風花

みなさん、「風花」ってご存知ですか?

晴れているけど風が強くて寒い今日の午後、女子社員のみなさんが突然
「あー、カザハナだー!」
「ホントだ!カザハナ今年初めてじゃない?」
「わー、すごい舞ってる。キレーイ!」

いったいなにを騒いでいるのかと、窓の外を見てみる。
冬の西日に照らされた無数のチリのようなものがキラキラ光って風に舞っている。
雪?晴れてるのに?でも雪にしては「降る」という感じではなく、キラキラした光がフワフワと舞っている感じ。

どうやらこのキラキラ舞うものがカザハナというらしい。
「風花」と書いて「カザハナ」。なんとも風流な呼び名のこのキラキラの正体は、実は山に降り積もる雪。

風花・・・晴天にちらつく小雪片。降雪地から風に吹かれて飛来してくる小雪。[季]冬。 (大辞林より)

山に近い地域では、冬の風の強い日に見られるというこの風花。赤城山地のすぐ近くのここ深谷でも、赤城颪に乗って舞い降りる風花がたまに見られるという。

「風花って知ってましたか?」もちろん知らなかった。
「エ~ッ、知らないんだって!やっぱり都会の人は知らないんだよ!

・・・冬の季語でもある「風花」で一句。

風花や 思えば遠くへ来たもんだ (masa-fuji)
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-22 23:29 | 日記


<< イヴ・イヴはジャズと合唱とビー... 親が子を産み、子が親を生む? >>