Sugarbeat Live!

シュガービートのライヴに行ってきました。
5月のSweetTriangleでのライヴは本当に素晴らしく、今回も期待が高まります。
会場のライヴハウス「KABUTO」に向かうと偶然にもMusica de Hevoのウメさんとヤマケンにバッタリ。ヒマなのでたまたま近くのパチスロで遊んでいたところだというので、一緒にライヴを観に行くことに。
中でまっちゃん、工藤のアニキ、かなえちゃんと合流して、一番前で強力な応援団に!(つーか傍迷惑な酔っ払い集団?)

前回同様、今回もダンサブルなFunkサウンド爆発!いや~、やっぱいいですねー。今後も是非この路線を突き進んで欲しいなあ。
そしていつも感心するのは、ただFunkの曲やってます、というんじゃなくて、ちゃんとFunkらしい「アホさ」までも表現する演出も怠りなく、少しでも客席を楽しませようとしていること。
「演奏会」と「エンターテインメント」。まさに似て非なるものかな。

メンバーひとりひとりホメるときりがないのだけど、師匠・石やんは相変わらずぶっとい音でグルーヴィ~でカッコええわあ~。衣装もひとりだけキラキラ星☆でアホさ満点(笑)今度はブーツィーめがねですね
そしてヴォーカルの「SHOWKO」(笑)。しょうこをメインに据えてから、バンドの勢いが加速したような気がします。それほどの存在感がありますね。しかもまだまだ伸び盛り。末恐ろしいですねえ・・・。
普段はただの飲んだくれ娘なのにね(笑
そして今回はゲストで我らがくみちょおがコーラスとして参加。仲良しのしょうこと息もピッタリ。そういえば客席からくみちょおが歌ってるのを観るのって始めてかも。惚れ直したぜい!

基本的にこのメンバーになってから半年間で早くも3ステージ。バンドのまとまりもグッと出てきたように感じます。
なんていうか、年齢層もキャリアも幅広いメンバーがそれぞれの持ち場で自分の良さを発揮しているんかなあ、と思いました。ホント、いいバンドだわ。

ホメてばかりじゃ悔しいので、あえてアラ探しして言うならば、新曲とかがちょっと詰めきれていない感が無きにしも非ずだったかな、と思わなくもなかったのですが、それはあくまでもアラ探ししてあえて指摘するならば、という話で(打ち上げでエラそうなこと言ってスミマセン・・・)、充分素晴らしいステージを堪能致しました。次回もスンゲー楽しみだ!

916も負けずに頑張りますよー!
レコも頑張りますよー!

それにしてもみなさん、ホントにお酒好きね(笑
[PR]
by masafuji1970 | 2005-08-06 23:51 | ライヴ


<< ブラック・サンデー フレットレスベースが欲しい! >>