カテゴリ:所感雑感( 22 )

続けていく、ということ

昨日30日でようやく仕事納め。さて大晦日の今日、2005年の締めくくりに今年一年の活動を振り返ってみる。

916では2月に新ドラマーやっさんを迎え、3本のライヴ。バンドの力もついてきて、お客様からお褒めの言葉をいただくようにもなったが、残念ながら活動停止。
レクプロでは、年明け早々に3曲のレコーディング。春には次の4曲のリハに取り掛かり、8月にはレコーディング開始。年内には完成するかと思われたが途中頓挫。続きは年明けに再開予定。たぶん。
で、自分の作曲の方は、916、レクプロと仕事の忙しさにかまけて思うようにはかどらず。

こうしてあらためて書き出してみると、レクプロはいまだにいつ終わるのかわからない、作曲も思うようにできてない、挙句の果てに916は活動停止。
・・・全然ダメじゃん!
「いや~、今年は大満足の音楽活動ができた!」とはとても言い難いこの状況。

でもね。
じゃあ不本意な一年だったか、というとそんなことは全然なくて、むしろけっこう充実した一年だった。
確かに自分が思い描いた青写真どおりにはならなかったけど、だからってもうダメだ、なんて思わないし、ヨーシやってやろう!とむしろ来年にむけてモティヴェーションがもりもり湧いている。

365日24時間、寝てる時間と酒飲んでる時以外は音楽に打ち込めたらサイコーだけど、実際には仕事はあるし炊事洗濯だってしなきゃいけない。限られた時間の中でやりくりしてやってるのはみんな同じだけど、正直言って仕事が夕方で終わっちゃう人や土日盆暮れキッチリ休める人が羨ましいと思うし、もっと時間があればなァ、なんて思ったりもする。

でも、仕事が忙しいとか時間がない、とかいうことが、歩みの遅いことの理由にはなっても、歩みを止めてしまう言い訳にはしたくない。
実際、僕なんかよりもずっと多忙なのにずっと素晴らしい活動をしている人なんていくらでもいるわけだし。
とにかく、1歩でも2歩でも、いや半歩でも4分の1歩でも、前に進んでさえいられれば、と思う。
それさえ忘れなければ、どんなに悪い状況に陥ろうとも、続けていける、と思う。

そして今年は一年を通してそれができたかな、と自分では思う。
だから、満足できる結果にはならなかったけど、充実した一年だった、と言える。

そうは言っても、自分自身もっともっとできたはずだと思うし、これ以上できないっていうくらい努力したかというとそこまではできていないので、その点は非常に不満だけど、一年の締めくくりの今だけは、とりあえず自分にご苦労サン、と言ってあげたいと思う。
そして来年はもっともっと頑張ろう!

今年一年、多くの方にお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

それではみなさん、良いお年をお迎えください!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-31 01:14 | 所感雑感

親が子を産み、子が親を生む?

先日、友人のO君と久々に飲んだときのこと。
のっけからいきなりケータイの待ち受け画面を見せられて
「ほら、ナナちゃん!オレにそっくりでしょ~?」
去年結婚して、2ヵ月前に初の娘が生まれたO君。
似てるかと訊かれても、生まれたばかりの赤ちゃんと30代半ばの男の顔とでは比べようもないのだが、
「そうだな、目のあたりが・・・」と如才なく調子を合わせてあげるオトナな僕。

「子供ができると親のありがたみがわかるよ」としみじみ言うO君に
「子供ができないとわからないのか?」と意地悪なツッコミ。
「いや~、赤ちゃんを抱いたりあやしたりしてると、ああ俺も自分の親にこうしてもらってたんだな、って実感するんだ」と。なるほど。

あたりまえだけど、子供ができると「親」になるんだなあ、と。
大きな声じゃ言えないけど、O君てばもう・・・いやいや本人の名誉のために控えますが(笑)、そんなO君もちゃんと「親」になってるんだから、子は偉大なり。

