カテゴリ:考察( 10 )

フットボール文化と女子サポの露出度に関する一考察

決勝ラウンドに入りますます熱戦が続くW杯。優勝候補の大本命、ブラジルとアルゼンチンが破れ、ベスト4は欧州勢が占拠。やはり欧州開催は欧州のための大会なのか。ひそかに注目していたポルトガル、もしかするともしかするかも・・・
ま、優勝国の予想などは専門家に任せておくとして。

熱いピッチ上の戦いに華を添えるのがスタンドを彩る各国女性サポーターの露出度。「メディアへの露出」という意味ではなく、文字通り男性諸氏がお好きな方の露出度です、ハイ。
高校野球の中継で毎試合必ずNHKカメラがキャッチする「スタンドのカワイ子ちゃん」のようにTV中継で毎回映されるわけではありませんが、ヤフーのW杯コーナーのフォトギャラリーでピッチ上の熱戦の様子やスタンドを彩るサポーターたちの百花繚乱ぶりを楽しむことができます。
南米やフランス、イタリアとかのラテン系はもちろん、イングランドやドイツの女性サポも負けず劣らず思い思いのセクシーな装いで自国選手に声援を送り、世界最大のスポーツの祭典を楽しんでいるようです。
ていうか、カメラマンの方もお好きなんですね、やっぱり。

一方、我らがサムライ・ブルーの女子サポはというと、「右へ習え、横並び文化」のお国柄を反映してか、ほとんどが公式ユニフォーム姿。フェイスペイントやヅラで装うイロモノ系はいても、高露出度セクシー系はあまり見ません。
フツーに街を歩けばいくらでも高露出度女子は見かけるのに、これはいったいどうしたことか?

スポーツの応援というとどうしても野球や運動会の一糸乱れぬ応援スタイルが身に染みついているというか、そもそも農耕民族の日本人のDNAに刷り込まれているんでしょうか。
サッカー観戦の楽しみ方、お祭りの楽しみ方において、「こうあるべきだ」「こうじゃなくちゃいけない」「みんなと違うと恥ずかしい」という意識が強いんじゃないでしょうか。ま、サッカー観戦に限ったことではありませんが。
これは国民性とともに、フットボール文化の歴史の深浅があらわれている、と言えるかもしれません。
つまり、サッカーの歴史・浸透度と、代表チームの強さと、女子サポの露出度は正比例する、と。

いつの日か、サッカーが本当に日本の国民的娯楽となり、サラリーマンのおとーさんたちの挨拶が「昨日の巨人はダメだね~」から「レッズ強いね~」になるくらい浸透したころには、きっとスタジアムを「日の丸ビキニ」や「ヘソ出しサムライブルー」の女子サポたちが彩るようになり、そのときこそ、日本代表がワールドカップの決勝トーナメントで活躍できるのではないでしょうか。

というわけで、頑張れ!日本代表!
頑張れ!ニッポン女子サポ!
[PR]
by masafuji1970 | 2006-07-02 21:17 | 考察

「寄りかかる女と断れない男」に関する一考察

どうでもいいことを真面目に考察する「一考察」シリーズ。
「Fujiさんてそんなこと考えてんの?!(゚д゚)ハァ?」という声にも負けず久々の登場。
今回のテーマは、電車の中でよく見かける、隣の人に寄りかかって居眠りしている女性について。
男もたまにみかけるが、傾向として女性のほうが多いようだ。

これに関して私はふたつの疑問を提示したい。
1.なぜ、女性のほうが多い(と感じる)のか?
2.彼女たちは無意識なのか?意識的なのか?

これについては、まず体力的な問題が考えられる。背もたれ以外に体を支持するものがないベンチシートで姿勢を保持する体力、平衡感覚において、男女差はやはり無視できないだろう。

では、彼女たちは無意識なのか?意識的なのか?
「眠っているのだから無意識に決まっている」という指摘があるだろう。その指摘はきわめて妥当だ。・・・「完全に眠っている」のであれば。
思い起こしてほしい。電車内での居眠りは浅い眠りであり、たびたび目が覚めることがあることを。そして居眠りをしているフリを装っている、という疑惑も排除できないということを。
このように考えると、「意識しているか、していないか」ということはさして重要な問題ではない。むしろ、「よりかかる」という行為、もしくはそのようになる可能性が高い状況に置かれることがなぜ平気なのか?という観点で考察しなければならない。

