カテゴリ:ライヴ( 73 )

ミリオンシークレットライヴ of SOB(笑)でした

実は14日に南佳孝コピバン「South of the Border」(以下SOB)のライヴを立川クレイジージャムにてコソーリと敢行した。
昨年暮れのライヴではクレイジージャムを満員にした我らSOBであったが、急遽出演が決まったこと等の事情もあり、ほとんど告知もせずに臨んだため、観客よりも出演者の方が多いという有様(爆)。
つい3週間前の916ライヴとのあまりの落差に笑うしかなかったが、そこはアタマを切り換えて気楽に演奏を楽しむことにした。ここまで緊張しないライヴってのも珍しい(笑)

わりとノリがいい曲が多かった前回ライヴと打って変わって、今回はちょっと落ち着いたラテンフレイバー溢れるセット。リズムのムズカシさもさることながら雰囲気を出すのに四苦八苦していたのだが、直前になってパーカスが加わったことでだいぶ雰囲気が出るようになった(と思う)。
対バン同士で盛り上げあう温かい雰囲気の中(笑)楽しく気持ちよ~くプレイできた。
このクレイジージャムさんは音の良さ(出音も中音も)もさることながら雰囲気がとってもよくてホントに演奏しててキモチいい。
たとえお客さんは少なくとも、ライヴならではの高揚感、やっぱりキモチいいねー!!

さて、この日の対バンのブライアンズというバンド、というよりシンガーソングライター&サポートメンバーによるユニットがなかなか面白かった。
歌は完全にフォークなんだけど、バックのサウンドは結構ソウルフル。あとでご本人に聞いたら自分の意図ではなくこのメンバーでやったらこうなっちゃった、とのこと。いいねえ、そういうノリ(笑)

フォークだけあって歌詞は具体的なストーリーをおって歌い上げていく。会社のキャワイイあのコと実はブログでやりとりしてるサラリーマンの話とか、自分が住んでる町のこととか、田舎から東京へ勇んで出てきた男の半生とかを、飾り気のない言葉で、素朴にコミカルにノスタルジックにつづっていく。

驚いたことに、僕はいつのまにか身を乗り出して聴き入っていた。
歌の「続き」がとっても気になってしまうのだ。
曲が終わっても、その「続き」が聴きたくなってしまう。人のライヴを観てそんなふうに思うのはあまりないことだ。

終わった後、話を聞いた。
歌詞の内容について聞くと、内容は限りなく「ノンフィクション」であり、自身の実体験や友人知人の話等を、ほんの少しの誇張・脚色をちりばめつつひとつひとつのストーリーにまとめている、とのこと。
「歌詞が印象的で、続きが聴きたくなってしまいましたよ^^」と言うと、
「自分が感じたこともないことをキレイな言葉でオシャレにまとめたり言葉遊びを弄しても人には伝わらないと思う。だって、自分自身が感じてないんだから。
やっぱり自分自身の実体験や見たり聞いたり感じたことを、自分の言葉で歌うからこそ聴く人に伝わるんだと信じてやってるんですよ」
と、穏やかに、しかしアツく語ってくれた。

う~ん、やっぱりそうだよな!
僕の歌詞も、中には完全なフィクションもあるけども、基本的には自分の体験とか普段考えていること、感じていることを基に書いている。
けど、ときにはもっとストレートに表現してもいいのかな、と思ったりした。まあ、楽曲との兼ね合いもあるけどね。

こんな出会いがあるから音楽はやめられないんだね!

ところで、我がSOBの新ドラマーMさんはかなりのビーラーであることが判明。プライヴェートの名刺には自分の名前よりも大きく「Beer!」「Music!」と書いてあった(笑)
結局最後まで残ってビール飲んでたのはMさんと僕の二人。
うん、リズム隊の呼吸はバッチリだ!(笑)
別れの言葉はもちろん「今日はお疲れ様!また飲もうね~!
・・・って違うだろ!オイ!(^^;)
[PR]
by masafuji1970 | 2007-10-16 00:49 | ライヴ

916復活ライヴ終了!(取り急ぎ)

えー、みなさんこんにちは、こんばんは。しゃべりが長い(笑)Fujiでございます。
2年ぶりの916復活ライヴ@Sweet Triangle4、無事(?)終了致しました!