子供がいるから「親になる」のかな。
さすがにこのトシになると、周囲にも子供がいる知人が増えてくるけど、みんなカワイイ~んだよねー!他人の子供でこれなんだから、自分の子供だったりしたらメチャメチャかわいいんだろうなあ。

みんなもきっとこうなるんだろうな。
僕もなるのかな。
・・・っと、わざわざイジられるネタをみずから振ってしまった(爆)
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-20 23:10 | 所感雑感

JRさんに物申す!(高崎線物語番外編)

僕がいつも通勤に利用する「新特急 草津・水上1号」は、全14両のうち8両が自由席車両。
ところが今週から、8両のうち半分の4両が指定席車両に!

いつも夏休み・冬休みシーズンになると恒例の「指定席増強」。
普段は余裕で座れる自由席も、とたんにデッキまで乗客があふれるほどの混雑に。
一方、指定席のほうはガラガラ。

いくら「掻き入れ時」とはいえ、ちょっとえげつないんじゃないでしょうかねえ。
JRさんの関係者の方は、この自由席と指定席とのコントラストをご覧になって、いったいどのようにお考えなんでしょうか。

JRさんの考える「サーヴィス」と利用者のニーズの乖離。甚だしいにもほどがある、と思うのは僕だけでしょうか?

JRさん!客商売やってるんだったら、もっと利用者の立場になって考えてもらえませんかねえ?
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-16 23:59 | 所感雑感

毎日が旅行気分♪ 高崎線物語2

今日も元気に土曜日出勤♪
つい気が緩んでちょこっと寝坊しちゃった!
でも慌てない慌てない。いつもの電車に乗り遅れても、最終兵器の飛び道具、「上越新幹線MAXたにがわ」に乗ればギリギリセーフ!
・・・そうなんですよ、新幹線に乗っちゃうようなところまで通ってるんでございますよ、ええ。
ということで、旅情あふれる(笑)僕の通勤経路をご紹介!これを読めばあなたもいい旅夢気分♪

僕の会社は8:30始業。始業5分前に朝礼が始まります。
以前にご紹介したように、僕の通勤経路は南浦和から京浜東北線~浦和で高崎線に乗り換え~深谷まで。
浦和6:56発~深谷8:01着の各駅停車。ドアtoドアで所要時間1時間半弱。
これが始業に間に合う最後の列車で、次の列車となると30分もあいてしまいます。朝の通勤時間帯で30分も間隔があくなんて・・・

もしちょっと寝坊しちゃった場合、もしくはムダに早く出社したくない場合(笑)のために、実は「新特急 草津・水上1号」という秘密兵器があるんです。
・・・なんとも旅情あふれる名前でしょ?
特急ですからもちろん特急料金を払わなければなりません。浦和~深谷で900円也。でも大宮~深谷だとなんと500円。車掌さんが集金に来るのが遅れるとゴマカシたりすることもたまにあります(笑)。

c0057845_029653.jpgしかし特急料金を払うなりのメリットはかなり大きいものがあります。
特急のシートでゆっくりくつろげるし、朝ご飯を食べることも可能(ただし買う時間があれば。ほとんどないけど(爆))。そしてなんといっても速い!
南浦和7:33発京浜東北線~浦和7:39発高崎線~深谷8:20着。ドアtoドアで所要時間1時間ちょっと。20分以上短縮できるうえに深谷着の時間がムダに早くないので、家を出る時間をなんと40分も遅らせることが可能!朝の時間でこれは大きいでしょ!
そんなわけで、実際にはほとんど毎日「新特急」で通勤(爆)。秘密兵器からすでに通常兵器に成り下がってます。

この新特急のもうひとつの見逃せないメリットといえば、ちょっとした旅行気分を味わえること(笑)。草津、水上という観光地に向かう特急ですから、やはり観光客と思しき乗客もけっこういます。「ご婦人」グループはだいたいいつも見かけますし、定年後の男性グループやゴルフ客もいます。さらにこれからの季節はスキー・スノボ客のグループも増えてきます。
弁当を広げたりおしゃべりやトランプに興じたり中には朝からビールをプシュッとやってたり・・・と思いっきり旅行気分を満喫している雰囲気を車両中に発散してくれます。

・・・迷惑もいいとこなんだけど。こっちはこれから仕事なんだよ!!

