カテゴリ:日記( 116 )

ちょっとした「再会」

ただいま~。
いや~、連日の泊り込みから今週はじめて家に帰ってこられたよ・・・まったくなんちゅう人使いの荒い会社じゃ!まったく
・・・とまあ、愚痴はこのへんで。

さて今日の残業中、いつもは「イージーリスニング」になっている事務所の有線放送を「なんかもっと元気がでるヤツにしよう!」とベストヒットUSA世代の課長が「80’s Hits」にチャンネル変更。
「おっ、懐かしいね~」「そうっスね!」なんて言いながら適度にリラックスして仕事するのもたまにはいいかも。

・・・と、そうこうするうちに耳に飛び込んできた渋谷系的なイントロ。
あのスタイル・カウンシルの「My Ever Changing moods」でした。
なんていうか思いもよらぬ場所でバッタリ出くわしたみたいに不意打ちを食らったような。
甘酸っぱい懐かしさやらほろ苦さやら、なんとも複雑な味わいが胸に染み渡っていきます。
「お~、いいねえ!」と懐かしがる課長とはまた違う「懐かしさ」を感じつつ、しばし仕事の手を止めて聴き入っていた僕でした。

久々にこの曲、弾いてみましょうかね。。。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-07-07 23:59 | 日記

僕の三日間?戦争

今のマンションに住んで2年3ヶ月。
ついに。
ついに、奴が私の前に姿をあらわした・・・!

それは水曜日の深夜。遅い食事とシャワーを済ませ、疲れた体をベッドに投げ出そうとしたその刹那。ふとベランダ側の板の間に目をやると・・・
黒褐色のそいつは、ゆっくりと前進していたかと思うと突然のチェンジオブペースですばやくダッシュ!あっという間に私の視界から姿を消した。

あれは・・・まさか・・・
これから安らぎの時間を過ごすはずであった寝室に緊迫した空気が張り詰める。

カサカサカサ・・・

背後に不気味な音が聞こえ、とっさに振り返ると、押し入れのふすまを下から上に移動する、およそ5センチはあろうかという黒褐色の物体が・・・!
楕円形の体、2本の触覚に6本(?)の脚・・・間違いない、奴だ・・・奴が来たんだ・・・!
そう、世にも忌わしきあの黒ゴキ野郎が、ついに私の聖域に侵入してきたのだ!!
この2年3ヶ月の間、ゴキブリはおろか虫じたいあまり見たことがなかった。それなのに・・・いやそれ故に油断があったのか。いずれにせよ、この受け入れがたい事実に、私は軽いめまいを覚えた。

しかし、私はすぐに我にかえった。そうだ、私は戦わなくてはならないのだ!我が聖域を汚さんとする憎むべき侵入者を許してはならない!

しかし私は、奴に対抗するためのなんの武器も持ち合わせていないことに気がついた。殺虫剤もなければハエ叩きもない。まさに丸腰だ。
少しの間、睨み合いが続いたが、奴がピクッと動き出そうとしたのが目に入り、私はとっさに部屋の隅にあった雑誌を手に取った。それをクルクル丸めて握り締めれば、それはさながら聖剣・風林火山かはたまたビームサーベルか。
覚悟!とばかり風林火山を振りかざすと、奴はなんと押し入れの中に入ってしまったではないか!

私はしばらくの間、構えを解かずに奴が出てくるのを待ったが、出てくる気配はない。
もう時間も遅いし、これ以上戦闘が長引けば明日の仕事にも差し障る。
誠に不本意ではあるが、私はここで一旦停戦することにした。
私は押入れのふすまを閉めた。これで奴を押し入れに閉じ込めるかたちになった。
もちろん押し入れの中であの黒ゴキ野郎が蠢くのはガマンならないが、それよりも私が寝ている間に部屋中を徘徊されてはたまったものではない。少なくとも、押し入れより外に出てくることはない、という安心感が、今の私には必要であった。
私としては苦渋の決断であったが、今は耐えるしかない・・・


二日目

 昨夜の遭遇戦ではいささか装備に心許なさを感じた。攻めかかってくれば聖剣・風林火山で叩き潰すまでだが、昨夜のように引いて守られてはたちまち攻め手がなくなり為す術がなくなってしまう。遠目からのミドルシュートのように、引いた敵を前に誘き出す武器が必要だ。
私は仕事帰りに24時間営業のスーパーで武器を調達した。まずは基本中の基本、「ゴキブリホイホイ」。こいつを、奴が篭城している押入れのあちこちに仕掛けるのだ。さらに、ロングレンジの攻撃を可能にするビームライフル「ゴキジェット」。
今日は昨日のようにはいかないぞ・・・

