レクプロ パート練 パーカス登場

全体リハから早や2ヶ月。光陰矢の如し。月日が過ぎるのは速いものでございます。
今日はレコに向けてパート練第1回。
録音済みドラムオケに合わせてパーカス+ベース(ワタクシ)の2人でやりました。新しいドラムのパターンはもともとパーカッションを重ねる前提でやっている(本人談)ため、ドラム単体で聴くと結果的にウラがかなり強調された感じになっているので、じゃあ実際にパーカスを重ねたらどうなるのか、というところに主眼を置いての本日のパー練です。

使用したのは主にアゴゴ、シェイカー。これでオモテ拍の弱いところを補完する感じです。それと装飾的にクラベスやコンガも。
ベースはウラに入るキックにシンクロさせたパターンと、従来通り4分のオモテ基調のパターンと両方やってみましたが・・・どうでしょう。ふたりで聴いてみた限りでは従来どおりのパターンのほうがよいのでは、という感想ですが、実際にウワモノの人たちや歌が入ってどう感じるか、によりますね。

それとともにあらためて思ったのは重ね録りの難しさ。特に打楽器のバラ録りはかなり練習を積まないと難しいのでは、と。打楽器は他の楽器にもまして「一緒にやっている空気感」が大きいですからね。
ここがフニャフニャになっちゃうと、全部崩れてしまいますからね。頑張れ~!

最後にはドラムソロのところにクラベスとコンガをふたりで合わせてみたりして。こういうのは純粋に楽しいですね^^

今後はウワモノや歌の人とこうしたテーマを決めたパート練をやっていって課題をつぶしつつ、レコに備えていく予定。
これからは進んでいくのみ。3歩すすんだらもう2歩下がったりしませんよ~
[PR]
by masafuji1970 | 2006-08-27 23:57 | 音楽・音楽活動


<< 2年目の「オトナの男」宣言 やっぱり音楽のつながりはいいやね >>