Suicaの落とし穴

Suicaをお使いのみなさん、まめにチャージしてますか?
悪いことは言いません、常に満タンにしておいたほうが身のためですよ・・・


僕がいつもの特急に乗るために家を出る時間は7:20。
ところが今朝目が覚めたのはなんと7:30!

あれ・・・今日は休みだっけ?それともこれは夢・・・??

にわかには現実を受け入れられず、一瞬ホケー・・・

ハッ!事の重大さに気がつくと、すぐに奥歯の「加速装置!」のスイッチをいれて行動開始!
最低限の身支度もそこそこに5分で家を出て駅までダッシュ!
最終兵器「上越新幹線MAXたにがわ」に乗るための7:37南浦和発京浜東北線にはとうてい間に合わないが、とにかく奇跡を信じて走るしかない。

南浦和駅に着くと7:42。次の電車は7:45。
南浦和~大宮は11分なので大宮着は7:56。新幹線の発車時刻は7:58。
その間2分。理論上は乗り換え可能だが、大宮駅では京浜東北線は1番線、新幹線は18番線と、大宮駅の端から端まで移動しなければならない。
しかもJR東日本エリア第8位を誇る乗降客の群れが行く手を阻む。2分間での乗り換えは実際にはかなり厳しい。
もうダメか・・・
しかも南浦和での激走ですでに息がかなりあがっていた。
・・・もういいじゃないか。ここまでよく頑張ったよ。誰も咎める者はいないさ。

いや!あきらめるわけにはいかない。今の俺は走るしかないのだ。
待っていてくれセリヌンティウス!俺は走る!
早く着くように京浜東北線の中でも走る!

そして電車が大宮駅のホームに滑り込む。電車が徐々に減速していき、ゆっくりと停車。ドアが開くまでのじれったさったら乾杯前の長~い挨拶以上に長く感じられた。

しかしラッキーなことに、ホームの階段のちょうど目の前で停車。いいぞ!
そしてゲート開門!飛び出すようにダッシュ!階段を駆け上がり駅構内を疾走!
今日から休みの会社も多いせいか、普段よりも通勤・通学客は少ない。
おぉ、風はアゲンストからフォローに変わった!よし!いける!
やがて新幹線の改札が視界に入る。
中継所手前でタスキをはずす箱根駅伝のランナーのように、ポケットからスイカ定期を取り出して高々と掲げる。
そしてスイカを自動改札機に叩きつけるようにタッチ!

「ピンポ~ン!チャージ金額が不足しています。」
な、なにィ~~!!そんなバカな!ビックリビックリビックリビックリ!

しかし驚いているヒマはない。急いでとりあえず1000円チャージ。しかしなかなか財布から札が出てこない。ヤバイヤバイヤバイヤバイ!

ようやくチャージして今度は改札を通過、超ダッシュで18番線のエスカレーターを駆け上がる!他の乗客を跳ね飛ばして駆け上がる!
「キンコンカンコンキンコン・・・18番線MAXたにがわ、間もなく発車しま~す」
うわ~、後生だからちょっと待ってくれ~~!!!

ようやくホームにたどり着いた僕の目の前で。
あともうすこし手を伸ばせば届くというところで。

無常にも新幹線のドアは閉まった。
中継所にたどりついた駅伝のランナーのように、僕はその場に崩れ落ちた・・・
すまぬ、セリヌンティウス・・・

新幹線の初乗り特急料金は800円。
チャージ残額は700円。不足金額100円。
たった100円のために、僕はタスキをつなぐことができなかったのだ。
この無念、あなたにはわかりますか・・・?

悪いことは言いません。スイカは常に満タンに!
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-29 23:12 | 日記


<< 続けていく、ということ クリスマスはペアのエプロンで。。。 >>