帰宅してさっそく戦闘準備開始。いつも室内では裸足の私だが、今日は不測の事態に備えて靴下&スリッパで足元を防御。
奴が篭城する押し入れの前にビニールシートを敷いて、出てきた奴を心置きなく叩き潰せるための準備も抜かりない。
そして「ゴキブリホイホイ」を10個組み立てて、うち3個を押し入れの中に設置することに。
ふすまを開けた瞬間に奴が出てくるかもしれない。油断してはならない。
左手でビームライフルを構えつつ、右手をふすまにかける。
バッ! とふすまを開くと同時に一歩下がって両手でビームライフルを構える。

・・・だが出てくる気配はない。
私は開いた押入れにくまなく目を配り、奴の二列目からの飛び出しに注意しながらゴキブリホイホイをひとつ、ふたつ、みっつ・・・と押し入れの中の要所に配置していった。
そして押し入れの中からディフェンスラインの裏に抜け出してきた場合に備えて、押し入れの外にもオフサイドトラップを配置したうえで、右手にビームライフル、左手に聖剣・風林火山を構えてしばらく様子を見た。
しかし、いったん暗い押入れの中に入ってしまうと、奴も警戒してなかなか明るい外には出てこないものか。
いくら戦いたくとも、敵が出てこないことには如何ともしがたい。早期決着を図りたいのはやまやまだが、私は作戦を若干変更、トラップをかけたまま一晩様子を見ることにして、再びふすまを閉じた。
果たして作戦は成功するだろうか・・・


三日目
今日は会社の同期会。風邪気味だしゴキ野郎のことも気になるので早く帰りたかったが、前からの予定だし大事な付き合いでもあるので、とりあえず乾杯だけして早々に辞去するつもりだった。が、結局3次会までお付き合い。
そして、今日も深夜に帰宅。
さあ、昨夜しかけたトラップに、奴はかかっているだろうか・・・。
だがここで、私は大きな問題に直面することになる。
奴を捕らえたかどうか、確認するには当然ゴキブリホイホイの中を見なければならない。
だが、それはつまり、ゴキブリホイホイの中で蠢く忌わしきゴキ野郎を目の当たりにする、ということを意味する。
しかも、1匹どころか2匹、3匹、いやそれ以上のゴキ野郎どもがワサワサと蠢いていたりしたら・・・ギャーー!!

・・・見ようか、見まいか、どうしようか・・・しばらく逡巡するうちに、私はあることを思い出した。
そうだ、今日はいよいよW杯の開幕戦、ドイツ対コスタリカだ!
私はゴキブリホイホイの中身ではなく、TVを観ることにした。
守備に不安を抱えるうえに主将ミヒャエル・バラックの故障等コンディションも上がらないホスト国ドイツ。直前の強化試合で日本と引き分けた相手が本番でどんな戦いをみせるのか、注目の一戦だ。

我が家の戦いは、長期戦の様相を呈してきた・・・

つづく(かも?)
[PR]
by masafuji1970 | 2006-06-09 23:59 | 日記

風が心地よい夜には一駅ウォーク

今日は久々にすっきり気持ちいい五月晴れでしたねー!

今夜はとても爽やかな夜なので、帰り道は浦和駅から一駅分歩いて帰宅することに。

このところ運動不足を感じていました。今の職場に転勤になる前は往復で1時間歩いていたのに、今は20分弱。半年前にジムに行き始めたものの、忙しくて行ったり行かなかったりで、ほとんど効果ナシ。そして2年間あまりの運動不足の「効果」は腹のあたりにテキメンに(笑)
で、今日は思い切って浦和駅からスタート!

普段クルマで通っていても、歩いてみると今まで気づかなかったものが意外とあることに驚かされます。
あれっ、こんなところにスポーツパブ発見!店の内外ははやくもサッカーW杯モード。「みんなで日本代表を応援しよう!」と書かれたボードが。さすがサッカーの町、浦和。W杯はここに観にこようかな。

などと道々観察を楽しみながら、心地よい風に吹かれつつ歩いていると、あっという間に自宅の近くに。あ、こんなもんだったんだ!
クルマで走ってみた限りでは結構距離があるように感じていたのですが、歩いてみたら30分ちょっと。全然問題なく歩ける範囲でした。

涼しい夜風の中をテクテク歩いていると、とてもリフレッシュした気分になれるし、歩きながらの考え事もポジティブになれるような気がします。
新しい発見もあったし、いいこと尽くめの一駅ウォーク。

そ・し・て!
歩いたあとにはやっぱコレでしょ!プシュッ!
ん~~!ビールがうまい!ゴクゴク!

