか、不安になってしまうのです。
「私こんなに幸せでいいの?そんなはずないわ。いつかまた裏切られるに決まってるわ」こんな心境の阪神ファンは少なくないのではないでしょうか。

だから、我らが阪神タイガースよ。そんな幸薄いタイガースファンのために、まずは日本シリーズで勝って日本一になってや!
そして来年も再来年も優勝してや!
頼むで~!!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-29 23:20 | スポーツ

回り道か、ターニングポイントか

「怒涛のレコ週間」を経て、いよいよソロの一部と鳴り物を残すのみとなったレクプロ・セカンドステージ。みなさんの協力のおかげで、予定より大幅に早く録音が終わりそうな勢いです。少々気が早いかもしれませんが、ようやくここまで来たなァ、と感慨深いものがあります。このブログを読んで下さっているみなさんも、あらためて読み返していただくと、同じような感慨をヴァーチャル体験していただけるのではないでしょうか^^

ところが。

ドラムのピロ君から、なんとドラムをもう一度録音しなおしたい、との申し出が。
自分のプレイにどうしても納得がいかない。いや、それだけじゃなく、このままではせっかくの曲をダメにしてしまう、だからやり直させてくれ、と。

ドラムを録音し直すとはどういうことか。それはつまり、そのほかのパート、ベース、ギター、キーボード、ホーン、ヴォーカル、全て録音し直すことをも意味します。
なぜならベース以降のパートはみんなドラムにあわせて演奏しているからです。
ドラムだけ差し替えるということは不可能なのです。

それを承知のうえで、それでもあえてやり直したい、というからには、それだけの覚悟、そして勝算があってのことなのか。
それとも、覚悟も根拠も勝算もなく、もう一回やればもう少しは良くなる気がする、という程度の気持ちなのか。
はたまた、とにかく再挑戦できれば自分の気が済む、というマスターベーションにすぎないのか。

それがハッキリしなければ、僕としては当然首を縦に振ることなどできません。

そこで、本人と会って話をしました。
覚悟も根拠も勝算もない話だったら、みんなを巻き込んでまで付き合うつもりはない、と言いました。
ずっとリハやってきた感じでは、だいたいあんなもんなんじゃない?それで納得がいかないからって、もう一度やればいきなり素晴らしいプレイができるの?なんの根拠があってそう言えるの?
と、あえて否定的なことも言いました。

それでもひるまない彼の眼を見て、最終的には彼の熱意に賭けることにしました。
ただし、誰もが納得するデキであれば採用、そうでなければ今のままで進める、という条件で。

このように書くと、彼がワガママを言っているかのように思われるかもしれませんが、そうとも言いきれません。
というのは、今回のレコの進め方に僕自身反省すべき点があったと、気づかされたからです。
完成を焦るあまり、進め方が性急になってはいなかったか?みんなに無理を強いてはいなかったか?
ある意味、ピロ君はその犠牲者だったんではないだろうか?
そう考えると、とたんに申し訳ない気持ちになりました。
それどころか、「もう一度チャレンジしたいのは、fujiさんの曲が好きだから、いい作品にしたいからなんだ!」とアツく語ってくれるのはとてもありがたいことなんじゃないか。そう思うようになったのです。

いずれにしても大きな回り道になることは間違いありません。
これがただの回り道になるのか。
それとも大きなターニングポイントになるのか―
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-28 23:38 | 音楽・音楽活動

Vaioのある生活

先日購入した新しいパソコンへのデータ移行をようやく済ませて、やっと使い始めました。
NEWマシンは「Sony Vaio typeM」。一体型デスクトップタイプで、キーボードをパタンと折りたためるスタイリッシュな省スペースモデルです。
c0057845_0174841.jpgc0057845_0184533.jpg

