続けていく、ということ

昨日30日でようやく仕事納め。さて大晦日の今日、2005年の締めくくりに今年一年の活動を振り返ってみる。

916では2月に新ドラマーやっさんを迎え、3本のライヴ。バンドの力もついてきて、お客様からお褒めの言葉をいただくようにもなったが、残念ながら活動停止。
レクプロでは、年明け早々に3曲のレコーディング。春には次の4曲のリハに取り掛かり、8月にはレコーディング開始。年内には完成するかと思われたが途中頓挫。続きは年明けに再開予定。たぶん。
で、自分の作曲の方は、916、レクプロと仕事の忙しさにかまけて思うようにはかどらず。

こうしてあらためて書き出してみると、レクプロはいまだにいつ終わるのかわからない、作曲も思うようにできてない、挙句の果てに916は活動停止。
・・・全然ダメじゃん!
「いや~、今年は大満足の音楽活動ができた!」とはとても言い難いこの状況。

でもね。
じゃあ不本意な一年だったか、というとそんなことは全然なくて、むしろけっこう充実した一年だった。
確かに自分が思い描いた青写真どおりにはならなかったけど、だからってもうダメだ、なんて思わないし、ヨーシやってやろう!とむしろ来年にむけてモティヴェーションがもりもり湧いている。

365日24時間、寝てる時間と酒飲んでる時以外は音楽に打ち込めたらサイコーだけど、実際には仕事はあるし炊事洗濯だってしなきゃいけない。限られた時間の中でやりくりしてやってるのはみんな同じだけど、正直言って仕事が夕方で終わっちゃう人や土日盆暮れキッチリ休める人が羨ましいと思うし、もっと時間があればなァ、なんて思ったりもする。

でも、仕事が忙しいとか時間がない、とかいうことが、歩みの遅いことの理由にはなっても、歩みを止めてしまう言い訳にはしたくない。
実際、僕なんかよりもずっと多忙なのにずっと素晴らしい活動をしている人なんていくらでもいるわけだし。
とにかく、1歩でも2歩でも、いや半歩でも4分の1歩でも、前に進んでさえいられれば、と思う。
それさえ忘れなければ、どんなに悪い状況に陥ろうとも、続けていける、と思う。

そして今年は一年を通してそれができたかな、と自分では思う。
だから、満足できる結果にはならなかったけど、充実した一年だった、と言える。

そうは言っても、自分自身もっともっとできたはずだと思うし、これ以上できないっていうくらい努力したかというとそこまではできていないので、その点は非常に不満だけど、一年の締めくくりの今だけは、とりあえず自分にご苦労サン、と言ってあげたいと思う。
そして来年はもっともっと頑張ろう!

今年一年、多くの方にお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

それではみなさん、良いお年をお迎えください!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-31 01:14 | 所感雑感


<< 謹賀新年 Suicaの落とし穴 >>