なんてことはもちろん思いもしません。楽しい旅行気分のおすそ分け、ありがとう。よい旅を!

で、その新特急にも乗り遅れてしまった場合。ついに最終兵器の出番です。
「上越新幹線MAXたにがわ」!ついに新幹線の登場です!
7:37南浦和~京浜東北線で7:49大宮。ここで若干時間があるので「大宮ecute」で朝飯調達、そしてスイカ定期で新幹線改札を通過して7:58発の新幹線でビュ~ン!
そして熊谷着8:10。なんと大宮~熊谷がたったの12分!速い!
そして熊谷から高崎線各駅停車に乗り換えて深谷着8:25。駅から走ってギリギリセーフ!
まさに究極の飛び道具。

という感じで、日頃からちょっとした旅行気分を味わわせてもらってます。いやぁ、ほんとウレシイなあ・・・

ただし、おもわぬデメリットも。
以前青森ツアーで大宮から新幹線に乗ったときや、伊豆旅行で帰りに乗った「踊り子号」の車両がいつもの新特急とまったく同じだったりしたときは、逆に通勤のときのことを思い出したりして(爆)

それでも、やっぱりこれからも新特急を使いつづけるのだろう・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-10 23:58 | 所感雑感

人の「第一印象」ってありますよね。
「やさしそう」とか「真面目そう」とか。かつてねるとんでもタカさんとノリさんが「第一印象」を聞いてましたね。
僕がよく指摘される「第一印象」は

「とっつきにくい」

・・・う~ん、正直言ってあんまりうれしくないですよねえ、やっぱり(笑
なんか損してる気がしますよね。
つい最近も言われちゃいました。
「fujiさんて、なんか隙がないよね」
しかも、昨日今日初めて会ったわけじゃない人に。軽くショックだったりして。
もちろん、本当に「隙」がない人間なんていないし、別に自分で壁をつくっているつもりもないんだけど。

「隙がない」っていうのは、良いか悪いかどっちかといったら、まあ一般的には良いことなんでしょうが、これが人間関係についていうと必ずしもそうではなくなる。
なんでも、「隙」がないと「可愛げ」がないんだとか。

う~ん、昔よりはだいぶマシになったと思ってたんだけど・・・まだ自分で殻を作ってるところがあるのかなあ・・・
と、またもや凹み基調に入りかけてる僕でした・・・

なんて書いてる最中にメールが。全然関係ないんだけど中身はちょっとうれしくなる内容でした。よかったよかった!
それに考えてみたら「隙がなくてカワイくな~い」と面と向かって指摘してもらえるというのもありがたいことです。ありがとう!
いいトシしたオトナが落ち込んだり楽しんだり、凹んだり喜んだり。
忙しいねえ~(笑
[PR]
by masafuji1970 | 2005-11-12 23:05 | 所感雑感

余談ですが 選挙ネタ

羽柴誠三秀吉さん、今回も出てましたね。

今回も落選でしたけど・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-11 23:59 | 所感雑感

わかれ道

衆院選が公示されました。これからしばらくの間、駅頭や街頭での演説、ビラ配りやら選挙カーやらで騒がしくなりますね。

話は12年前に飛んで僕が入社前のこと。会社に内定をもらった学生が採用解禁日に集められる、いわゆる拘束旅行で伊豆に行ったときのこと。
T君という、ちょっと目立つヤツがいました。なにしろよくしゃべる!ホントによくしゃべる!「口から生まれてきた」とはまさにこいつのためにある言葉だ、とみんなに言われるほどでした。
懇親会でみんなの前で発表する入社後の希望は「広報部に入って観月ありさをCMに起用する」などと広報の仕事をまるで理解していないことがバレバレの発言を屈託なく言い放って人事課長をニガワライさせていたT君。
ちなみに僕は「ニッポンツウウンズというバンドを結成するためにこの会社に入りました。我こそはという方、一緒にやろう!」でした(ホントに)
バイトの話になったときにT君は「バイトとは違うんだけど、日本新党でボランティアやってるんだ」。当時は細川護熙(元首相)率いる日本新党が旋風を巻き起こし、ついには細川を首班とする非自民連立内閣が発足するという細川ブーム最高潮の頃で、毎日テレビで細川さんが映らない日はないほどでした。
なので、彼は単なるミーハーなのか意外とマジメなのかよくわかりませんでしたが、やっぱりちょっと変わってるよなあ、で話は終わりました。