詳細についてはまたあらためて書きたいと思いますが、取り急ぎご報告まで。

大勢のお客様にお越しいただき、久しぶりのライヴをメンバー一同心から楽しむことができました。
僕らの楽しさが、客席のみなさんに少しでも伝わっていたとしたら、とてもうれしいです。

Special thanks to今回対バンとしてご一緒したMoonBlanket、musica de Hevo、主催者うめさん、ライヴハウスKABUTOさん、諸般の都合でご来場できず遠く応援してくださった友人知人ファン(笑)のみなさん、そして、温かい声援を送ってくださったご来場のお客様。

みなさんのおかげで、2年間が一瞬にしてゼロになりました。
本当にありがとうございました。

今後もボチボチと活動を続けてまいりますので、また応援よろしくお願い致します。
[PR]
by masafuji1970 | 2007-09-25 00:56 | ライヴ

【直前告知!】9月24日916ライヴなど

先日シュガービートさんのライヴを観に行ってきましたが、いつものパワフルで楽しいステージを堪能致しました。すでにバンドの根幹が確立されている感じで、メンバーが入れ替わってもまったくブレがないですね。お客さんもたくさん来て盛り上がってたし、ホントにすごいバンドです。

そんな刺激を受けつつ、来週僕らも久々のライヴを迎えます。
なんのライヴかって?もちろん、あの飲み仲間系バンド「916」の復活記念ライヴです~!

日時:9月24日(月、祝) 18:00開場、18:30スタート(3バンドの1番目)
場所:LiveHouse渋谷KABUTO
料金:2,000円(1ドリンク込み)

ご存知(?)UME氏主催のイヴェント「Sweet Triange 4」に出演します!
昨日は実質最後のリハでしたが、イイ感じに仕上がってきましたので本番が楽しみです。
「いや~、久しぶりのライヴでリハビリ兼ねてるんで、温かい目で見守ってほしいなあ~」なんて心では思っても口には出しません!エンターテインメントですから!!

そしてそして、もし間に合えば、ですが、我がRec-Pro(レコーディングプロジェクト)のCDをライヴ当日にお配りしちゃう!かもしれません!
といっても、7曲入りアルバムの完成はもう少し先になりそうなので、今回はアルバムの「ちょこっと紹介版」ということで2曲入りのCDを作成中です。
せっかくの「Sweet Triangle」ですので、これに乗らないテはない!ということで急遽、バタバタと準備しております(笑)

ということでいろいろ盛りだくさんの9月24日、是非是非よろしくお願いします~
[PR]
by masafuji1970 | 2007-09-17 11:26 | ライヴ

【お知らせ】916復活ライヴです~!!

いよいよ1ヶ月前となりましたので、お待ちかね(?)のライヴ告知です。

伝説の(?)飲み仲間系バンド「916」の復活記念ライヴです!

日時:9月24日(月、祝) 18:00開場、18:30スタート(3バンドの1番目)
場所:LiveHouse渋谷KABUTO
料金:2,000円(1ドリンク込み)

c0057845_355253.jpg約1年半の活動停止期間をはさんで2年弱ぶりの916ライヴです。
しかも今回はあのMusica de Hevoさん主催のイヴェント「Sweet Triangle 4」への出演です。
思えば2年前のラストライヴも「Sweet Triangle」でした・・・こんなステキな舞台に招待してくださったナイスな仲間、Musica de Hevoのみんなに感謝感謝です。

今回のセットリストは旧916時代の曲と新曲とが半々くらい。
さらにドラムには新メンバーを迎え、パワーアップした新生916をお見せします!
是非ご期待下さいませ!

