ウェディング・ベル

c0057845_22383944.jpg土曜日や日曜日に出勤して仕事をしていると、ときおり
「カラン、カラン、カラ~ン」と鐘の音が聞こえてきます(「おじゃまんが山田君」ではありません)。
すぐ近くのビジネスホテルの敷地にある「イタリア風」結婚式場のチャペルから聞こえてくるのです。
鐘の音が鳴るということは結婚式があるということ。今日も雨降りだというのに聞こえてきました。
はれの結婚式をこんな雨降りの日に迎えるなんて、ふたりの将来を暗示しているようで、お気の毒様としか言いようがないのですが。まあ、お幸せに。

結婚式といえば、僕も人並みに友人・同僚の結婚式や披露宴、パーティに出席させていただいたことがあります。
で、そういうときに「なんかやってよ」と頼まれたことも何度かあります。
僕に出し物を頼むということは、コントや手品を期待しているわけではないということはわかっているので、もちろん歌と演奏を披露することになります。

ギター一本で歌うときもあれば、ライヴハウスでバンド演奏ということも。
916掲示板のHN「ハイジ」でおなじみ、ワイルドフラワーのヴォーカリスト、ハッシーの披露パーティはあの「銀座TACT」(次の916ライヴの会場です!)で、バンド仲間総出演!というハッシーらしいパーティ。
僕もヒロたちとスペシャルバンドを組んで出演しました。で、僕はその日のためにハッシーに捧げるウェディング・ソングを作って演奏しました。その名も
「ハッピー・ハッシー」!我ながらウマいネーミングだなあ・・・
今のところこの曲を演奏したのはこのときだけなので、聴いたことある人はかなりラッキーですよ^^
ただ、出番が遅かったのでステージに上がるころにはもう酔っ払ってしまって演奏はヘロヘロでした・・・

でもこういう機会はめったになくて、ほとんどは披露宴会場にギターを持ち込んで歌うことになります。
そんなときに一番よく演奏したのが、あのプラターズの「Only you」。
そう、あの「オン~~リィ~~ ユフゥ~~~~」の「Only you」です。
といっても僕はビジー・フォーじゃないのでそのまま演奏することはありません。
アコギでジャカジャカやりながら軽快なフォーク風ポップスヴァージョン。
実はこれには元ネタがありまして、あの寺尾聡がかつてライヴで演奏していたヴァージョンなんです。
「ルビーの指輪」で大ヒットを飛ばしていたころ、FMでライヴが放送されたときに親父がエアチェック(懐かしい!)した音源に入っていたものです。アンコールで演奏していたらしく、ライヴの余韻を楽しむかのようなさわやかで軽快なアレンジが印象的。
これをもとに、そのときの編成に応じて演奏するわけですが、最初に「オンリーユー」やります、と言ってオリジナルヴァージョンを想像させてからこれを演奏すると効果的なんです^^
おかげさまで結構好評でしたヨ

最近916の中でもウェディング予備軍がいるとかいないとかウワサもチラホラしておりますが。バンド仲間の披露宴やパーティはどんなことになるのやら、ワクワクしますねー。ま、呼ばれればの話ですけど。

え?肝心の自分はどうなんだって?

・・・それはヒ・ミ・ツ! エヘッ
[PR]
by masafuji1970 | 2005-07-09 22:49 | 日記


<< 酒とライヴの相関関係 「七夕」・・・伝統的風習にみる... >>