僕は動画編集だとか3Dゲームだとかヘヴィな使い方をするわけじゃないし、ましてやテレビとか余計なものはいりません。なるべくシンプルでいて必要充分なスペックを備え、なおかつ「いかにもパソコン」という印象を与えないデザイン、というのが買い換えにあたっての希望でした。

最初はネット販売のBTOでの購入を考えていたのですが、必要なものを追加したり、もの足りないスペックを増強したりすると、結局普通にお店で買うのと変わらない価格になってしまうもの。それに無機質なデザインのものが多く、う~ん、どうしたもんかなあ、と思いつつブラッと立ち寄ったパソコン店でたまたま見かけたのがこのVaio。

1.必要充分、過不足のない機能・スペック
 まさに僕が希望していた水準を満たし、なおかつ過剰ではない機能・スペック。
2.リーズナブルな価格
 この機能・スペックにして、なおかつVaioでこの価格はお買い得感があります。
そしてなにより決め手は
3.デザインがカッコいい!
c0057845_019113.jpg いかにもパソコンパソコンしてないスタイリッシュなデザイン!お店でみたときに一目ぼれしてしまいました。僕はダイニングテーブルにパソコンを置いて使っているんですが、角がラウンドした白いテーブルに、白いラウンドボディのスタイリッシュなVaioがピッタリ!ブルーとグレイのイームズ・チェアがまたよく映えます^^(こういうこと書くと、またいろいろ言われるんだろうなあ笑)

ミーハーだとかなんとか言われてもいいんです!気に入ったものに囲まれた生活って気持ちも潤いますよね・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-27 23:58 | 日記

916 Live at Ginza TACT

今日は916のライヴ。前回のライヴから3ヶ月。従来は半年に1回ペースだったことからすると短い準備期間、さらに2ヵ月後にもライヴが控えているという状況で臨むライヴ。どことなくバンド内の空気というか雰囲気がいつもと違うように感じるのは気のせいでしょうか。

リハを終えて、本番までの空き時間にみんなで「銀ブラ」。カフェでお茶飲んだりサンドウィッチを食べたり。腹ごしらえも済ませて、さあ本番!

c0057845_1533293.jpg演奏スタートと同時にアクシデント発生。ベースのアンプからの音がやたらデカイ!あれ?リハのときと同じセッティングのはずなのに。なんで?それとも間違えた?あれあれ??
あわててアンプのボリュームを下げて演奏したものの、その間、演奏に穴をあけてしまいました。そして出音はどうなっているんだろうか?気になってしかたがなくて演奏に集中できません。
早く平常心を取り戻さなければ。

2曲目、MC、3曲目4曲目・・・ステージは進んでいきますが、1曲目からテンション高かった前回ライヴとは明らかに違う客席の雰囲気。ハコの雰囲気なのか、演奏のせいなのか?
メンバー紹介の曲あたりからようやく盛り上がりを見せ始め、ラスト2曲は結構盛り上がって楽しんでステージを終えることができました。

まだ録音を聴いていないので演奏自体についてはなんとも言えませんが、実感としては非常に反省点の多いライヴだったように感じました。
一番感じたのは、いつもとちょっと違う客席の雰囲気に飲まれてしまっていたこと。前回はスタンディング、前々回はMusica de hevoとの合同イヴェントでヘヴォのメンバーが盛り上げてくれたり、といったように客席の雰囲気が盛り上がりやすい要素がありましたが、これは外的要因。むしろ問題は、メンバー全員が、準備万端、気力も充実させてステージに臨めたのかどうか。そういったものが客席に伝わって客席の反応、雰囲気が変わるんじゃないか、と思うのです。
個人的に悔しかったことは、最初のアクシデントの精神的影響を2曲目くらいまで引きずってしまったこと。ライヴである以上、この手のアクシデントはつきもの。それをすぐに気持ちを切り替えられないようではまだまだだなあ、と反省。(今考えると、本番のときになってダイレクトボックスを交換されたのが原因ではないかと思われますが・・・)

