空振り

今度、あるパーティの余興をおおせつかり、くみちょお、ハムちゃんとともに歌と演奏を披露することになった。
といっても場所は普通のお店。本格的な機材があるわけではないので、ミニ・エレアコギターをテキトーにジャカジャカやりながらコーラスでもやろうかな、と思っていた。
でも、曲を聴いたらやっぱりベースを弾きたくなってきた。

あ~、こんなときに「ぞうさんベース」があればピッタリなのになあ~

エレキ・ベースはベースアンプがなければ音が出ない。だから、スタジオやライヴハウスなど、使用できるシーンは限られていた。
そこで、屋外やパーティなどに気軽に持ち出して演奏を楽しめるように、と登場したのが、ショートスケールの小さなボディにアンプ、スピーカーを内蔵したアンプ内蔵ベース。
そのもっともポピュラーなモデルが、フェルナンデス社の「PIE-ZO」通称「ぞうさんベース」。かたちもぞうさんに似ているカワイイやつだ。

今までもこうした機会があるたびに、あるといいなあ、と思ってきたのだが、わざわざ買うのもなんだかなあ、と結局買わずにきた。
しかし、今回はなかなか欲しい気持ちが静まらない。
今日も朝から頭の中はぞうさんでいっぱい。仕事に集中しているときはともかく、ふっと気を抜くとたちまち頭の中はぞうさんで占領されてしまう。
PCの画面を見つめていると、そのうち貞子のように画面からぞうさんがでてくるかもしれない、という妄想にまで取り付かれてしまった。

う、うあ~~!もうダメだ~!わかった!買う!買うからもう許してくれ~!

しかし本番の日から逆算して、週末の予定や仕事の具合を考えると、もう買いにいける日などない。
・・・いや、もし行くとしたら今日しかない。
深谷から電車で10分、埼玉県北最大の都市、熊谷駅前にあるロックイン新星堂は21時までやっている。けっして今日も早くあがれそうな状況ではないが、明日以降となるとさらに絶望的になってしまう。がんばって20時にあがって電車に飛び乗ればなんとか間に合う。
そうだ、今日行くしかない!!

そう思い立つやいなや、20時退社に向けて今日やるべきことをテキパキ片付けていく。
まだ課長はじめ数名が残業している中、非常に後ろめたいのだが、オレこそいつも遅くまでがんばってるんだ、なにを遠慮することがある!と言い聞かせる。

よし、これでOK!もうそろそろ電車の時間だ。さあPCを落として机を片付けて行くぞ!ぞうさん待ってろよ!
・・・と思ったところへ、ヴェテラン女性係長さんが気を利かせて軽食を用意してくだすった。しかもアツアツの納豆味噌汁つき
・・・いや、ホントお気持ちは非常にうれしいんだけど、なにもこんなときに!
でもすでに出されてしまったものを遠慮するわけにもいかない。先にあがるという後ろめたさもある。かといってこっそり台所で捨てるわけにもいかない。
・・・迷っているヒマはない。意を決していただこう!
ありがとうございます!いただき・・アチッ!アチチ!ちょっとこれアツイって!
フーフーフー、ズルズル・・アチチ!やばいやばい電車間に合わないよ~!アチチッ!

・・・ごちそうさまでした!すみません、食い逃げですけどお先に失礼します!
20時にあがるのに後ろめたさを感じる職場ってどうなのよ?とプンスカしながら駅へダッシュ!
そして目の前を過ぎてゆく電車・・・
次の電車までは25分も時間があいてしまう。これを待っていたら閉店ギリギリになってしまう。着いたころには「蛍の光」が流れ、店員にはあからさまにイヤそうな顔をされてしまうだろう。
僕はイチかバチかでタクシーに乗った。
僕のただならぬ様子を感じ取ったのか、裏道また裏道を選んで疾走する運転手さん。よし、がんばれ!
ところが熊谷駅周辺が混雑していて、しかも裏道に入ったらこれが裏目。前を行くいかにもガラの悪そうなクルマが道行く人としゃべりながらノロノロ。
ちょっとちょっとちょっと~!勘弁してくれ~!
と思いつつ、前のクルマを煽ろうとする運チャンにもハラハラ。いや、あの、ホドホドにね(汗)

ようやく駅前にたどりつきタクシーを下車。3,800円也。電車だったらタダなのにイタすぎる・・・
そして閉店20分前、ついにロックイン新星堂に到着!
嗚呼、ついに数々の苦労が報われるときが・・・!

「すいません!ぞうさんベースありますか!!」
「あぁ~、ベースの方は取り寄せになりますねえ~」



望みがかなえられたとき、すべての苦労は報われ、疲労も吹き飛ぶ。
が、失望は、わずかに残った気力も体力も奪ってしまう。

嗚呼、オレはいったいなんのために・・・このどうしようもない喪失感をどうすればいいのか・・・
ぞうさんベースを抱えて帰るはずだった両手で代わりに大きな空虚を抱え、僕は家路へついた・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2006-02-28 23:47 | 日記


<< 早や1年 まだ1年 トリノ・オリンピック 日本のM... >>