そして3月の入社前研修、T君の姿はありませんでした。事情により入社を辞退した、ということ以外は知らされませんでしたが、当然僕たちは「日本新党でボランティア」に思い当たり、やっぱりそっちの方面に行ったのかなあ、と言い合いました。

さらに時は流れて2年前、前回の衆院選。埼玉南部の選挙区で民主党から立候補した若い新人がニュースでちょこっと紹介されていました。
・・・あれ?どっかで見覚えあるぞ・・・?
そう、その新人候補とはなんとあのT君!
そして彼は見事当選。日本新党のボランティアから10年で国会議員のセンセイに成り上がったのです。
一度は僕と同じ会社に同期入社しかけたT君がいまや国会議員。なんとも複雑な思いがするのは否定できません。

そして今回の衆院選。僕が住む南浦和は彼の選挙区です。
選挙ポスターには「35歳!」の文字が若さをアピールするかのように大きく踊っています。
今朝も南浦和の駅頭に「おはようございます!よろしくおねがいします!」とT君のよく通る声が響いていました。

話しかければもしかしたら思い出してくれるかもしれません。が、なんかそういうのってイヤらしい気がするので、声をかけませんでした(っていうか遅刻するし藁)。

11年前のわかれ道で人とは違う道を選んだ同じ35歳の「同期」の活躍を、静かに見守りたい、と思うのでした。
[PR]
by masafuji1970 | 2005-09-03 23:42 | 所感雑感

高崎線物語 1

最近僕がバンド関係でお付き合いさせていただいている方々は、お住まいも職場も都内というメトロポリタンな方がほとんどなのですが、僕は住まいも職場も埼玉県。
住まいはかろうじて埼玉県唯一の政令指定都市であるさいたま市ですが、通勤はそこから都心に背を向けて一路北へ。埼玉北辺の町、深谷市まで毎日通っています。

最寄駅の南浦和から京浜東北線に乗り、ひとつめの浦和駅で高崎線に乗り換えてから深谷駅まで1時間弱。同じ電車、しかも各駅停車に1時間も乗りつづけると、けっこうおなか一杯です。

c0057845_15962.jpgよく「朝でも絶対座れるんでしょ」とか「シートに寝転がって新聞とか広げて読めるんでしょ」「通勤電車の中で朝飯食べられていいね」とかヒドいことを言われますが、それは大いなる誤解です。ただし、100%否定はできないのがツライところですが(爆)
確かに朝は下り方向なので、通勤ラッシュということはありません。でもそれなりに混んでます。浦和で乗る時点で座れるかどうか、というところ。大宮からだとまず座れません。
高崎線には向かい合わせのクロスシートがあるので、そこで弁当を食べてる人がたまにいるのは確かですが、通勤の時間帯ではほとんど見かけません。
高崎線だって、山手線や中央線と同じ、れっきとしたJRの普通の電車なんです。

