イヴ・イヴはジャズと合唱とビールで・・・

西洋文化圏においては12月23日はイヴ・イヴというらしいが、日本人の僕には関係ありません。

それはそうと。
今日は昼からジャズ・ライヴへ。レクプロにトロンボーン、フルートで参加してもらっているかなえちゃんが所属するビッグ・バンド「安全グラフィックジャズソサエティ」のライヴ@赤坂B-FLAT。
c0057845_012558.jpgビッグバンド見るのは初めてなんですが、やはりステージ狭しとズラッと並んだラッパ隊のみなさんにとりあえず圧倒されます。
楽曲的にはラテンテイストありフュージョンありで僕にも親しみやすく楽しめる構成でした^^
われらがかなえちゃんも1曲ソロをとってました。よかったよー!
テクニカルな「Havona」はアツかったですねー。アルトサックスのソリストが女性プレイヤーなんですが、すばらしかったですね。同行したkami君・ウメさんも絶賛しとりました。
そしてベース。最初はアップライトをシブく弾いていたかと思ったらスティングレイに持ち替えて速いフレーズを弾きまくる弾きまくる(笑)。アツいソロを決めてました。ウマイですねえ・・・

で、こちらでキリン生ハーフ&ハーフ×2杯消費。プハー

お次は恵比寿ガーデンプレイスへ移動。Musica de Hevoの歌姫、ゆきぞう嬢が合唱のコンサートに参加するというので観に行くことに。
c0057845_0153685.jpg到着するとHevoのベーシストsokken君発見。着いたときにはもう最後の曲。しかしこのあと1時間後に原宿ラフォーレ前で2回目がある、ということなのでそちらに観に行くことに。
しかし時間が少しあるので、せっかく恵比寿に来たのだからビアを味わわないわけにはいかないだろう、ということでガーデンプレイス内のビアステーションにて生ハムとともにYEBISUハーフ&ハーフを賞味。
時間があまりないので、1杯でガマン。プハー

恵比寿でkamiと別れ、お次は原宿へ。ウメさん、sokken君、僕と野郎3人で歩く表参道・・・。
ラフォーレ前でゆきぞう(&合唱団)と再会。
小さな子供からお年寄りまで、老若男女40人くらいの合唱団。時節柄クリスマスがらみの曲が中心のようです。まわりにいたガイジンさんも一緒になって歌ってました。しかも英語で!ってあたりまえか。
寒い外で、ホンワカあったかいムードを醸し出してました。ゆきぞうはピンで歌うときと違って責任が分散されるせいでしょうか、リラックスして楽しんでいる様子。終わったあと、妙に照れまくってるのが印象的でした^^

ひとくちに音楽といっても、楽しみ方はいろいろなんですね。

そのあとは、ウメさんが中古のエフェクターを物色したいとのことで、新大久保の中古楽器店へ。
ウメさんが物色している間にベースコーナーへ。ガラスケースの中にオールドのFender JazzBassが陳列されています。
「’68年ジャズベ 68万円」「’64年ジャズベ 89万円」・・・
20万円のスティングレイがとってもお手頃に見えてしまいます。今度また来てスティングレイでも弾いてみようかな・・・

c0057845_0333451.jpgさて帰ろうかというところ、ウメさんがどうしても気になるというこの看板。
世界の山ちゃん」。
世界のって・・・。そして「山ちゃん」・・・さっそくヘヴォでネタになりそうだな(笑)
ということでさっそく探索してみることに。
名古屋が本部の手羽先を食わせてくれる居酒屋でした。
手羽先唐揚げを銀河高原ヴァイツェンとともに賞味。独特のフルーティな味わいが、スパイシーな手羽先唐揚げによくあいます。
昼間っから飲み続けているのでほどよくアルコールもまわっていたようで。
ウメさんとアツく音楽活動の話など。

銀河高原ビール ヴァイツェン×3杯消費。プハー

てなわけで本日は赤坂・恵比寿・原宿・新大久保とダイナミックに移動しつつジャズライヴ、合唱コンサート、楽器店物色、そして音楽話と音楽づくし&ビール飲み歩きの一日でござりました。
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-23 23:39 | 日記


<< イヴは演歌とネギとともに・・・ 風花 >>