この点に関して、私は電車内でよく居眠りをするという女性からある証言を得た。すなわち
「まっすぐ座って居眠りするのは疲れるから、端っこに座れないときは隣の人によりかかっちゃう
・・・この証言そのものはかなり極端な例ではあると思うが、それだけに非常に示唆に富んでいる。この証言から読み取れることは、まず「隣の人によりかかるという行為に、あまり抵抗がない」ということ。もっと言えば「隣の人を『人』ではなく、『壁』くらいに思っている」ということだ。

このような発想は、男性ではまず考えられない。
なぜか。
古来根源的に「男性」は「家族を養う性」であり、「女性」は「養われる性」だからだ(誤解を招く表現かもしれないが、あくまでも歴史的・一般的な傾向をあらわす端的表現としてご理解をいただきたい)。
つまり「女性」にとっては「寄りかかる」という行為は本質的に自然なことなのだ。自尊心、体面といった「武士道」を重んじる「男性」とは反対に。

だがここで、「男に『武士道』の精神があるように、女性にも『恥』の文化があるはずではないか」という反論があるかもしれない。
たしかに、日本女性には「恥の文化」がある。いや、「あった」というべきか。
積極的な社会進出、晩婚化、露出度の高い服装、電車内での化粧直し・・・これらのキーワードは「恥の文化」から開放されつつある現代女性を象徴している、と言える。
しかし一方で、旧来の「男女の仕切り」はいまだ主流であり続けている。多くの家庭では夫が働き妻が家庭を守っているし、デートやパーティでは男性が女性をリードすることが好ましいと一般的には思われている。

このように、旧来の価値観から開放されつつもまだ完全に自立しきってはいない、しかし確実に変貌しつつある途上の段階。それが現代「女性」なのではないか。
「恥からの開放」と「寄りかかり」を同時に体現している居眠り女性の姿は、まさにその象徴なのだ。

さらにここで、男性の側についても指摘しなければならない。つまり、女性に寄りかかられている男性についてだ。
このような場合、男性が迷惑そうに女性を振り払おうとするのを見るのはきわめて稀だ。ほとんどの場合、女性がもたれかかるに任せている。
なぜなのか。
「そりゃスケベだからに決まってんでしょ!」という指摘があるかもしれない。
正直なところ、私も男性のひとりとして、これはまったく否定できない(苦笑)。
もし好みのタイプのうら若き女性が自分の肩にもたれかかりスヤスヤと居眠りしていたら・・・多くの男性諸氏は悪い気分ではないだろう。なかには「この子が目を覚ますまで送り届けるのだ」などと、甚だ押しつけがましい「騎士道精神」を発揮する男性もいるのではないか。
このような男性の姿は、一見「女王を守るナイト」―女性は守るべき弱いもの、そして男はそのために身を呈する、という旧来の価値観―を体現しているようにも見える。
だが、本当にそうだろうか?「女性」が変貌しつつあるように、「男性」もまた変貌しているはずだ。
実のところ、女性に肩を貸している男性は、残念ながら勇敢なナイトでもなければ誇り高きサムライでもない。
現代において強くなった女性に押されて元気のない男性・・・「断れない男」そのものではないか。

「男性の肩によりかかって眠る女性」・・・電車の中で見かける一見「美しき光景」は、まさに現代における男女のあり方の変質を象徴する事象であったのだ。


これはもちろん「このような傾向がある」という話であって、すべての女性男性がそうだと言っているわけではない。
獲物を見つけて積極的に寄りかかる女性もいるだろうし、それを勇敢に振り払う硬派銀次郎もいるだろう。「恥」を恐れて必死に睡魔と戦う女性もいるだろうし、自分から擦り寄る男性もいるだろう。
あなたはどうだろうか。

え、私?
・・・よかったら隣に座ってみませんか? フフ・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2006-04-19 23:31 | 考察

フィルタリング・・・情報の取捨選択は誰が決めるのか

僕の会社では「インターネットアクセス制限実施中!」と称してフィルタリングが導入されており、いわゆる有害サイト等、業務に必要ないと思われるサイトをうっかり閲覧しようとすると
「入力したアドレスは間違っていませんか? 業務に関係ないページではありませんか?」
と親切に教えてくれる。

