いよいよ40歳です

「漢」と書いて「おとこ」と読む。
「40歳」と書いて「おとな」と読む。

ってわけで「永遠の少年」と言われたmasa-fujiも、本日めでたく40歳を迎えます~!

若い頃にイメージしていた40代って、「本当の大人」・・・まあハッキリ言えば「オジサン」ですが。
30代ってたしかにいいオトナではあるんだけど、まだどことなく「若者」感が残っている感じがありますよね。本人的にも社会的にも。
でも40代となると、もう誰がどこから見てもホントに大人、っていうかフツーにオジサン。
そうイメージしていた40代の入り口に、とうとうこの僕も入ったわけですよ。

39歳と40歳の違いって、これは大きいんですよ。特に社内とか世間においては。
会社で「40歳キャリア開発研修」なんてものがありまして、そこで
「40歳は人生の折り返しなんですよ。もう残された時間は少ないんですよ、みなさん!」とか
「今までとは周囲の見る目が変わるんですよ。もう今までみたいに周りが注意してくれたりしなくなるんですよ!この意味がわかりますか、みなさん!」とかまあ色々言われてきましたよ。

まあ言われるまでもなく判ってはいるんですが、実際に40歳目前にしたこのタイミングで言われるとさすがに実感が湧いてきますね~。






こんな僕でも、40歳を迎えるにあたり色々思うところはあるんですよ。

自分の人生の中での、仕事・家庭(まだないけどね!)・趣味・人間関係・・・の位置づけをどうするか。

まず間違いなく言えるのは、今と同じようにバンドはできなくなるだろうな、と。
いやもちろん音楽活動はできる限り精一杯やるんですけど、少なくとも5つも6つもバンドを掛け持ちするとかいうのは無理。

今までみたいにその場その場でやりたいことをやる、っていうスタンスではきっと行き詰るので、ホントはもう少し考えなきゃいけないんですよね。
自分にとってなにが大事か。価値あることか。

でも、あまりにも「自分にとって大事なこと。価値あること」とそこだけを考えてしまうとかえって自分を見失ってしまう気がします。
今までいろんな方のお世話になってきたし、そのみなさんのおかげでここまでやってこれたし、そういうことは絶対に忘れないように。

いずれにしても、自分の人生を構成するファクターのバランスを、今まで以上に意識しないといけないのは間違いないですね。


まあそうは言っても、歳相応に老け込むつもりは毛頭ナシ!

オトナになったからって、いきなり葉巻くゆらせてブランデーグラス傾けたりしませんよ。
もちろん飲むのはビール!(←っていうかこれがすでにオヤジ!?)

オトナになったからって、いきなり休日にゴルフウェアみたいなカッコしませんよ。
今までどおりチョイ若めの、着たい服を着ます!(←チョイ若めとか言ってる時点ですでにオヤジ!?)

オトナになったからって、いきなり「~じゃ」とか「~したまへ」とか言葉遣いが変わったりしませんよ。
ナウでヤングな若者言葉を駆使しますよ!

もちろん親戚の子供たちにも「オジサン」なんて呼ばせません!
せめて独身のうちは「オニイチャン」で通します!


幸い、僕の周囲にはいつまでも若々しいオトナの先輩方がいらっしゃるので、是非見習いたいと思います。
オトナの世界ではヒヨッコの僕ですが、諸先輩方、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い致します。

そして、30代以下の若者の諸君、はやく追ひつきたまへ!
共にをとなの世界を楽しまうではないか!
待ってるよ~ん
[PR]
by masafuji1970 | 2010-08-31 00:24 | 日記


<< 矢野引退てマジですかぁ~(涙) グアムで避暑 >>