一方で、今回はちょこっとMCをやってみたり、いつもより多くしゃべったのは楽しかったですね。Sweet triangleで司会をやったのが生かせたのかも^^
今後もこんな感じでしゃべりでも楽しめるようにしたいですね。

まあ色々ありましたが、大事なのはキチンと今回の総括をして、次回につなげること。さあ、次は11月のSweet triangle。頑張りましょう!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-23 23:59 | ライヴ

我が愛すべき盟友へ

10日間の半分以上をレコ(ていうか毎日飲み)に費やした褒章休暇が明けて仕事復帰。
は~、久しぶりの会社はやっぱ疲れるねぇ・・・
まあでも、みんなの協力もあってレコもかなり進んだし、今は23日の916ライヴにむけて、100%集中していかなければ・・
今日も最終電車のシートに腰をおろして916のリハ録を聴こうとしたところで、ケータイに一通のメールが。

内容は予測していたものだった。そしてそれは、今の僕の気持ちをとてつもなく重くさせる内容だった。
言いたいことは山ほどあるし、その一端は先日電話で話しもした。正直なところ、勘弁してくれ、という気持ちにもなる。
だが、彼の気持ちも痛いほどわかる。そしてなにより彼は、僕がつらく苦しい時期も支えになってくれた愛すべき盟友だ。そんな彼の気持ちを汲んであげたい、とも思う。
だが、今そうするには少なからず代償が必要となる。僕だけでなく、何人もの人たちにも影響が及ぶ。そしてそこまでしても良い結果を生むという保証もない。
でも・・・

そんなこんなを考えると、今の僕には何が正解なのかはわからない。
というより、考えられない。
とにかく今は、916のライヴに気持ちを集中したいんです・・・
答えはそれからでもいいですか。。。
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-21 23:59 | 日記

ロングヴァケーションの終わり

10日間の休暇もいよいよ最終日。今日もレコです。

本日の出番はギター、そしてホーン隊のみなさん。僕は昼前からいつもの代々木ゲートウェイスタジオに入ってスタンバイ。程なくギターのうえキングさん登場。
今日のメニューは前回録った「三羽の鳥」の部分的録り直し、そして「夢で逢いましょう」「FLY」。
「三羽~」のイントロの冒頭部分がガットギターの「ポロ~ン」というやつなのですが、これがなかなか大変。ほかの楽器の音がないのでちょっとでもビビると目立っちゃうんですね。リハやライヴでは気にならないレヴェルでも、レコとなるとそうはいかないので大変です。
「三羽~」で結構時間がかかったので「夢~」「FLY」は結構駆け足になってしまいましたがなんとか終了。ソロは後日ということで。お疲れ様でした~!

お次はホーン隊。工藤のアニキ(トランペット)、カミ(サックス)、かなえちゃん(フルート、トロンボーン)の登場です。
今回ホーンセクションがある曲は「FLY」「女の港」の2曲。僕が自慢してもしょうがないのですが、このホーン隊はみなさんウマイ方々ばかりなので任せて安心。なのですが、こうしてレコーディングしてみると、音の長さとか音程とかが微妙に合わないこともしばしばあって、ここでもレコのムズカシさを再認識。まあリハの段階でそこまでこだわりきれていないんだ、と言われてしまえばそれまでですが。僕もまだまだ修行が足りんです・・・
それでもホーン隊は他のパートに比べて切れ目が多いこともあり、サクサク順調に終了。
そして次はソロパート。まずはかなえちゃんの出番。「三羽~」「FLY」のフルートです。「三羽~」はギターやヴォーカルとユニゾンになるところがあるので、音の長さや音程に注意しつつクリア。「FLY」のソロはちょっとフレーズがまとまらないらしく、いったん休憩。その間に工藤のアニキのソロを録ることに。
工藤さんの出番は「夢~」。ミュートで渋いソロをお願いしました。3テイクくらい録って、最後は僕が気に入ったテイクを採用。さすがアニキ、渋いソロをキメてくれました。
そしてかなえちゃん再登場。僕がもともとデモ音源に入れていたソロのフレーズをフェイクしたようですが、一部に原型を残すのみで、あとは泉のごとく湧き上がるフレーズの洪水!これまた素晴らしいソロをキメてくれました。
ここでタイムアップ。カミのソロは後日のお楽しみ(笑)となりました。みなさんお疲れ様でした~!
そして途中で差し入れ持って来てくれたヒロ、ありがとうねー!