ご親切なのはいいが、まったくもって大きなお世話だ。
業務に必要かどうかなんてオマエラが決めることじゃないだろ!
と言いたくなるのだが、かつて2ちゃんねるの当社の板がかなり盛り上がった(?)ことがきっかけになったらしい。

どんなサイトがフィルタリングの対象になっているかはもちろん教えてもらえないのだが、僕が勤務時間外に実験した範囲において判明したのは以下のとおりだ。

1.掲示板
「2ちゃん対策」なのだから当然だろう。
かつては昼休みに916の掲示板に書き込むことが息抜きになってたこともあったが、おかげで見ることも書くこともできなくなってしまった。916広報部長としてはかなり痛かった。
実験したことはないが、おそらくチャットもだめだろう。

2.暴力的な表現を含むサイト
殺人とか自殺とか死体とかを扱うサイトはやはりだめなようだ。
しかし、そのわりには「北斗の拳」のサイトは見ることが出来る。矛盾していると思うのだが。

3.mixi
ミクシィもだめだった。この手のコミュニティサイトはすべてだめなのだろう。
おそらくは出会い系対策だと思われ(ミクシィは出会い系サイトではありません。念のため)。ネット上で知り合って、会ってみたら職場の上司と部下だった、なんて笑えない笑い話があったとかなかったとか。

4.エロサイト
もちろん僕自身はただの一度も見たことはない。あくまでも「同僚が実験した結果の伝聞」だということをお断りしておく。
ちなみにフィルタリング実施後、夕方~夜間のアクセス数がガクンと減ったとか(笑)

他にも色々あるのだろうが、なにぶん限られた時間での「実験」なので今のところ判明しているのはここまでだ。
ただ間違いなく言えるのは、一部の(多くの?)不心得者のおかげで、僕のように真面目に業務目的でインターネットを利用しようとする者まで不利益を蒙ってしまうということだ。
また、これらのサイトを一概に「有害」と決めつけることの有益性は甚だ疑問だ。
いまやあらゆる調べ物はほとんどネット頼り。辞書、用語、文例集、企業情報、取引先企業のHPから時刻表、お天気、電報、ビジネスホテル、ゴルフ場、宴会、コンパニオンの手配等々・・・「仕事」に関係あるのかどうか、グレーゾーンに属するものも多くある。
ときには「北斗の拳」のことも調べなければならないかもしれないし、ミクシィのコミュニティやマイミクさんから有益な情報が得られるかもしれない。

「2ちゃんねる」だって見方によっては、経営職・管理職が会社の実態や従業員の生の声を把握するためのこれ以上ないツールだと言えるし、また従業員にちょうどいい「ガス抜き」をさせることもできる。

要は「使い方」と「使う側のモラル」こそが問われているのだ。
だからこそ、フィルタリング実施後にアクセス数がガクンと減ったという事実を、我々は厳粛に受け止めるべきだろう。

ホラホラ、そこのアナタ!仕事サボッてこんなの見てると、そのうち肝心のエロサイトまで見られなくなっちゃうよ!(笑)
[PR]
by masafuji1970 | 2006-01-17 23:59 | 考察

気になる接客用語に関する一考察

「475円と、レシートのお返しになります。
ありがとうございましたー」

・・・レシート貸した覚えないんだけど。
それを言うなら「475円のお返しとレシートになります」でいいんじゃない?
レシートだけなら「レシートお渡し致します。」でいいでしょ。
なぜ「レシートのお返し」??


「おタバコのほうは、お吸いになりますか?」
・・・「タバコのほう」って他になに吸うっての?葉巻でも用意してるのかいな。
「コーヒーのほう、お持ちしてよろしいですか?」
・・・いや、コーヒーしか頼んでないんだけど。そのあと紅茶でも出てくるのかいな。
「ご注文のほうは以上でおそろいですか?」
・・・いやだから「ご注文のほう」って「ご注文」の他はなんだっつーの!