もちろん、「本番より盛り上がる」と評判の打ち上げもありますので、皆様のお越しをメンバー一同心よりお待ちしております~!
[PR]
by masafuji1970 | 2007-08-25 03:09 | ライヴ

暑いときにアツいのもいいやね

梅雨に入り蒸し暑い日が続く今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
お久しぶりです。暑い日々でもいつでも涼しげなクールガイFujiです。

約1ヶ月ぶりの更新ですが、その間も916や南佳孝バンドのリハ、そしてレクプロのミックスダウンもコツコツとやっておりました。
そして916が復活したとたん、Musica de HEVOさんやSugarbeatさんといったナイスなバンドさんから対バンのお話をいただいたりしまして、ありがたいことだなあと感謝しきりでございます。
そんなわけで916復活ライヴは9月24日(祝)に決定しました!とプチ情報をサラッと披露しつつ、本日は916のライヴァルバンド、Sugarbeatのライヴ@渋谷カブトに行って参りました。

本来は5人いるはずのホーン隊が、今回は諸事情によりアルトサックスのみ。
それでもシュガビらしいファンキィなサウンドは健在。
確かにいつものド迫力は多少影を潜めるものの、パーカスも含めたリズム隊のグル~ヴは際立ちましたし、「ワタシだけで充分よ!」とばかりに存在感を示してくれたアルトサックスのアヤダルファーさんは、今回お休みしていたメンバーにジェラシーを感じさせるに充分すぎる活躍ぶりではなかったでしょうか。
リーダー石やんの衣装が地味だったのが少し気になりましたが(笑)、御大うえキングさんの「顔で弾く」プレイぶり(いつか自分もああいう域に達したいものです)は相変わらずシブかったですし、ヴォーカルしょうこのMCも今までよりはまあ多少は板についてきたかな、と思わなくもないくらいは成長しているようですし、とにかくここにいつものホーン隊が戻ってきたらどうなるだろう、と期待感を抱かせてくれた本日のステージでした。

大所帯ゆえに、毎回メンバー全員が揃うとは限らない中、それでもいつもちゃんと自分たちの音を出せる、一本芯の通ったバンドですね。
Sugarbeatの皆さん、いつも楽しくて刺激的なライヴをありがとうございます。
916のライヴも是非よろしくお願いしますね!!
[PR]
by masafuji1970 | 2007-06-30 23:43 | ライヴ

ズージャやってみたいんジャ!その2

はあぁ~~
(のっけからスミマセン)
今日は事務所で電話番するため日曜出勤しておりますが、昨夜の余韻が軽く残っております(酒は残ってません、一応)。

昨日は僕の音楽仲間(というより先輩方ですね!)のみなさんのジャズライヴのイヴェントに行ってきました。
僕は今までジャズというのはとおってきていないので詳しくないしもちろんプレイもできないんですが、それだけに純粋に「憧れ」みたいなものがあります。
いいなあ~ジャズ。カッコいいなあ~ジャズできるなんて。みたいな。

今回はあのSugarbeatのメンバーが2つにわかれて出演してました。シュガビ番外ジャズ編てとこでしょうか。
一組はB.石やん、Tsaxアキモさん(アキモトさんじゃありません)、P.えっこさん(えつこさんじゃありません)、にDとGを加えた5人のバンド。
いつものシュガビでの弾けっぷりを見慣れているせいか、みなさん急にオトナになったかのような錯覚に陥ってしまいましたが(笑)だいいち石やんの衣装がキンキラじゃないし(笑)
石やんがウッドベース弾くところを見るのはもちろん初めてですが、もう、ただただスゲェ~、カッコええ~、と見とれるばかりでした^^
もちろんアキモさんもえっこさんもステキでした。特にえっこさんは1曲ステキな歌声を披露してくださいまして、僕はますますえっこさんファンになりました(笑)

もう一組はG.うえキングさんとVo.しょうこのデュオ「KING&章子」。
ステージ前半はしょうこが選曲したらしいbirdの曲等を中心にやってましたが、石やんたちの「本格的ジャズ」の後だけに程よく和むステージでしたね^^
客席とステージとの距離感が短くて、互いに声が届いて掛け合いも楽しめるような雰囲気は、いつもの大音量ド迫力のライヴとはまた違う楽しさがありますね。
後半ではゲストでTsaxとGの二人が加わってジャジィなサウンドを披露してくださいました。特にギターのデュオが素晴らしかったです!
しょうこも、こうしたいつもと違うライヴやセッションに参加してどんどん芸域を広げているようです。僕も見習ってもっと身軽にいろんなところに顔出して幅を広げていかないとね。