みなさんも一駅ウォーク、いかがですか?
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-25 23:47 | 日記

やっぱり「飲みニケーション」

本日は気のおけない音楽仲間である916時代からのRec-proメンバー有志と久々に「打ち合わせ」。

このところしばらくの間、一人で考え込んだりしてたんですが、こうして酒を飲みつつ(これ重要w)話ができて、だいぶ気分も楽になり、またヤル気が湧いてきました。

メールやBBSは使いようによっては確かに便利ですが、やっぱり顔をあわせて飲んで話すのが一番。もはや死語かもしれませんが「飲みニケーション」とはよく言ったもので。

というわけでこれからもドンドン飲みたいと思います(笑)
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-21 23:47 | 日記

草の根の日中外交

今日は職場の送別会。終了後、大宮の南銀に移動してY先輩なじみの中国パブへ。


僕は知る人ぞ知る中国史好き。小学生の時に吉川英治「三国志」にハマッて以来、古代中国史を扱った書籍をいろいろ読んできたのだが、周囲に中国史について語れる人がいなくて寂しい思いをしてきた。

で、Y先輩が中国パブ好きということでからかい半分で「そんなに好きなら中国史で好きな人物とかいるんですか?」と聞いてみたところ、なんと
「霍去病」というなかなかマニアックなお答え。
おお!けっこう好きなのね!

で、試みにこのお店のお兄さんお姉さんに、
「韓信」「張良」「項羽」「劉邦」「司馬遷」「曹操」「周瑜」「諸葛亮」「李世民」「岳飛」といった中国史上の人物の名をあげて語ると、みんな大喜びでそれぞれのヒーローへの思いを語るではないか!
僕は思わず終電の時間も忘れて語り合ってしまった(笑)。

僕は単純に、好きな中国史について本場の人たちと話ができたのがとても楽しかったのだが、帰り道にあらためて思ったのは、中国の若者は自国の歴史上の人物のことをちゃんと知っているんだなあ、ということ。
もし、日本人の同じ年頃の若者に「日本史上で好きな人物は?」と聞いて、ちゃんと答えられる人はどれだけいるのだろうか?
少なくとも今日語り合った中国出身の若者たちは、僕があげた春秋戦国時代から明代に至るまでの主要な人物のことをほとんど知っていたし、また、それらの人物が現代の中国においてどのように認識されているのか、ということも教えてくれた。
もし、日本人の若者が、外国人から同じことを聞かれて、まともに答えられる人はどれだけいるだろうか?

僕はつい調子に乗って、現在の日中関係について中国の一般的な若者はどのように考えているのか?ということを聞いてみた。
すると、みんな口をそろえて「過去に悲しい事実はあったかもしれないし、実際そのような教育も受けてきたが、それはあくまでも歴史上のことであって、今の私たちは日本に対して否定的な考えは持っていない。確かに一部に先鋭的な人たちもいるし、外交上もうまくいっていないが、少なくともわたしたちは日本人がとても親切でいい人たちであることを知っているし、きっといずれは分かり合えると思っている」と答えてくれた。
もちろん、この人たちのリップサーヴィスはかなり差し引いて聞かなければならないし、単なるセールストークなのかもしれないが、それでも僕はとても嬉しかった。

もし同じことを日本人の若者が聞かれたら、きちんと自らの見解を述べることができるのだろうか?

中国の兵法家、孫子の兵法書に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という有名な一節があるが、自分も含めてわれら日本人は、自国の歴史、文化というものについてあまりにも無知なのではないか?と思えてくる。
「敵」どころか「己」のことも理解しない国の国民が、近隣諸国との円滑な関係を築けるか否かは、孫子の格言に照らしても明らかだ。
そして、これは一部の権力者や指導者だけではない、僕ら草の根の若者たちにこそ言えることなのだ、と思う。


ちなみに、お店の女の子やバーテンのお兄さんたちに、三国志で好きな英雄を聞いたところ、「関羽」「張飛」「諸葛孔明」という「わかりやすい」英雄の名をあげるなかで(中国では関羽・張飛は絶大な人気だそうだ)、少なからず「曹操」の名もあがった。
ちょっと嬉しかった。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-11 23:59 | 日記

いや~、お騒がせしました(^^;)

飲酒運転チャリコケ顔面流血事件(笑)から10日。ようやく今日で深谷→西大井の遠距離通院も終わりました。
おかげさまで順調に回復し、傷もキレイにくっつきました。
あとは傷口の部分の眉毛が生え揃えば完全復旧です^^

ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。
通院のために早退させてくれた職場のみなさんありがとうございました。
そして通院にかこつけてたびたびメシをたからせてもらったK夫妻、どうもありがとうございました。