終了後はお約束の「反省会」。
ハ~、この10日間の休暇で代々木にきたのが6日。つーか結局10日間毎日飲んでましたー(爆)
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-19 23:59 | 音楽・音楽活動

ゲネプロ→9/23

本日は916。23日ライヴに向けて最後のリハです。
まず気になるところを確認、反復練習して、最後にゲネプロ。もちろん本番同様に飛びました(笑)。どの曲で飛ぶかは見てのお楽しみということで^^

今回はコーラスをとる曲が多いので、実はそれが結構プレッシャーになってますね。今まではちゃんと女性コーラスさんがいたので、僕はたまにできるところだけコーラスをいれる、いわば第二コーラスというかシャドーストライカーならぬシャドーコーラスというか。要は前面に出ないで出来るところだけやってニコニコする、というオイシイとこ取りをしてたわけですが、今回はそうはいきません。でもこれもひとつのチャレンジだし、うまくいけば今後バンドの音が広がっていくと思って頑張ってます。ていうかやっぱり目立てるしね^^

そして終了後には、9月16日の「916結成記念日」を祝して916お誕生日会が行われました。
ハッピーバースデイto916!
普段は真剣に音楽の話ばかりしている916ですが、今日はめでたい日ということで無礼講!楽しくて、そしてちょっぴりオゲフィンな話で盛り上がりましたー。
来年のお誕生日会のときには、もっとカッコいいバンドになっているように、頑張りましょうね~
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-18 23:59 | 音楽・音楽活動

空と海とビールと・・・

c0057845_102148.jpgレコの合間を縫って、15日の夜から17日まで小旅行に行ってきました。
本当は沖縄とかに行きたかったんですが、直前になって決まったため手配が間に合わずボツ。
んで、海と温泉があって魚がおいしくて、なおかつ東京から見て南の方、ということで伊豆に行ってまいりました。

初日は夜に伊豆熱川のホテルに到着。ホテルは海岸線からちょっと離れた高台に建っていて、部屋も露天風呂もオーシャンビューの絶好のロケーション!嗚呼、絶景かな
さっそく夜の太平洋を眺めながら露天風呂を堪能。そしてビールと焼酎でカンパーイ!

二日目はあいにくの曇り空で風も強く、泳ぐにはちとキツイ。ということですこしノンビリして温泉三昧。そしてレンタカーで観光に。下田の水中公園に行ってイルカちゃんと戯れてきました。イルカちゃんちょーカワイイ!
そして夕食はこれでもか、というほどの魚介のオンパレード。刺身の三点盛りはほんの手始めで、ボイルした伊勢海老のサラダ、金目鯛の舟盛り、伊勢海老のお造り、そしてアワビの踊り焼き・・・アワビかわいそうだけどウマー
これではビールや焼酎を飲まざるを得ません。ということでカンパーイ!