そして本日のメインは、916やレクプロでご一緒させていただいておりますTpクドウさん率いる「マッタンジャズクインテット」。
クドウさんと他のメンバーさんは御歳が「若干」離れているようですが(笑)みなさん若いのにメチャクチャうまくて、はあぁ~スゲェ~カッコええ~、とこれまた感心しきり。
それよりなにより、いつもご一緒しているときはホーンセクションをやっていただいているクドウさんの本分を初めて拝聴致しまして、いやあ~僕はこんなスゴイ方と一緒にやらせていただいているのか、と感動すら覚えてしまいました(ちなみにクドウさんはレクプロでも超シブいソロをキメてくれてますので請うご期待!)。
それと、クドウさんはしゃべりもイケることが発覚しました!いつも飲んでるときは杯の空き具合もしゃべりも快調なクドウさんですが、ステージでも飲み会そのままに舌も滑らか(笑)
う~ん、見習わなくては(爆)

最後は希望者も交えてのセッションタイム。一緒に観ていたkami、やまけん、シュガビのドラマーにゃー君も参加してました。
そういえばkamiややまけんがジャズやるところ観るのは初めて。それににゃー君がジャズやってたとは知らなくて、それも堂に入った叩きっぷりでビックリ!
みんな普段それぞれのバンドでは違う音楽をやっていても、ジャズというルーツというかバックボーンをちゃんと持っているんですね。
みんなの奥深さを見せつけられたようで、ちょっと羨望のまなざし(笑)

こういう演奏を観て聴くと、楽器そのものが持っている魅力というものを再認識するとともに、バンドとはいってもそれ以前にひとりひとりがそれぞれに自分の音楽を表現するアーティストでなければいけないんだということを、あらためて思い知らされました。
普段歌モノのバンドに浸かりきっていて、ともすると自分は「歌とその伴奏」という全体の中の一部であるという感覚に慣れきってしまってはいないだろうか?自分を磨くことを怠っていないだろうか?と、考えさせられてしまいます。う~む。


今回は、みんなのいつもと違うカッコいいところを観て、純粋にステキだなあ、と楽しんだと同時に、自分があのカッコよくてしかも楽しそうな輪の中に入れないもどかしさというか悔しさも感じたりして。
とりあえずジャズの先生はいっぱいいるので(笑)みんなにご教授賜りながら今年中にはなんとかこういう機会に1曲でも参加できるようになりたいなあ、と密かに目標をたてたりなんかしちゃいました^^

もちろん、ジャズができるのがエラいとかそういうことじゃなくて、みんなはたまたま今までジャズをやってきたから、というだけであって、人によってはそれがハードロックだったりフュージョンだったりクラシックだったりするわけです。
だから僕は僕らしく自分の持っているものを深めていきつつ、さらに新しい領域を広げていきたいなあ、と思っております。

ちなみに今日の事務所のBGM(ゆうせん)はもちろん「スタンダード・ジャズ」です^^
[PR]
by masafuji1970 | 2007-03-25 11:58 | ライヴ

ライヴ写真追加

先日の南佳孝バンド「South of the border」ライヴの写真をもらったのでライヴ記事にあげました~。エヘヘ^^
[PR]
by masafuji1970 | 2006-12-23 01:01 | ライヴ

今年もライヴできました

今日は南佳孝バンドの初ライヴ。僕自身にとっては1年ぶりになるライヴです。

前回リハが1ヶ月前ということで、今日は会場入り前にリハを敢行。
当日リハは僕自身初めてなんですが、これがかなりよかった!おかげで本番前の不安も解消され、リラックスして本番に臨むことができました。おおげさじゃなく目からウロコ。

c0057845_057136.jpg今回の会場は立川クレイジージャムというライヴハウス。着席でキャパ30人程度の小さなハコです。
こういう小さなハコでやるのは初めてなんですが、細かいサウンドチェックなんてしないのに中音もよく、雰囲気もよくてとても快適でした。
当日リハと会場の雰囲気のおかげもあってメンバー全員リラックスして本番に臨むことができ、とても楽しく演奏できました!
このバンドはミクシィつながりで集まったバンドですが、会場を埋めたお客さんも大半がミクシィ関係のようで(笑)しかもだいたいみなさん70年代のポップスとか南佳孝とかそのテのコミュで集まってきてる人たちなので、ヘタなことできません(^^;)。
でもそのお客さんたちの反応がとても温かく、楽しんでもらえているようでした。しまいには後ろのバンドもあるのにアンコールがかかってしまい、おまけに「『○○』やれー!」とかリクエストまで飛び出して(笑)結局その曲をもう1回やって終了しました。

