災厄の朝

今日は朝から生死に関わる災厄に見舞われた。

いつものように(?)ギリギリの時間に家を飛び出し、駅にむけてダッシュ開始!マンションの前の横断歩道を渡ろうとしたとたん、交差点を曲がってきた白いオデッセイが猛然と襲い掛かってくる!
幸いにも今日の服装はピンクのネクタイにセーターの「赤い彗星」仕様だったため、通常より3倍のすばやさでヒラリ!
連邦の白いヤツの突進をかわして横断歩道を渡りきり、事なきを得たのもつかの間、今度はなぜか足元がツルッと滑ってそのままドテッ
見事に転んで右脚付け根と右ひじをしたたかに打ってしまった。
アスファルトの上で転ぶとホントに痛いのね・・・ていうか歩いていて転んだのなんて一体いつ以来だろう??
ある意味、酔っ払ってチャリでコケるよりも恥ずかしいかも。

あ、言っときますけど酔っ払ってませんから。

痛みをこらえて立ち上がり、なんとか歩けるものの、さすがに走るのは無理。結局会社に着くのも始業ギリギリになってしまった。

朝っぱらからこんなことでは、一体今日はどんな災厄に見舞われるのか、と戦々恐々としていたが、幸いその後はなにもなく、つつがなく一日が終わろうとしている。
受傷も軽い打ち身程度で目立った外傷はなく、スーツに穴が開いたりとかもしてなかったので、まあよかったよかった。

やっぱり慌てているときはロクなことがない。
幸い大事には至らなかったものの、一歩間違えていれば今ごろ入院していたかもしれない。
もし転んだのが横断歩道の途中だったら・・・
もし今日のネクタイが緑色だったら・・・
この程度で済んで本当によかった。

それにしてもイイ年してこの落ち着きのなさは如何なものだろうか。
いい加減僕も年齢相応の落ち着きを備えないとなあ、とあらためて思う。
「坊やだからさ」なんて言われちゃわないようにね!
[PR]
by masafuji1970 | 2007-03-14 23:56 | 日記


<< レクプロ歌録、そしてMusic... 気分転換な週末 >>