んが、これが夜になると様相は一変します。
僕が帰宅する時間帯はガラガラ。深谷駅からは100%座れます。シートに寝転がろうが新聞広げて読もうが余裕です。
そしてほぼ毎日見かけるのが、車内で缶ビールを飲んでるオッチャン。それも普通の車両のロングシートで。ほとんどが、ちゃんとスーツを着た普通のサラリーマンです。だいたい一人ですが、たまに2~3人で宴会状態になっちゃってる人達もいます。
500缶ビールが基本ですが、キリンの氷結果汁も結構人気があります。
つまみは乾き物をポリポリ、というのが基本スタイル。柿ピーを床にぶちまけてしまって拾い集めるのに必死でビールどころじゃなくなってしまうかわいそうな人もたまに見かけます。
乾き物が多いのは、食べやすさもさることながら、汁などで車両を汚したりにおいが車内に広がらないように、との彼らなりの配慮であるとも考えられます。そんな彼らなりのルール、モラルを理解せずに、鳥のから揚げのスパイシーな匂いを車両いっぱいに充満させる輩も中にはいます。
というわけで弁当を食べてる人はあまりいません。高崎駅で買ったと思われる「高崎だるま弁当」をパクつきながらビール飲んでるオッチャンを見たことがあるくらいです。

え?僕ですか?あの、言っときますけど、本当に一度もやってませんから。
いやホントに
[PR]
by masafuji1970 | 2005-08-25 23:56 | 所感雑感

夏を制する者は・・・

今日からお盆休み、という方も多いんじゃないでしょうか。
すでに帰省ラッシュも始まってますね。「関越自動車道花園ICから渋滞50km」「東名高速沼津ICから200km」「中央道諏訪ICから500km」
運転のお父さんは大変ですね。

僕は明日から休み。
みんなと違って帰省といっても実家は近くだし、特に遠出の予定もないので、新しいクルマ探しとかnewベース探しとかnewパソコン探しとかレコの準備とか、普段時間が取れなくてなかなかできないことをこの機会に一気にやってしまおうかと思ってます。

特に抜かりなくやっておきたいのがレコの準備。
今回のレコは、最後のヴォーカル録りが10月末と、かなり長期間に渡り、なおかつ間隔があいてしまいます。
これでレコ終了がずれこんだり終わった後にミックスダウンにモタモタしていると、すぐに年末を迎えて年明け→繁忙期となってしまって、いったいいつになったらCDが完成するのやら、ということになってしまいます。
そうならないように、レコを予定通り順調に進めて、録り終わった後スムースにミックスダウンできるように、今のうちに想定できる限りのことをやっておきたいわけです。

それとちょっと心配なのが、これだけ間隔があいてしまって、メンバーのみんながベストの状態でレコに臨めるかということ。
順番が早い方の人はともかく、後の方になるとかなり期間があいてしまうので、せっかく練習してきたことを忘れちゃってたりとか、気持ちがきれちゃったりとか。
もちろんレクプロの素晴らしいメンバーたちに限ってそんなことはないと信じてますが、そうはいっても生身の人間。なにがどうなるかわかりません。
ですので、そうならないために対策も考えておかねばなりません。月並みですけどマメにコミュニケイションをとっていくとか。月並みだけどそれってやっぱり大事だな、とレコのスタートでいきなり思い知らされるハメになったので、反省の意味もこめて。

受験生じゃありませんが、「夏を制する者が最後に勝つ」みたいな気分で、この8月を過ごそうかなと思っております。ちと大げさかな(笑
[PR]
by masafuji1970 | 2005-08-12 22:45 | 所感雑感

カウントダウン

今日から8月。
いよいよ「その日」にむけてカウントダウンが始まりました。

「その日」を迎えるとどうなるか。
よくアンケートとかなんかの登録とかで性別とか年代とかチェックするじゃないですか。それが「30代後半」にチェックしなければならなくなってしまう。
それならまだしも、なかには「20代後半~30代前半」「30代後半~40代前半」などという選択肢の場合もあったりして、その場合は仕方がないので「30代」のところだけマルで囲むというささやかな抵抗を試みなければならない。
そういう日なんです。

「その日」まで、あと30日。
これからは毎回「宇宙戦艦ヤマト」みたいに最後に「○○の日まであと30日」とテロップを流すことにします(?)

そしてこれからは、年相応に、シブくてダンディなオトナの男に
ならなきゃにゃ~って思いました☆
[PR]
by masafuji1970 | 2005-08-01 23:59 | 所感雑感