そして三日目は前日と一転して雲ひとつない快晴!真夏のような日差しで気温も上昇。さあ、海に行くぞー!
ホテルをチェックアウトして、目指すは伊豆白浜海岸。前日、下田に行く時に海がキレイそうだとチェックしておいたところです。

c0057845_1034546.jpgその期待通り、今日の白浜海岸はまさに、「青い空、白い砂浜、紺碧の海」という形容がピッタリ!特にまるで沖縄の海みたいなエメラルドグリーン&コバルトブルーの海には一同大喜び!
雲ひとつない青空のもとで太陽の日差しを浴びて、さわやかな潮風に吹かれつつ、キレイな海を眺めながら飲むエビス・・・ちょっとどころではない、大変贅沢な過ごし方ではないでしょうか。

c0057845_104118.jpg帰りは伊豆高原駅で「伊豆の地ビール」と「金目鯛の葉巻き寿司弁当」を買い込み、車内で最後のカンパーイ!
結局今回も飲んでばかりの旅行でしたー。軽く、いやかなりヤバイですー
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-17 23:24 | 日記

レコの合間の一日

今日は少し寝坊してトーストとベーコンエッグとキュウリをテキトーに切ったサラダのカンタンブランチを食べて、昨日までの録音のラフミックスをしてたらあっという間に時間がたってしまった。
予定ではパソコンのデータ移行をしたりベースの練習をしたりするはずだったのだが・・・。
てか、休暇に入ってから毎日飲んでるよな。。。軽く(かなり)ヤバイ

レコ週間の合間を縫って、これから小旅行に行ってきます~
あ~、今日も飲んじゃいそう(爆
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-15 17:09 | 日記

レコ週間第4日 歌姫揃い踏み

怒涛のレコ週間第4日、今日の出番はヴォーカルのしょうこ。コーラスの録り直しに備えてくみちょおもスタンバイ。
「オキナワ時間」でゆったりとした時の流れの中で過ごすしょうこ嬢(オキナワ久米島出身です)は、そのおかげ(?)でリハ遅刻は日常茶飯事。
しかし今日は事前に「遅刻すんなよ!」「寝坊すんなよ!」と念を押しておいたことも奏効して、昨夜最終便で沖縄の実家から帰ってきたにもかかわらずちゃんと起きてきたはいいが、なんと途中電車のトラブルで結局1時間遅刻(爆)やっぱ遅刻しないとしょうこじゃないよな(笑

さあ、気を取り直してレコ開始!
しょうこといえば伸びやかでパンチのある歌唱が持ち味。ファーストステージで録音した「Everyday」などではその持ち味が遺憾なく発揮されました。しかし、今回の曲は勢いよく大声張り上げて、という感じではなく、それなりに力加減とか表現力とかが必要になってきます。実際リハのときには結構しょうこも苦労していたようです。僕としても、しょうこの良さをなんとか曲に生かしたいのですが・・・

c0057845_14314766.jpg「三羽の鳥」「FLY」「女の港」と録音を進めていきました。
が、前回もそうだったんですが、レコになるとどうもコントロール重視になってしまうしょうこちゃん。やはり今回の曲調について、しょうこなりに考え過ぎてしまっている様子。
なので、「しょうこらしく、自分の歌いたいように伸び伸びと歌ってくれ」「もっと元気だしていいんだよ」と声をかけました。
すると、見違えるように歌が変わりました。盛り上がるところでは伸びやかに、なおかつ抑えるところではしっとりと。
特にベストテイクは「FLY」。シュガービートのライヴで見せる魅力とはまたちょっと違うしょうこの魅力を詰め込むことができたんじゃないでしょうか。

最後には「夢で逢いましょう」のコーラス。くみちょおに何度かダメ出しを喰らいつつもOK。人の歌にコーラスをつけるというのも、しょうこにとってはいつもとすこし違うチャレンジになったんではないでしょうか。
で、今日録音したしょうこの歌に合わせて、くみちょおのコーラスも若干録り直し。
お疲れ様でした~!

c0057845_14321018.jpgさて、終了後は恒例「反省会」。日曜日には開いていないお店も多い代々木ですが、平日だとそんなお店にも行かれます。今日は焼鳥商会の近くに欧州ビールを飲ませてくれる「欧風居酒屋TANNE」を発見!ビールも料理もウマー
歌姫たちの歌声をレコーディングしたあとはウマいビールとソーセージ。大満足でございます^^
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-14 23:36 | 音楽・音楽活動