Sugarbeat Live  真冬のアツい夜!

シュガービートのライヴに行ってきました!
って書くのも今年5回目。精力的にライヴをこなしてきたシュガビの今年総決算のライヴです。
場所はいまや僕らの間ですっかりおなじみとなった渋谷KABUTO。今回はシュガビ主催のイヴェントで、シュガビはもちろんトリで登場。

毎回オープニングに趣向を凝らすシュガビ、今回も笑わしてもらいました^^
衣装もキンキラ度が格段にアップ!でも一番「光ってる」のはもちろん石やんですが(笑)

c0057845_23234314.jpgそのオープニングからメチャメチャGroovyでカッコいい!
ていうか今回は全体的にいつにもましてアップテンポな曲でグルーヴィーにグイグイ押す構成に終始圧倒されまくり。
基本的にはおなじみの曲がメインなんですが、すごく考えられたアレンジだったり、曲間のつなぎが凝ってたり、いや~こなれてるよなあ~、と感心するばかり。
それにこのバンドは「プリン体」(シュガビではホーン隊のことをこう呼んでます)の存在感がスゴイ。ホーンについて詳しいことはわからないのだけど、アレンジは凝ってるしセクション部分のド迫力もすごいしソロもすばらしい。もうこのプリン体なくしてシュガビのサウンドはありえないでしょう。プリン体リーダー、アキモさん中心にチームワークもよく、仲良さそうなのもイイ感じです。

そしてヴォーカルのしょうこ。すごいオーラ放ってました…
精力的なライヴや、いろんなところにゲスト出演して歌っている経験のおかげでしょうか、かなり余裕のあるステージング。そういや「I feel good」はこないだの新宿でも歌ってたね^^
とにかく、この歌、オーラ、ステージ映えするルックス、そしてMCで見せるいつもの天然ボケ庶民的キャラ(笑)。いまや一人で客席を圧倒するくらいの存在感を見せつけてくれてます。
ちょっとホメ過ぎかな?ま、今度ビール1杯ってことで(笑)

今回も本当に演奏も歌もすばらしかったし、さまざまな趣向も面白いし、今年1年のシュガビの集大成を見せてもらえました。

で、今回のライヴを観て、なにかゾクゾクッと震えがくるのを感じました。
今まではシュガビやMusica de Hevoのことを「916のライヴァル」と勝手に思い込んでいましたが、その916というひとつの枠組みがなくなり、これからあらたな挑戦に挑む自分。
「これほどの高みにたどり着くことができるのだろうか・・・?」
畏怖なのか恐怖なのか、それとも武者震いなのか。
それくらい、今の僕にとっては刺激的すぎるライヴでした。シュガビのみなさん、ありがとう。
おかげでまたモティヴェーションが高まりましたよ。

ちなみに今回のライヴはTpのミッチーのお誕生日記念ライヴでもあったそうな。ミッチーとてもうれしそうでした。そりゃそうだよねー。こないだのスイトラのときのカミとか、いつぞやのウメさんのお誕生日記念ライヴとか、みんな感激してたもんなあ。うらやましいなあ。いつか僕もやってもらいたいなあ・・・
ちなみにバースデーケーキのろうそくは1本(笑)でもこれでひとつ大人の階段をのぼったね・・・
[PR]
by masafuji1970 | 2005-12-17 23:59 | ライヴ


<< 親が子を産み、子が親を生む? JRさんに物申す!(高崎線物語... >>