今回はメンバー各自のバンド関係とかセッション関係とかでベーシストの人が結構来ていてガクブルだったのですが(同業者に見られるというのは結構キンチョーするんです^^;)、終わったあとには同業者同士の交流もはかれてよかったよかった^^

ちなみに僕らのあとにやったサニーズというソウル系カヴァーバンドがうまくてカッコよかった~。このテのバンドには珍しくギターが女の子なんですがうまくてソロもカッコよく、デカいフルアコギターを抱えての立ち姿やもの珍しさもあって見入ってしまいました。また機会があったら観てみたいですね。


いやー、やっぱりライヴは楽しい!
ホントにひょんなことから加入したバンドで、しかも曲もロクに知らなかった南佳孝コピバンですが、やってみるとベーシスト的にやりがいのある曲のオンパレードだしなかなか楽しめました。
今年前半、レクプロでハマリきっていたころには「今年はライヴ無理かなぁ~」と半ば諦めていたことからすると、やってよかったとホントに思います。

これで僕の今年の音楽活動はほぼ終了となりますが、最後の最後をライヴで締めくくることができてよかったよかった^^

いやー、やっぱりライヴはいい!
[PR]
by masafuji1970 | 2006-12-17 23:59 | ライヴ

南佳孝コピバン初ライヴのお知らせです(決定)

以前に軽くお知らせしました噂の(笑)南佳孝コピバン初ライヴの詳細が決定しましたので、あらためてお知らせします!

日時:12月17日(日)
会場:立川「クレイジージャム」
会場URL:http://www.crazyjam.com/
開場:18:30
開演:19:00 (出演1バンド目)
チャージ:1,500円

バンド名は「SOUTH OF THE BORDER」。
「SOUTH」はもちろん「南」です(笑)
バンド名を決めるときに僕は「South Nice Hawks」という案を出したんですが却下されました・゜・(つД`)・゜・

トップバッターですので19時きっかりに始まります。また、お店もあまり広くないようですので、お早めのご来店をオススメします。
まあ、早くきて飲んじゃって下さい(笑)

今回のセットは佳曲ぞろいなので、南佳孝ファンならずとも楽しんでいただけるのではないかと思います。演奏次第ですが(爆)
なにしろ南佳孝のコピバンというのはかなり希少のようでして、すでに今の時点で国内屈指の佳孝コピーバンドという噂もある当バンド(笑)
よろしかったらのぞきにきてくださいね。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-11-09 01:32 | ライヴ

南佳孝コピバン初ライヴやります

南佳孝コピバンの初ライヴをやることになりましたので、お知らせします。

日時:12月17日(日) 
場所:立川クレイジージャム(JR立川駅より徒歩10分)

詳細はまたわかり次第お知らせします。
ご興味のある方はどうぞ、といっても普段から熱心に南佳孝を聴いている人はあんまりいないかもしれませんが(爆)、どれもいい曲ですよ。
70~80年代、そして今も日本のミュージックシーンを支える往年のツワモノたちの音をここに再現!・・・できるかどうかわかりませんが(^^;)頑張ります。

僕自身にとってはホント~に久々!約1年ぶりのライヴになるので、とーっても緊張しますが(笑)やっぱり人前で演奏するのは楽しみですね。
バンドとしてはまだまだ熟成中、というかぶどうを収穫して樽に放り込んだところ、といった感じですが、みんなで楽しめるように頑張ります。

南佳孝や70年代ポップスが好きな方、聴いたことないけど聴いてみたい人、雰囲気のいいお店で酒でも飲みながらFujiがベースを弾いているところを冷やかしてやろうという方、場所がちょっと遠いかもですが、どうぞ足をお運び下さいませ~♪
[PR]
by masafuji1970 | 2006-09-27 23:36 | ライヴ