なーんか気になるんですよね。
今日も本屋で本買ったときに「レシートのお返し」をやられちゃいまして、よっぽど言ってやろうかと思いましたよ。
学生のころにレストランやコンビニでバイトしてましたけど、こんな言い方はしてなかったなあ。
いつからこんな言い方が始まったんでしょうね。

そういえば昔、喫茶店でコーラ頼んだら
「アイスとホットどちらになさいますか?」
[PR]
by masafuji1970 | 2005-11-05 23:30 | 考察

二匹目のどぜう・・・「クール・ビズ」の総括と「ウォーム・ビズ」の成否に関する一考察

「クール・ビズ」が終わったと思ったら今度は「ウォーム・ビズ」だとか。
暖房に頼らないで、重ね着で暖かくする、というコンセプトらしい。

c0057845_0151393.gifクール・ビズではコイズミさんやタケベさんとかがブルーやピンクのボタンダウンシャツを着たりして世のオトーサンたちにクール・ビズの着こなしを提案(?)していたようですが、どうも周囲を見る限りでは、ノーネクタイ自体は結構浸透したものの、誰もが積極的にクール・ビズを楽しむというところまではいかなかったようです。
そりゃそうですよね。普段着るものに気を使わない人が、クール・ビズだからといって突然オシャレになるってわけにはいかないですから。
そうはいってもクール・ビズそのものの浸透度・認知度はかなりのもので来年以降も定着しそうですし、おかげで紳士服の売上も好調だったとか。

c0057845_0173320.gifそして今度の「ウォーム・ビズ」。
男性サラリーマンのみがターゲットだったクール・ビズに対して、今度のウォーム・ビズ商戦では「オシャレに気を使う女性の購買力」に期待がかかっているんだとか。

ですが、「ネクタイをしなくていい」というクール・ビズのコンセプトに比べると、「重ね着」というウォーム・ビズのコンセプトはいかにも地味。
ていうか、今までも冬になれば重ね着したりしてるでしょ。
特に女性は冷え性の人が多いから、今も昔もオフィスではカーディガンとかひざ掛けはマストアイテム。
いまさら声高に「ウォーム・ビズ」ってどうなんでしょ?

クール・ビズが、当初の懐疑的な予想をはるかに超える社会的コンセンサスを得たのはなぜか?
その要因はなんといっても「ネクタイをはずす」というコンセプトの明快さとインパクトの強さ。
「今までやりたくてもできなかった」世のサラリーマンの潜在的ニーズと見事に合致したからであって、環境省がなんと言おうとも、僕らサラリーマンにとっては環境への配慮云々は単なる理由付け・大義名分に過ぎません。
先日の衆院選。頑なまでにネクタイをキチッと締めていかにも暑苦しそうな民主オカダさんに対して、クール・ビズで涼しげなコイズミさんたち自民幹部。票獲りパフォーマンス、イメージ戦略としても秀逸でしたね。国民の支持を得たのは郵政民営化ではなくてクール・ビズだといってもいいくらいです。コイケ女史は自民大勝の陰のMVPでしょう。

これに対して「重ね着」という別に目新しくもなんともないコンセプトのウォーム・ビズは、一部のオシャレさんを除いてはたいして話題にもならずに終わっちゃいそうですねえ。

もっとも、僕はクール・ビズの時も当初は「絶対に定着しませんね」と断言してましたから、僕の説はアテにはなりませんが(笑

ただこれは間違いない。
人々に訴えかけるには、インパクトとわかりやすさが一番ですね。なにごとも。
[PR]
by masafuji1970 | 2005-10-13 23:59 | 考察

言語による表現法の違いに関する一考察

よくテレビとかで、外国の人、特に女性にインタヴューしたときの日本語訳あるじゃないですか。あれってよく語尾が「~だわ」とか「~よ」なんて訳されてますよね。例えば試合後のシャラポワの場合。
「今日のゲームはタフだった
「ウィンブルドンの観客は最高

・・・本当にそう言ってるのか?英語で。
本当は「~タフでした」「~最高ですよ」って言ってるんじゃないの?

まあシャラポワみたいな有名人とか、女優・歌手とかがそう言うんだったらまだわかりますよ。
でも、フツーの一般人でもやっぱり「~だわ」とか「~よ」とか言っている。
「電車が衝突した瞬間、ものすごい音がした
「やっぱりイチローは最高!」てな具合に。
しかもこれが字幕じゃなくて吹き替えの声優さんのステキなお声で言われてしまうとさらに違和感倍増。

しかも女性だけでなく、男でも
「今日のマツイはグレイトだった」ときた。「ぜ」??