これからは、酔っ払ってチャリに乗ってもコケないように、自転車の練習をします!
いずれはXゲームに出られるくらい頑張ります!賞金ゲットしたらみんなで飲みいこうぜ!
[PR]
by masafuji1970 | 2006-05-01 23:39 | 日記

新たなる隣人

空き部屋になっていた僕の階下の部屋にあらたな住人が入居してきた。
挨拶にみえたあらたな隣人は男性の一人暮らし。
年は20代後半~30過ぎくらいか。もちろんいきなり「おいくつなんですか?」なんて訊けはしないので、はっきり断定はできないが。

このマンションは僕以外の世帯はみんな家族か夫婦。肩身が狭いというわけではないけど、ひとりものの男が増えると、なんとなく安心するのはなぜだろう?

入居挨拶の手土産にはユーハイムのビスケット詰め合わせなんていう大変結構な品を頂戴してしまった。自分のときはタオル&石鹸で済ませたことを考えると、なんだか申し訳ない気分になってしまう。
しかも、とても一人で食べきれる量ではないので、会社にもっていくことにした。これで職場のみなさんの歓心を買うこともできて、一石二鳥だ。

今度はちょっと「ご近所付き合い」なんてものを意識してみるのもいいかもね。
もっとも、他の隣人たちと同じく、入居の挨拶で顔を合わせてそれっきり、なんてことになるかもしれないけど。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-04-30 23:56 | 日記

飲酒運転はやめましょう

話は21日(金)にさかのぼります・・・

その日は汐留の本社で夕方まで会議。せっかくなので、終了後にくみちょおと待ち合わせて亜檀へ参りました。
ちーちゃん@くみちょお姐やらカミ夫妻やらウメさんやら、しまいには出張先の大阪からまっちゃんまで飛んできて、大変楽しく飲みました。
あまりの楽しさに、つい電車の時間まで忘れてしまい、結局あつかましくもカミ宅に泊めてもらうことに。

帰り道、カミ君の自転車を貸してもらったのですが、自転車なんて大学生のとき以来、公道ではまともに乗っておりません。
よせばいいのに、ほろ酔い気分で気が大きくなっていたのか、おっいいねいいね!と自転車にまたがりフラフラ~。気分いいね~!ちょっとスピードを出して、ヒュー!気持ちいい!
おっ、一時停止の交差点だ、ブレーキブレーキ!

このブレーキの効き目がことのほか素晴らしく、バランスを失った私は、慣性の法則にしたがって前のめりになり、そのまま顔面から地面にアタック!ほろ酔い気分も吹き飛ぶ流血の現場と化したのでございます・・・

翌朝、近くの外科に参りました。

右目上裂傷(4針)
左手小指第一関節打撲
左脚2ヵ所打撲

顔のほうは、右の眉毛の横あたりがパックリと切れてしまいましたが、かえって切れて血が出たおかげでハレはほとんどなく、擦過傷もほとんどなかったのが不幸中の幸いでした。
それより心配だったのは左手小指。爪のあたりが内出血してかなり痛かったので(PCのキーボードも叩けないくらい)、しばらくベース弾けないんじゃないか、と心配だったのですが、今日になったらだいぶ痛みもひいてきて、さっきベース弾いてみたら、完全ではないまでもなんとか演奏できたので、とりあえず一安心。

カミ夫妻には大変ご迷惑とご心配をおかけしました。有難う御座いました。

いやはや、またひとつ「酒の失敗」が増えてしまいました。イイ年して馬鹿なことはするものではございません。
皆様も、お気をつけなされませ・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2006-04-23 16:00 | 日記

水陸両用の日々

c0057845_06245.jpgいよいよ今年も「水陸両用」の日々が始まります。
といっても愛車がロータス・エスプリになるわけでもなければ、GMの顔はよしなよボディボディにストレートをお見舞いするわけでもありません。

年度末繁忙期の到来です。
僕の勤務先は某日の丸系物流会社なので、3月下旬~4月上旬は引越シーズン商戦期、そして年度末決算。

あるときは作業着に着替えて引越作業!
またあるときはデスクにかじりついて数字と格闘!
4月半ばまではワサワサと落ち着かない日々が続きます。

さっそくこの土日は「作業モード」で出動。
今日は早く寝ますか。。。
[PR]
by masafuji1970 | 2006-03-24 23:51 | 日記

こんなちっぽけな俺ですが

気にかけてくれる人や、心配してくれる人や、必要としてくれる人がいる。

普段は当たり前に思っていることですが、

よく考えたら、これってすごい幸せなことだね。

さあ、明日も頑張ろう!
[PR]
by masafuji1970 | 2006-03-20 23:59 | 日記