寺尾聰ライヴ

昨日は、音楽仲間およにゃん君のお誘いで寺尾聰のライヴ@六本木ABBEY ROADへ。

寺尾聰と言えば「ルビーの指環」と(アラフォー以上の)誰もが連想するでしょうが、この「ルビーの指輪」等のヒット曲を収録したアルバム「Reflections」も大ヒット、当時小学5年生だった僕は、父親が買ってきたこの「Reflections」を文字通り針が擦り切れるほど聴いたものです(今ではこんな表現はしませんね)。

寺尾聰と言えば西部警察の松田刑事(リキ)役で人気でして、当初は「へえ、リキって歌も歌うんだ」程度の認識でしたが、アイドル全盛の当時の歌番組に突如現れた「SHADOW CITY」等のオシャレな楽曲や「バンド」を前面に出したサウンドはちょっとマセた子供だった僕の心をわしづかみでしたね~。

というわけで、寺尾聰はある意味では僕が音楽として意識して聴いた初めてのミュージシャンと言えます。
最近になって「昭和の名盤シリーズ」みたいなCDをあらためて聴きましたが、今聴いてもやっぱりカッコいい!
三つ子の魂百まで、と言いますが、少年時代に夢中になって聴いた寺尾聰の「Reflections」は今でも僕の音楽の底流となっているかもしれません。


そんな寺尾さんももう62歳!
今回のライヴは往年の名曲カヴァーライヴということで、かつてのヒット曲が聴けなくてちょっと残念でしたが、
その分、いい年したオヤジ達がリラックスして「じゃ、次はアレ行こうか」みたいな感じで肩の力を抜いて楽しむ演奏はまた味わい深いカッコよさがありますね。

それにしても若い!当時のままの歌声、そして自らジャズベースをプレイする姿はとても62歳とは思えません。
やっぱり音楽やってる人はみんな若々しいね。
いや、ただ音楽やってるから若々しいんじゃないんだな。
楽しく、前向きに、音楽をやっているからいつまでも若々しいんだな、きっと。

というわけで、僕の目標は、定年退職後はバンド三昧ということで^^
[PR]
by masafuji1970 | 2009-09-22 10:15 | ライヴ


<< 企画バンド「Litters」参加後記 916ライヴ後記 >>