英語における敬語的表現はたしか学校で習いましたね。「May I help you?」とかそうでしたっけ?じゃあ逆に
「だわ」「よ」「ぜ」みたいなのはどうやって表現してるんでしょうか?勉強家の僕はライトハウス和英辞典で「だわ」とか「ぜ」とか引いてみましたが載ってませんでした。
それとも訳者の意訳なんでしょうか?

どなたか外国語に堪能な方、特に翻訳の仕事の経験がある方などいらっしゃいましたら、教えてほしい
よろしく頼む
[PR]
by masafuji1970 | 2005-07-14 23:46 | 考察

「七夕」・・・伝統的風習にみる、人間の欲望に関する一考察

c0057845_0524545.jpg今、職場の入り口のまん前にひときわ目立つ七夕かざり。
地元の「七夕祭り」に協賛して、毎年飾っているんだそうです。
商店会に協賛金を払うと飾り竹と各種飾り、そして短冊が配られます。この短冊にお願い事を書いて飾り付けるわけです。

遊び半分とは言いながらみなさんここぞとばかりに色々書いています。
「業績繁栄」「安全無事故」
というカタいものから
「みんな健康で」「元気に、仲良く」「宝くじが当たりますように」
といったよくあるお願い事、
「ダイエット成功!」「美肌になりますように!」
とこれまた定番のお願い事、
「早く酒が飲めるようになりますように」
ドクターストップがかかっている人の切実な願い、はたまた
「今年の夏はダーリンと楽しく過ごせますように」
・・・是非そうなるといいですね、と心から応援したくなるようなものまで人それぞれ。

それにつけても人の欲望とは果てなきものかな(詠嘆)

一番多いのはやはり健康に関するお願い事。なにはなくとも健康第一ですね。

え?僕は何を書いたかって?

・・・それはヒ・ミ・ツ! エヘッ
[PR]
by masafuji1970 | 2005-07-07 23:50 | 考察

続・夏期の軽装に関する一考察

絶対に定着しないだろう、と思われたクールビズですが、意外にも世間に浸透しはじめているようです。
そしてついに、僕の勤務する会社でも今週から「室温28℃の設定と軽装の励行」が全社的な取り組みとして実施となりました。やったー!
考えてみれば、暑い夏には涼しいカッコをしたい、というのは老若男女問わず同じはず。という個人レヴェルの潜在的欲求に加えて、今回は政府レヴェルの取り組みもかなり本腰入っているようで、民間企業への働きかけもかなりのものがあったようです。
当社の場合も、厚生労働省の呼びかけに応じる、という形で、いきなり先週正規文書がまわってきて、今週からの実施と相成ったわけです。

ということで僕もさっそく「クールビズ・スタイル」で出勤。今日はドゥエ・ボットーニの長袖シャツにノーネクタイ。
いやー、ノーネクタイって気持ちいいよねえ!
以前も夏場の通勤時はネクタイをしてなくて、会社に着いてからネクタイを締めていたのですが、汗で首回りが濡れたシャツの上からネクタイを締めるときの気持ち悪さといったらもう~~!
スーツにネクタイの着こなしは好きなんですが、でも本来ファッションってTPOが大事じゃないですか。やっぱり季節に応じたスタイルってものがあるわけですよ。特に四季がハッキリしている日本においては。
ていうか、やっぱり暑さには勝てません!暑けりゃ汗かくんだもん。だって人間だもん。しょうがないじゃん!
ネクタイとは関係ないOLさんのみなさんも、通勤電車とかで首のまわりを汗でグッショリ濡らしたサラリーマンを見て、あー、暑苦しい~!うぜ~!近寄るんじゃねえよ~!って思うでしょ?

それにしても、まわりを見渡すといかにも「ただネクタイはずしました」みたいなカッコの人が結構多いですね・・・。意外とタイドアップよりもノーネクタイの方が着こなしが難しいのかもしれませんね。

なにはともあれ、クールビズで気分爽快!仕事もはかどるはかどる!
・・・と思いきや、あらためて気づいたんですが
「28℃」はアツい!
エアコンかかってるはずなのに、なんかこうジトッとするしムシッとするし、うしろの次長はしきりに「あついあつい」の連発だし・・・
きっとあと何日かしたら「27℃」になり「26℃」になり、結局元通りになっちゃうんでしょうねえ。
[PR]
by masafuji1970 | 2005-06-28 23:15 | 考察

クール・ビズ・・・夏期の軽装に関する一考察

今日から僕もようやく夏物スーツに衣替え。当然のことながら着心地が全然軽くて、気分も軽やかになります。

ところで例のクール・ビズ。コイズミさんはじめエラい先生方が熱心にアッピールしてますけど、ホントに定着するんですかねー。

僕としては、是非とも定着してもらいたい。声を大にして言いたい。
定着してくれ、クール・ビズ!!

女の人や、普段スーツを着ない人には実感がわかないでしょうが、じっとしていても汗が吹き出てくるような真夏のクソ暑い日にシャツのボタンを上まで留めておまけにネクタイまで締めて、上着を手にして歩く苦痛といったらもう・・・
ああ、考えただけでめまいが・・・
そもそも、寒いイギリスで生まれたスーツスタイルが温暖湿潤気候の日本にあうわけがないんですよ。
よそから輸入した文化をうまく加工して取り入れる柔軟性は世界でも類を見ない日本の特長のはずでしたが・・・

僕の予想(というより大方の予想)では、クール・ビズはこのままいけば一過性の騒ぎで終わってしまうでしょうね。「ああ、そういやそんなのあったっけ」って感じで、かつての「省エネルック」のようにあっという間に忘れ去られてしまうでしょう(省エネルックは羽田孜が「復活」させましたが)。

やっぱりねえ、クール・ビズの「ススメ」じゃなくて、なんらかの強制力がないと、このテのものは定着しませんよ。
というより、多くの人は実行にすら移せませんよ。

だって考えてみて下さいよ。上司がネクタイ締めてんのに、部下が涼しげにクール・ビズ!
ってわけにいかないでしょ?
取引先の部長さんがネクタイに上着着用して汗拭いてるっていうのに、営業マンが涼しげにクール・ビズ!ってわけにいかないでしょ?
それを言ったら日本で一番エラいコイズミさんが率先してクール・ビズしてるじゃないか、と言われるかもしれませんが、あの人達は自分が言い出しっぺなんだから当たり前。
世間全体が、環境とかエネルギーとかの問題意識が浸透して、夏にネクタイを締めていると良識が疑われる、という風潮になって、さらに各企業の社長さんたちがみんなクール・ビズで会社に来て、従業員にもクール・ビズをすすめる(=強制する)、というところまでいって、初めて我々下々の民草が安心してクール・ビズで仕事ができるようになると思うんですけど。

そうなるためには、やはりなんらかの強制力が必要だと。つまり「法律」で決めちゃう。
例えば、ネクタイを締めていないことを理由に職場で嫌がらせをしたり、ネクタイ着用の有無で業者の選別を判断したり、といったことは「ネクタイ・ハラスメント」として刑罰の対象にするとか。
いやいや、これじゃ甘いね。ネクタイを着用すること自体を処罰の対象にしないと。
ネクタイ禁止法!各企業に抜き打ちで「ネクタイ監査」が入ったり、ネクタイを締めて歩いていると警官に呼び止められて職質を受けるとか。
そこまでしないと、絶対にクール・ビズなるものは定着しませんね。断言します。

僕は前々から言ってるんですが、「夏季においてはネクタイをしてはいけない」という法律を公約する候補者がいたら間違いなく投票します。ホントに。
誰か本気で考えてくれるセンセイはいませんかねえ?
[PR]
by masafuji1970 | 2005-06-06 23:58 | 考察

「手を振る女」の行動原理に関する一考察

よく見かける光景だが、女の子は友達に会うと手を振る。

手を振るのはわかる。

が。

目の前にいるのに、なんで手を振るんだ??

手を胸の前に置く、という独特のフォームで、しかも扇風機の最速モードのような速さで、手がちぎれんばかりに。

女の子はみんな視力が弱くて、近くにいても手を振らないと相手が認識できないからだろうか。

それとも、手を振ることが友情の表現なのだろうか。
たしかにキライなヤツに手を振ろうとは私も思わないから、それは理解できる。
が、だからといってたとえば久しぶりの友人に偶然出くわしたとしても
「おお、久しぶりじゃん」とかいいながら胸の前で手を小刻みに振ろうとは思わない。

結局は女性特有の行動パターンと理解するしかないのだろうが、誰かこの問題について研究した人はいないだろうか。
もしくはこんな論文が発表されている、等の情報があったら、是非教えてほしい。
[PR]
by masafuji1970 | 2005-06-03 23:59 | 考察